無料ブログはココログ

« スペイン旅行中の乗り物達 | トップページ | スペイン・モロッコ旅行その1<1・2日目バルセロナ> »

2019年1月 4日 (金)

スペイン旅行中の宿泊先

さて、今回は、スペイン旅行中の宿泊先についてのまとめ記事です。
今回の旅行は一応5泊6日で、バルセロナ2泊、グラナダ1泊、マラガ2泊でした。
ちなみに我が家の宿選びの基準は、料金が安いという点が圧倒的比重を占めているということを最初にお伝えしておきたいと思います。

バルセロナでは、初めて、ホステルというものを利用しました。
アントホステルバルセロナというところです。
今回、飛行機が深夜着だったため、24時間対応フロントというのも、重要な決め手でした。

20181225_3

20181225_2

エントランスホールはカジュアルでいいかんじ。

20181225_1

廊下や共用部分もきれいでおしゃれ。
なんですけど…。

20181226_1

これが実際に私達が泊まった部屋…なんでいきなりこんなに古めかしくなるのやらってかんじでした…。
ホステルなので、基本的には、見知らぬ人とこの部屋を共有するスタイルなんですよね、我が家の場合は、家族4人で4人部屋を占有したので、結局ホテルに泊まるのと変わらないわけなのですが。
なので、ベッドの下に、4人分、荷物を入れて南京錠で鍵をかけられるスペースがついています、それと当然ながらこの部屋の扉自体にも鍵はかけられます。
あと、部屋の奥に、シャワーとトイレと洗面台。
まぁ、値段が安いところを選んだので、最低限のものは揃ってるというところではありましたが…ベッドの階段が降りづらかったのと(下に荷物スペースが付いている構造上、はしごが下まで十分に伸びていない)、シャワーカーテンが十分に機能してくれなくて外まで水浸しになったのと、タオルは2ユーロで貸し出しだったのと(なので我が家はフェイスタオル4枚持参していきました)、ドライヤーもフロント貸し出しだったのと(これは無料)…。
ま…あくまでも、安いなり、ってかんじです。
朝食は、本当に簡単な、パン、ハム、チーズなどのバイキングがついていて、まぁこれはありがたかったですけども。
でも何が一番失敗したかって、立地ですね…安さを求めたあまり、どこに行くにも中途半端な距離だったので、半端な空き時間を有効活用できなかったことが悔やまれます。
とはいえ、そこまで悪い立地だったわけではないですし、まぁ、計画不足だったかなというところですけどね。

次のグラナダでも、ホステルに宿泊。
ホワイトネストホステルというところです。

20181226_52

こんな狭い路地に入り込んだ…

20181226_53

こんな小さな入口。
でも中はすごくよかったんですよ!

20181227_3

かわいらしいフロント!

20181226_18

食堂。

20181226_19

共用スペースもとてもかわいらしくて、はなのテンションアップ!

20181227_2

ただしここは吹き抜けになっていて寒かったので、ほとんど利用できず残念でした。

20181226_20

部屋もとってもかわいくてきれいで、同じ4人部屋ホステルなのに前日の暗い部屋とは雲泥の差!!
あ、でも、前日のベッドは枕元にちょっとした棚があったり、そこでスマホ充電できたりしたけど、ここはそれができなかったのはちょっとマイナスポイント。

20181226_55

シャワーカーテンはなかったけど、タオルは無料でちゃんとついてたし、ドライヤーも部屋備え付け(ただし少し使うと勝手に切れて、しばらく待たないと再び使えなかったけど…)。

20181227_1

朝食も簡素ながら手作り感があるものがバイキングで頂けました。
しかもここ、激安だったの!!!!!
立地的には、アルハンブラ宮殿の真裏ってかんじで、一見宮殿には近いものの、実はぐるっと周囲を回らないとたどり着けないので、そこまで好立地ってわけではないんだけど、でも周辺には素敵なレストランやおみやげ屋さんもあったので歩いていても飽きない場所。
この内容でこの価格は、正直信じられない!!っていうレベルでした!!大満足です!!

