無料ブログはココログ

« フランスで2度目の誕生日 | トップページ | 会社のオープンデー »

2019年6月14日 (金)

2019年・Week 24

下書きしてあったのに消えてた…orz

 

今週は月曜が祝日だったので4日しかありませんでした。

 

・・・・・・・・・・

 

<火曜日>

 

・はながサイエンスのテストを(本人比で)頑張ったことでワオカードをもらってました。以前に書いた気がするけど、酸性アルカリ性とか、溶液とかそういう範囲で、英語です。点数的には多分クラスで最下位なんだと思うけど、その上の子とそんなに差がなかったようで、はなにしてはよく頑張ったというレベルでもらえたようです(笑)サイエンスは主任の先生なんだけど、こういうところを認めてくれるのはすごくありがたいです。サイエンスについてはまた後述。

 

 

<水曜日>

 

・というわけで集会ではお菓子にありついたはなでした。

 

・本当はスポーツデー予定だった日ですけど、荒天延期になったので、通常通り半日の学校…特に変わったことなさそうだったかな。

 

 

<木曜日>

 

・以前から時々書いていた、歴史の授業で古代ローマについてプレゼンする日でした。時間的に全員は発表できなかったようだけど、かいとGは発表終わらせたとのこと。しかし、どうだったのか聞いても、イマイチ煮え切らない反応のかい…何か問題あったの?って聞いてもそれはないって言うので、まぁちゃんとやったんだろうとは思うけど、なんだろ、ちょっとGと噛み合わなかったかな?そもそも原稿作りで1日だけ一緒にやったものの、その後練習とか一緒にしたわけじゃないしね。まぁ本人もあんまり言いたがらないので無理に聞かずにおこうかなと(今度Gのママに会ったらそれとなく聞こうw)。

 

・にしてもこの日かいはおなかが痛かったようで3回くらいトイレに行ってました、とお迎えの時に担任に言われました。実は前日私の誕生日でケーキを食べた時、一緒に温かいお茶を飲んだんだけど、そのあとから妙におなか痛がってトイレに行ってたんだよね…それが次の日まで響いてしまった模様。冬の間いつも飲んでいて、今でもはなは毎晩飲んでる、普通のリプトンなので、何の問題もないはずなんですがね…私もはなも一緒に飲んだけど何もなかったし…。あれ?それとも、あのキンダーチョコがトップにどんと乗っかってたカップケーキのせいか?ww

 

・そしてはなのサイエンス。前回テーマが終わってテストも終わったところで、今月から生殖についての学習がスタートしております。テーマがテーマなので、始まる前に主任からCM2の保護者全員に、こういう内容がスタートしますという一斉メールが送られてきていました。…もう結構前ですけど(そして確かその時は日記には書かなかったんだけど)、CM1とCM2の女子だけ集めて、これから起こってくる月経とか女性の体の変化について話すって時があり、その時も同じように先に主任からメールが来ていて、もしこういうテーマは家庭で扱うなどでうちの子は外してほしいという場合はすぐに連絡下さいってかんじだったんですけどね。で、今回はこれはあくまで生殖の授業ですっていうことで連絡が来ていたんですが…。この日、宿題が出たってことで持ち帰って来たノートが、イヤ~結構リアルねこれwwこの日出てた宿題は、男女それぞれの生殖器について英語の名前を書き、その役割が書かれた紙が渡されていたのでそれをその名前のところに貼る…という作業なわけですが、当然ながらそんな名前を英語で私も知ってるはずもなく、ネットでそういう絵を探しw頑張って埋めていったのであります。詳しい説明は一切しませんでした、もうそれは学校に丸投げしますww実はこの授業が始まった時の様子をはなには聞いていましたが、男子が水筒のふたを開けて「オエーッ」とするふりしてたとかwwまだまだ子供だなぁwwかわいいもんだww

 

 

<金曜日>

 

・…まぁあれこれ、体育が楽しかったとかいろいろ聞いたけど、それほど変わったことはなかったように思われます。

 

・・・・・・・・・・

 

そうそう、今週、学校からの一斉メールで、アンケートが届きました。

 

学校に対する意見を求めるもので、匿名だとのこと…見たかんじ、先生達より上の、運営側に送られるもののように見受けられました、ので!書きましたよ、中国語の先生への文句!それから主任の先生はもっと部下を指導監督すべきだということ、先生達はもっと保護者の意見に耳を傾けるべきだ、ということね。

 

…イヤ、ほんっとに、この学校、今年で10周年で、なんか浮かれてますけど…もうちょっと真剣に今後のこと考えないとマズいよ?

 

まず、はなの学年…来年からコレージュだということもあり、このタイミングでいろいろ悩んだ人は多く。

 

今でさえ9人しかいないクラスなのに、来年は別の学校に行くことが決定しているのがふたり、まだ迷ってるのがひとり、インドお姉ちゃんが引っ越しなので、転入がなければ5、6人になるってことですよ…これ既に存続にかかわるでしょう。

 

ここの学校はかなり独自路線をいってるので、プリメールまではそれでもいいし、英語をぜひっていう家族はわざわざ選ぶ価値はあるわけだけど、コレージュになるとその先のバカロレアとかを見据えた時激しく不安らしくて、なので今後もフランスの教育の中で育っていく家庭の場合、この学校ではとても無理だということで、他校に転出していく、という流れ…我が家のようにいずれ必ずフランスから出てくし英語のほうが大事って場合は残る価値があるけどね。

 

さらに、かいの学年…こちらは今マックスの18人なんだけど、引っ越しで出ていくことが決まってるのがインド弟チェコ弟ともうひとりで計3人、他にこの学校に何かしらの不満不安があって出ていくことが決まってるのがふたり、悩んでるのがひとり…あとひとり上に飛び級することが決まってる子がいるので、6、7人に転出があるってことで…学年が上がってくるにつれて転入は減ってくると思われるので(このクラスは今年度7人転入してきたんだっけな、これはかなりレアだったんじゃないかと)、来年は少し落ち着いたクラスになるのかしらね…。

 

まぁそんな状況なので…イヤ、ほんとに、いろいろ真剣に考えたほうがいいと思うんですけど。

 

保護者からの意見を頭ごなしに跳ね返してる場合じゃないと思うよ、ほんと…私立なんだから経営に関わるんだからね…。

« フランスで2度目の誕生日 | トップページ | 会社のオープンデー »

子供のこと」カテゴリの記事