無料ブログはココログ

« ヴァカンス明け3週目終了 | トップページ | バースデーパーティー・当日編 »

2018年11月25日 (日)

バースデーパーティー・準備編

それはもう、大変な、重大な、決断でした。

西洋諸国では当たり前のように行われるらしい、お友達を招いての自分の子供のバースデーパーティー。
今年は、うちの子達はバースデーパーティーはやらないつもりでした。
それはまずひとつに、まだこちらのバースデーパーティー経験がほぼないので事情がよく分からないということ、それから私も言語レベルが十分ではないのでお世話しきれるか不安だったということ、あと言ってしまえばめんどくさいということ、そして何より、かいはともかく、はながパーティーをするとして、果たして来てくれる子がいるのか?というのが最大の問題で…なので必然的に、誕生日が先だったかいにも、「今年は悪いけど様子見で、やらないからね」と言ってありました。

新学期が9月に始まって、学校で保護者のクラス役員が選出されてから、はなのクラスの代表ママが私にもメールアドレスと電話番号を聞きに来て、それからしばらくした頃に、その代表さんからクラス全員にあいさつのメールが送られてきました…それはトゥッサンヴァカンスの少し前だったかな。
はなのクラスの保護者の方達とは本当になかなか接点がなかったんですけど(この年齢になると親が仕事していて放課後預かりに行ってる子とか、あとひとりで帰る申請をしている子とかが多いようで、彼女のクラスの保護者は本当に見かけない)、このメールのおかげで、せっかく全員に連絡が取ろうと思えば取れる状態になったんだし、何か私からコンタクトを取ろうかな…と思いながらも、いい案が浮かばずに何もせずに時間は過ぎる。
もともと、はなが、もしもクラスメイトと学校以外で遊ぶ機会があれば、そこに私が仲介役として存在していれば、ちょっとは彼女も付き合えるようになるかもしれない…という思いはあったんだけど、いきなり「みんなで遊びに行きませんか?」でもないし…。
そんなことを、ヴァカンス中にKさんが遊びに来てくれた時に、ちょっと話してみたら、「誕生会やるのは?」と言われ。
実は私もそこは少し後悔していて…先に誕生日だったかいのをやらなかったから…と言ったら、「一緒にやっちゃえばいいんだよ」と。
うーん、でも、かいは9月生まれで、もう2ヶ月も前の誕生会を…?と思ったんだけど、夏のヴァカンス中に誕生日がある子供なら秋に誕生会やるのも珍しくないし、遅れたっていいんじゃない?と言われ。
それでもやはり乗り切らないままその場は終わった私だったのですが、Kさんが帰ってから冷静に考えて、やっぱりそれが最良の方法だよな…と思い直す。

…断っておきますが、私はフランスに引っ越してからここまで、はなのことを近くで見てきて、友達はできないならできないで仕方がないと思うようになったし、彼女のひとりでいられる能力というのもそれはそれですごいものなんだと認めるに至っています。
ただ、だからといって、コミュニケーション能力が著しく低い彼女を、言葉も通じない環境に放り込んでおきながら、何もせずにただ傍観して、あー友達できなかったねしょうがないね、っていうのは、やっぱりちょっと違うかなと…彼女だけに頑張ることや耐えることを強いるのはフェアじゃない、私も私で頑張らなくちゃいけない、できる限りのサポートはしないといけない、やり切ったうえでどうにもならないなら初めてそこで「あーじゃあしょうがないね」となればいい、と。
何かが変わるかもしれないし、何も変わらないかもしれない、でもやってみなくちゃ分からない。