さて、最後のマラガ2泊ですが、ここでは、これまた初めて、アパートメントレンタルをしました。
アパートを借りて泊まるという発想、こちらに来るまでは全く持ち合わせてなかったんですけど、とあるブロガーさんの記事で知って以来、周りの日本人のお友達からも聞いたりして、こちらでは非常にメジャーな宿泊手段だと知りました。
日本で言うところの民泊にちょっと近いのかなぁ。
要するに、ヴァケーションとかだけで使うアパートを、使っていない時期に旅行者に貸し出す、というものですね。
アパートメントを探すサイトとしては、Airbnbというサイトが一番メジャーなようですが、私はいつもBooking.comで宿探しをしてるんですけど、そこでも普通にアパートメントは一覧で出てくるので、今回はそちらで予約…むしろBooking.comのほうが安かったように思います。
というか、別にアパートメント限定で探していたわけではないんです。
今回、マラガ発着のタンジェツアーが、マラガから朝5時半出発、夜ももしかしたら23時になるかも、というものだったので、発着ポイントからできるだけ近いところというのが絶対条件だったんですね。
その中で、そのポイントにとても近い上に、手頃なお値段だったので、このアパートメントに決めたのでした。
アパートメントレンタルの場合、事前にオーナーさんと連絡を取り、鍵をもらう場所と時間を決めなければいけません。
我が家は27日お昼にマラガ着の予定になっていて、チェックイン可能時刻が15時からだったので、15時にアパートメント前待ち合わせということに。
でも、お昼に到着後、一応一度アパートメントの場所を確認しておこうと思い、一旦行ってみたところ、私達がチェックインする前に掃除しに来たオーナーさんがたまたまいらしたところで、その場で鍵を受け取り、まだ掃除前だから部屋は利用できないものの大きな荷物は置いて行っていいと言われ、お言葉に甘えて置かせてもらったので、その後結局15時に戻る必要はなくなり、夕方まで時間を有効に使って観光してくることができました。
しかし、このアパートメントが、なかなかにすごかった!!

20181227_46

広い!!しかも調度品もすごく高級!!
ベッドはダブルベッドがひとつだけで、あとは折り畳み式のベッド2台ではありましたが、これも別に寝心地悪くなくて、普通に眠れました(ダブルベッドにはお父さんとはなが、簡易ベッドに私とかいが寝ました)。
あと、洗濯機が使えたので、これまでの洗濯物を洗えたのも助かりました、このおかげで若干荷物を少なくできましたしね。
あとはお湯を沸かしてカップラーメン食べたり、置いてくれてあったお茶を飲んだりもできたし。
タオルや、ミニシャンプーなどのアメニティも用意してくれてありました。
シャワーが、夜になるとお湯が出ないうえに水圧が弱かったり(お父さんが朝に浴びた時は問題なかったらしい)、エントランスの鍵が開けづらかったり(ちょっとしたコツが必要で、最初「開かない!」ってかなり焦りました)、Wi-Fiあるって書いてあった割にはなかったり、少々の難点はありましたけど、全体的にはとても満足な宿泊となりました。
最終日、アパートを出る時間が早かったので(飛行機が午前だったので)、鍵をどうやって返したらいいんだろうってちょっと不安だったんですけど、オーナーさんは合い鍵を持っているわけなので、借りた鍵は部屋の中のテーブルに置いて出ていけばいいだけでした。
これはすごいシステムですね…!!
あくまでも人の家なので気を遣うところもありますけども、すごくよかったです。

というわけで、今回は初体験だらけの宿泊でした!
世の中、いろんなシステムがあって本当に面白い!
うちは決して高級な宿には泊まらないですが、こういういろんな安宿を経験しておくと、子供達も将来自分達で貧乏旅行をするのに抵抗がなくなったりするんじゃないですかねww

次回からはいよいよ、旅行記本編に入ります!

« スペイン旅行中の乗り物達 | トップページ | スペイン・モロッコ旅行その1<1・2日目バルセロナ> »

子供のこと」カテゴリの記事