無料ブログはココログ

« 子連れ危険!ギャラリーラファイエット | トップページ | 充実したヴァカンスでした »

2019年4月21日 (日)

アメリのあのカフェへ!/ノートルダムを見に

さて、昨日の続き。

 

大使館で教科書を受け取るのはそれほど時間がかからなかったので、無事に1枚の切符で乗り換えて、ムーランルージュ手前までバス1本。

 

20190419_16

 

初めて見ました!

 

いつかショーも見てみたい気もするけど…きっと見ないままフランスを去るんだろうな。

 

このあたり、治安が悪いとネットで読んでいたんですが、この時間見る限りではそれほど危険は感じませんでした(もちろん用心はしていましたよ!)。

 

20190419_17

 

観光客がすごく多くて、おみやげ屋さんもいっぱい…ちょっと原宿っぽい?(人の数は全然違うけど)

 

20190419_18

 

ムーランルージュ前がちょうどモンマルトル周遊のプチトランの乗り場になっているようで、すごい人でした。

 

さて、私達はここからムーランルージュの横の坂をちょっと登って…。

 

20190419_19

 

ありました!Café des 2 moulins、アメリが働いていたカフェです!

 

店内に入ると、とっても陽気なギャルソンのおじさまがお出迎えしてくれました。

 

英語メニューをもらって注文。

 

もう1時半くらいでしたけど、店内かなり混みあっていて、私達の後もひっきりなしに観光客がやってくるかんじでしたが、カウンターには地元の作業員みたいな人達もいたし、地元民にも愛されてるかんじですかね~。

 

20190419_20

 

店内、あぁあの店の面影が至る所に!

 

私達が座ったのは写真左側に空いている、映画で言うとちょうどジョゼフがいつも座っている席だったのも嬉しかった(笑)

 

20190419_22

 

かなり開放的、このへんは映画と違いますよね、ジョルジェットのタバコ屋もないし。

 

20190419_23

 

光って見えにくいけど、アメリの写真。

 

店内至る所にアメリの写真や記念品があります。

 

20190419_21

 

カウンターの奥にあのトイレが!(笑)

 

20190419_27

 

トイレの横には、アメリがニノのお店に電話したあの電話ボックス!

 

20190419_28

 

トイレにはこんな一画も。

 

とまぁ、アメリファンならなかなか萌えるお店だと思います、私もまた観たくなっちゃいました。

 

さて、注文のほうですが…。

 

20190419_24

 

私注文、ブフ・ブルギニョン。

 

20190419_25

 

子供達が注文したハンバーガー!

 

どれも15ユーロ越えと、かわいくないお値段なんですけど、ボリュームがかなりあったので、観光地価格を加味したらまぁよしとする。

 

味のほうは、ブフ・ブルギニョンって実は私初めて食べたのでよく分からないんですけど…まぁ特別おいしいとは思わず。

 

子供達のハンバーガーのほうはおいしかったっぽいですよ、私もかいがちょっと食べきれなかった分食べたけどおいしかったです。

 

これだけのボリュームだったけど、見事に完食しまして、はなが「お願い!」とうるさいもので、仕方なくこれを…。

 

20190419_26

 

アメリといえば、クレームブリュレ。

 

…えぇ、店内、大半の人が頼んでるのがコレなもので、はなもどうしても食べたくなってしまったようで…イヤそりゃ私だって食べたかったわよ。

 

というわけで、ひとつだけ頼んだんですが、ギャルソンのムッシュが、「これがお嬢さんの~、これがきみの~、そしてこれがママのスプーンね!」と3本スプーンを写真の通りセットしてくれたのでした。

 

ほんと観光客慣れしていて、私達にも「日本人?」と聞いてきて、そうだって言ったら、「ゴユックリオメシアガリクダサイ」って言ってくれたりとかw

 

ちなみに隣に座っていたのも日本人カップルでした。

 

あ、クレームブリュレはとってもおいしかったですよ!

 

…まぁ、おいしくないクレームブリュレって、私過去に当たったことないけどw

 

そんなかんじで、お店の雰囲気を堪能して、たっぷりおなかも満たされて、接客にも大満足のひと時でした。

 

まぁ、もうわざわざ行くことはないだろうけども。

 

サクレクールも以前行ったし、あとはサンマルタン運河行ったらアメリロケ地制覇だな!

 

・・・・・・・・・・

 

というわけで、おなかも満たされてお店を出て、バス停近くのモノプリでエコバッグ買い足してから(少し前に出てた、かわいい絵柄のはもうなかった…残念…)、再びバスで、今度はノートルダムを目指します。

 

行かなくてもいいかなと思ったんですけど、実ははなが行きたいって言ってたんです(かいは行きたくないって言ってたんですけどね…)。

 

途中道が混みあってバスがなかなか進まなくなったので2つ手前で降りて歩きましたが…。

 

20190419_29_1

 

見えてきました!

 

20190419_30

 

シテ島への道はほとんどふさがれております。

 

20190419_31

 

真横まで来ました。

 

もうちょっと歩いて後ろに回ります。

 

20190419_33

 

こんな形で初めてサン・ルイ島に入ることになろうとは。

 

20190419_34

 

こんなかんじですね。

 

正面の塔がまだひとつしか見えないけど、この先はもう結構混みあってたし、もうここまで歩くので子供達も疲れてたので(暑いし、リュックの中の教科書重いしね…)、ここまでではなも満足したようです。

 

正直ただの野次馬なので、見て感慨とかは特にありません…ハイ(じゃあ何で来たんだってかんじですが…苦笑)。

 

というわけで、今度は北駅まで1本で行けるバス停を目指します。

 

20190419_35

 

20190419_32

 

実は初めてパリ市庁舎を見ました(イヤ、見てたのかもしれないけど認識してなかった)。

 

立派ですね~さすがシャンティイとは大違いです(笑)

 

さて、バス、乗り換え可能な1時間半に何とか間に合いそうだったんですが、たどり着いたバス停、どうも日中はバスが停まらないようなかんじで…ほんっと、パリのバス停って分かりづらいし、一通も多いので方向によってバス停が全然違う場所にあったりして、大変!!

 

ひとつ先のバス停まで歩いて乗れたんですけど…残念ながら10分オーバーで結局新しい切符を使う羽目になったのでした…あぁ残念…。

 

そしてやっとのことで辿り着いた北駅で、電車に乗ったら、時間になっても発車しない上、なんだか乗客達が一斉に降りたり何だかんだと騒がしく…私達も一緒に降りて駅員さんの話を聞いたりしたんですが、どうも先発の列車との関係で遅れてる?(←これはかいの聞き取り)で、そっちはすっごい混んでるから(←これは私とはなの聞き取り)…てことで、他の乗客達も急いでない人達は結局この電車に乗って待ち…25分くらい遅れて発車して…シャンティイ駅から家までのバスは数分の差で出発してしまってたので、仕方なく歩いて帰ったのでした…ザ・フランス。

 

というかんじで、めいっぱい1日動き回って、最後は疲れたけど、たくさん楽しめたパリの1日でした!

« 子連れ危険!ギャラリーラファイエット | トップページ | 充実したヴァカンスでした »

子供のこと」カテゴリの記事