無料ブログはココログ

« 2019年・Week 2 | トップページ | イギリス人のお友達宅へ »

2019年1月12日 (土)

習い事、またちょっと悩む。

今週と来週はバレエがお休みなので、今日土曜日もいつもの習い事3本立てが1本減って、午後からの乗馬と柔道のみ。
午前はそのため、家族でデカトロン(スポーツ用品店)に行ってきました。
なにしろソルド(セール)期間ですんで、3月に控えるはなのスキートリップのために少々買い物しておかないといけないのと、あとは1年後を見越した旅行の買い物をちょっとしたりとか…(笑)
あとはユニクロのオンラインでちょこちょこ注文したりもしましたが。

で、午後からは、まずは乗馬へ。
年明け初の乗馬でしたが…かいが、初めての落馬をしまして。
いつもの通り、中盤にギャロップの時間があったんですけど、かいのポニーが、猛烈な勢いで走り出して、かいがだいぶ叫び始めて、そんな中でも一旦止めようとしたみたいなんですけど、そしたら急激にスピードが落ちて前のめりになり、さらにそこから走り出して、横に墜落。
幸い、ケガはなかったんですけど、相当怖かったようで(かなり長いこと叫んでたからね)、落ちてからしばらく泣いておりました。
正直、落馬ってそれほど珍しいシーンじゃなくて、9月から入ってまだそれほど経ってませんけど、すでに5回近くは見てると思うんですが、改めて、危険なことも実感したし、ちょっと背筋が凍りましたね。
しばらく休んで最後はちょっとまた乗ったのでよく頑張ったんですが、帰り道では「やっぱりお母さんが言ったみたいに俺乗馬やらなくてもよかったな…」なんてすっかり意気消沈気味(私は乗馬ははなにはやらせたかったけどかいは別にやらなくていいって言ってたんです、お金かかるから…)。

そしてその後は柔道。
落馬のことがあったので、一旦かいを道場に置いてからはなを家に置いていくために一度家に帰ったものの、そのまま柔道にとんぼ返りして、久しぶりにちょっと長時間練習を見たんですが、うーん相変わらず、同じくらいの体格の子達にも振り回され放題だなぁと。
しかも、組手の練習の時に、ある子に「お前弱い」って言われたらしく(もちろんフランス語ね)、これまた意気消沈して帰ってきて、「俺やっぱり(柔道2連覇諦めて)パイロットに戻ろっかな(もともとの将来の夢はパイロットでした)」なんて言い出す始末。
うーーーーーん…その子の口の悪さはあるにしても、実際問題弱いからしょうがないなぁ…相手がとっても大きい子ならともかく、あんまり変わらない子達にもだいたいやられてるからなぁ…「そんなこと言われないように強くなるしかないよ」って言ったけど、実際のところどうやったら強くなるのやらね。
ここ1ヶ月くらい、毎朝、お父さんが作ったトレーニングメニューも始めたところなのですが、当然そんなにすぐに結果が出るわけでもないし…まぁ辛抱強く頑張っていくしかないんだけど。
親の私が言うのもなんですが、運動神経はものすごくいい子なんですけどね…強い弱いのところは、またちょっと別の話…。

実は、火曜日に行ってるバスケのほうも、今週はダメダメでした。
私達は学校に面談に行っていたので、最後のほうしか様子を見られなかったのですが、終わってふてくされて戻ってきて、「全然パスが来ないからずっと走ってるだけ」と…。
イヤ…実はこれは、この日に限ったことじゃないんです、ずいぶん前からです。
まぁ、バスケに関しては、柔道と違って、周りの子達の中でもちびっ子なので、実際パスが回しにくいというのはあるとは思うんですけども、なんか、それだけじゃない雰囲気が、あるんですよね。
昨年度末、イレギュラー参加させてもらってた頃は、もうちょっとかいに気を遣ってくれた大きい子達がいたりしたんだけど…。
コーチはいい人で、練習もすごく熱心にかいにも教えてくれるし、試合もかいと同じチームになった時はパスを積極的にかいに回してくれたりするんだけど、最近、ほんとにちびっ子の子がふたりほど入ってきて、そちらにかかりきりなところがあって、かいまで手が回らないというかんじ。
イヤ、周りに気を遣ってもらわないとやっていけないというのがそもそも間違ってるんでしょうけど、なんかでも、なんていうか、それ以上に、ちょっと首をひねってしまうチームなかんじで…。
なので、ちょうどこの日はお父さんもいたし、バスケをさせているのはお父さんの意向なので、「私もこのチームでバスケを続ける必要性は感じない」という話をしたところ、お父さんも以前ゆるーい練習は見ていたし、すんなり同意してくれましたが。

といったかんじで、ちょっと、かいの習い事のあれこれは、来年度は組み立て直しだなぁと思っています。
とりあえず乗馬をどうするかは年度末まで様子見たうえで本人の意向を聞きますが、結構お値段もかかりますので、別に続けなくてもいいんじゃないかなとは思ってます。
バスケは問答無用でカット、やりたければ毎週末お父さんと近くのバスケゴールで練習したほうがおそらくよっぽど有意義。
なんならすぐにでも辞めてもいいんだけど、年間まとめてチェックで払ってるので、途中退会の場合どうなるのか分からない…聞くのもめんどくさい…。
柔道は個人的には続けてほしいなぁと思ってますが(何しろこの通り心身共に弱いので!!)、どうしたら強くなれるかは、もうちょっと考えていかなきゃいけないなぁと思ってます。

はなのほうも、あれこれ考えてまして…。
以前から書いている通り、はなのコンセルヴァトワールは、来年のはなの年になると週4通わなきゃいけなくなるらしく、そうなるととてもじゃないけど無理…今の週3でさえキツいし、来年は中学生になるので余計。
なので必然的にそこはカットなんだけど、かといってダンスを全く辞めちゃうのはやっぱりどうにももったいない気がして(ましてこのお嬢さんは全然体を動かさないので!!)、ちょっと最近リサーチを始めていて、問い合わせてみようかなと思ってるところもあったりします。
乗馬のほうは、はなに関しては続けたらいいんじゃないかなと思います、まぁはなも当初思っていたほどの楽しさは感じていないようだけど(苦笑)、でも動物と触れ合うのははなにはプラスになるんじゃないかなと思っていて。
あとははなに関しては来年度からは絶対アートクラスに通わせることになるので…やっぱりそこそこ忙しいかんじになっちゃうかなぁ、もうちょっと余裕があってもいいかなとも思わなくはないんだけども…まだたっぷり時間はあるのでもうちょっと悩んでみます。

もちろん、「なんかうまくいかないから」とか、そんなことですぐに辞めるのは違うと思っていて、嫌なら辞めればいいという話ではないんですよ。
ただ、なんでも、続ければいいってのはちょっと違うわけで…しがみついてでも続けることによってプラスになるのかどうかを見極めることは必要ですよね、そこがプラスにならないのであれば、お金と時間の無駄になるようであれば、すっぱり見切りをつけることも大事かと。
幸いというか、フランスの習い事は1年区切りなので、そういう意味では、すっぱりしやすいかなと思います。

« 2019年・Week 2 | トップページ | イギリス人のお友達宅へ »

子供のこと」カテゴリの記事