でも…どうやって?どこで?私にできるの???
こちらでは、どこかの施設で誕生会をするのも珍しくなく、かいも一度その形の誕生会に参加させてもらったのですが(5月18日の記事「かい・バースデーパーティー参加」参照)、でもそのようなかたちだと、おそらくはなは来てくれたお友達と関わることなく、何となくパーティーが終わってしまうだろう、それはパーティー開催の本意ではない…やるからには、はながお友達と関われる形を、私が作らなければならないのだ…果たしてそれが私にできるのか???どうしたらいい???
その日の夜、いろいろいろいろ考えた…ネットを調べつつ悶々と悶々と考えて…あ!!!!!うちにはカラオケがある!!!!!と、まず思いつく。
そうなのです、実はうちのお父さんが、フランス転勤が決まった時、カラオケのマイクをプレゼントにもらったのです…しかも同じものを2本ww(たまたま別の人からね)
YouTubeなどのネットに連動させて、どこでもカラオケができるというマイク。
これがあれば、とりあえずパーティーの目玉、集客要因になりうる?!と思いつく。
これに気づいてからは、なんだかアイディアが次から次へと沸いてきた。
かいと合同にするなら、はなのクラスとかいのクラスの対抗ゲームができるかも…とか。
どうせやるなら、できるだけ子供達がコミュニケーション取れるものがいい、特に日本でよくやるパーティーゲームだったら、こちらの子達も新鮮な気持ちで楽しんでもらえるかも…と思ったら、なんかいろいろ、どんどんどんどんゲームが浮かんできた!
ヴァカンス2週目、そんなかんじで眠れない夜を2日ほど過ごして体調壊しましたが(苦笑)、でもアイディアと決意が固まる…腹くくりました。

カラオケをやろうと思ったら、家の中では厳しい…でも幸いにも、うちのアパルトマンには、住民が無料で借りられる、クラブハウスという大きな部屋がある。
Sさんも以前そこでバースデーパーティーをやったと言うし、我が家もそこにしよう!
ということで、アパルトマンの規約を改めて読むと、収容人数は19人まで、そして使えるのは月~土。
本当は、予定が何もない日曜がよかったんだけど、仕方ない…。
たまたま、11月24日、乗馬がクラブ都合でお休み…じゃあこの日なら、午前にバレエさえ行けば、午後は柔道だけ休めば、開催できる、よし、この日に決定!
てわけで、そこを借りるために管理人さんに会いに行き、この日を予約したいと書いた手紙を渡して、OKをもらう。

さて!いよいよ、まずははなのクラスのママ達に一斉メールを送る。
普通、招待したい子達に直接学校で招待状を渡して誘うみたいなんですが、はなの場合はそれはあまりにもハードルが高いということと、私自身も先に手ごたえを自分で感じたかったので…「ご存知の通り、はなは学校ではとてもおとなしいので、学校以外でクラスメイトとコミュニケーションを取れる機会を設けたい、11月に彼女の誕生日があるので、〇〇日にどこどこで誕生会をしたいと思う、いついつまでに出欠の返事を下さい、来られるとお返事をいただいた方に、はなから招待状を渡します」というメールを送る。
その後、招待状作り…はなとかいの合同の招待状を作って、はなは出席者のみに渡すけど、かいはヴァカンス明けにクラスの男子全員に直接渡すことに…彼は問題なく渡せるというのと、彼のクラスの皆さんの連絡先は知らないという理由(かいのクラスの保護者代表はパパのようで、はなのクラスのママのように一斉にあいさつを送ってきたりということはなかった…昨日書いたようにだいぶ後になってワッツアップのグループを作ってくれましたが)。
そんなかんじで、とりあえず開催第一段階の準備は整った!

はなのクラスの女子ははな以外に6人、かいのクラスの男子はかい以外に10人…誰を誘わないとかはイヤなので、16人全員にもれなく声をかける。
万が一全員出席して、私達家族の4人を足すと20人…クラブハウスの収容人数は19人なので、ちょっと危険な橋ではあったけど、まぁ全員来るということはないだろうという判断。
それぞれ、いついつまでに出欠の連絡を下さいとお願い。
で、ヴァカンス中にメールを送ったはなのクラスのほうは、ヴァカンス中に出席を確認できたのがふたり。
ヴァカンス明け初日、かいはみんなに直接招待状を渡し、数日以内に保護者から出席の意思を確認できたのは3人…全てもともと連絡先を知っていたママ達。
その週、他のママ達からはほぼ連絡がなく、子供が直接かいに「行くよ!」って言ってきてくれたとか、あとその週の金曜日にかいに直接確認してごらんと言って確認したところOKだったという子が何人も。
インドママなんて、最初はなのクラスの一斉メールに返信がなかったので別件ついでに私から確認したら、「私達なんて予定もないし友達なんだから聞かなくたって行くに決まってるじゃない!」みたいなこと言ってきたんだけど、イヤイヤそれならそれでちゃんと出席の返信してくれよと…イヤ、ありがたいんだけど(苦笑)
で、はなのクラスのほうは、締切の朝登校時に直接欠席確認できたママがふたりいた他、あとはメールで出席確認が取れたので、結局はなのクラスからは4人来てくれるとのことで、これは正直驚きと共にありがたさでいっぱい。
欠席者が判明したので、女の子が少ないし、さらに他のクラスの女の子(日系のMちゃんきょうだいや、あとはかいのクラスの子のお姉ちゃんや妹)を誘い始め…。
一方のかいのクラスのほうは、その後締切までの間、ちらほらメールが来たり、朝にパパに声をかけられて出席を伝えられたり、私から放課後にママを捕まえて確認したりと、少しずつ固めていきましたが、驚くほどの出席率。
締切になっても確認できなかった子がひとりだけいたのですが、その子のママを放課後捕まえられて、そしたらママはパーティー自体を知らなかった…どうやら子供が招待状を出すのを完全に忘れていた模様、これもまぁ予想の範囲内。
そんなこんなで…結局、ふたを開けたら、女子7人、男子11人…かいのクラスまさかの全出席…!!
招待客18人+私達4人=22人、3人オーバーなんだけど…下に住むリトアニアンに聞いたら、10人とかオーバーじゃなきゃ大丈夫だよって言ってくれたので、信じることに…最悪ダメって言われたらもう途中からうちの中に移動すればいいや!と。
しょうがないよね、誰かを断るとか、選ぶとか、できないもん。

あとは、当日の準備をひたすら。
私はひとりで買い物行ける時に、紙皿紙コップ、パーティーグッズや部屋のデコレーショングッズなどをいろいろ買ったり…。
それと、カラオケマイクの動作確認と、使えるアプリの確認&インストールをしたり…。
あと、時間がある時に、ゲームに使う道具をひたすら準備…子供達と一緒に制作したり、私がひとりで黙々と準備したり…風船膨らませたり…。
子供達にはプログラムを書かせたんですけど。

20181122_12

どうよこの気合の入りよう(笑)
これを見たら普通、「とっても楽しみにしてるんだね!」って思うよね?
でも、はなに「パーティー楽しみだね~!」って言うと、チーンって顔になるんだよ…彼女はパーティーが楽しみなんじゃなくて、このプログラムを作ること自体を純粋に楽しんでるの…。
ちなみに、じゃんけんの手がひとり黒なあたり、インターナショナルな生活してることを感じさせるよね。

あとは前日にカップケーキを焼き、夕方には管理人さんからクラブハウスの鍵を借りつつハウス内の設備と注意点を説明されました。
それから、先生達にお願いしてあったクイズを受け取り。
今回招待客が全員同じ学校なので、学校の先生達に簡単なイエスノークイズを作ってもらえないかとお願いしてあって、それを受け取り、家で確認しましたが、先生達、お忙しい中、それぞれ楽しい問題を書いてくれていました!

この日までに、何人かのママ達から、プレゼント何がいいかとちらほらメールが来てお返事したりしてましたが(私も初めてかいが呼ばれた時そのように聞いた)、そうするとプレゼントを用意できた子が、学校でかいに「プレゼントはね~」って言おうとするところ、かいは「Secret!(秘密!)」って叫んで遮るんだそうなww
プレゼントは、どんなものをもらったとしても、ちゃんと全部ありがとうってにこやかに喜ぶんだよ!と、特にはなに向けて、よくよく言っておきました…(笑)

で、当日になって、はながバレエに行っている間、私は目星をつけておいたケーキを買い、ジュースを買い…帰宅後はお昼を食べてからクラブハウスの飾りつけに取り掛かり…。

そしていよいよパーティー開始の14時!…の模様は、また明日…。

« ヴァカンス明け3週目終了 | トップページ | バースデーパーティー・当日編 »

子供のこと」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1964468/74664164

この記事へのトラックバック一覧です: バースデーパーティー・準備編:

« ヴァカンス明け3週目終了 | トップページ | バースデーパーティー・当日編 »