無料ブログはココログ

« ピエルフォン城 | トップページ | YouTube活用 »

2018年11月 5日 (月)

偽薬じゃなくて、今度は本物

2週間のヴァカンスが終了し、今日からまた、お次の2週間ヴァカンス(クリスマス・年末年始休暇)に向かっての7週間の学校がスタートします。
このサイクルは、特にはなにとっては、息切れし尽くす前に休めるので、我が家的にはとてもありがたいです…。
…しかし、久しぶりの5時起き(弁当作り)、ツラかった~…(苦笑)
そして毎朝またあの寒い中を歩いて行かなきゃいけないのかと思うと、心が折れるね…。

さて、とりあえず最初の7週間が終了した時点で、昨年度よりはだいぶ成長も見られたはなではありましたが、やはりまだまだ十分ではありません。
私も手をこまねいて見ているわけではなく、とにかく少しでもはなをラクにしてあげられるようにと、あれこれ手を打っていて。
まず、「海外に住む子ども達の心の健康をサポートする臨床心理士の会」というサイトを見つけ、3回まで無料でメール相談ができるということだったので、こちらの現状を説明し、なにかアドバイスをいただきたいとお尋ねしたところ、ほどなくとても丁寧な返信をいただきました。
具体的な提案も書かれていましたが、何よりもまず、今ははなの発語がない状態をもどかしく思うのではなく、一生懸命蓄えている状態なんだと、じっと見守ることが大事だ…というようなことが書かれており、改めて、あぁそうだよな、私が焦っちゃいけないんだ…と再確認させていただきました。
考えてみたら、はなは3歳になるまで、発語らしい発語がなかった子で(自閉症の大きな特徴のひとつが発語が遅いこと)、そんな子が、この年齢でいきなりまるで違う言語をふたつも覚えなくちゃいけない環境に放り込まれ、ほいほいと話せるようになんて、なるわけないんだよね。
なので、私自身が、焦らず、焦らず、焦らず…はやる気持ちを抑えて、彼女を辛抱強く見守り、彼女を守ってあげなければいけないんだ…と、決意を新たにさせていただきました。
…実際のところ、私がそう思って、「今年から頑張れと言うのはやめたんだ」と言ったところで、なかなか学校の先生や周りの子供達ママ達がそこを理解してくれなくて(説明しなきゃ分からないの当たり前なんだけど)、彼女や私を焦らせるという側面が大きいので…私にとっても英語でそこを周りに説明するのは大変なことだけど、はなのために、やれることをやっていかなければと思います。
メール、あと2回は相談できるので、また今後なにか壁にぶつかった時、改めてアドバイスをいただきたいなと思っています。

あと、今年度に入った時から、はなに登校前毎朝偽薬を飲ませ始めたと書きましたけども(9月8日の記事参照)、ヴァカンス中、偽薬ではなく、ほんとのサプリを買い漁りました。
これは、上記記事内でも触れた本の中に、薬やサプリを飲ませる効用がちょっと出ていたり、あといつも読ませていただいているブロガーさんの記事ではっとしてネットでさらに検索をかけて…とか、つまり、「あれ?偽薬なんて飲ませてる場合じゃなくない?自閉症に効くサプリを探して買って飲ませればいいいんじゃ?」と思った…というわけ(なぜ今まで気づかなかった…汗)。
で、まず、コチラのサイトで「遅刻、出不精、コミュニケーション障害(コミュ障)に改善効果を感じた唯一のサプリメント」として紹介されていた、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリ。
上記サイトで、「「スルフォラファン」が自閉症の中核症状である「コミュニケーション障害」に効果があるという研究を見つけた」「社会的な相互作用、異常な動作、言葉のコミュニケーション。この3つに顕著な改善が見られた」と紹介されていて、これ、はなが摂らない理由がないよね?と。
というわけで、上記サイトで紹介されていたサイトから、上記サイトで服用していたものと同じものを購入。
さらに、亜鉛。
これについては、たとえばコチラのサイトで、「亜鉛欠乏は児童の自閉症スペクトラム障害と関連している可能性があると予備的研究で見つかった」「欠乏している亜鉛を投与によって補うことにより、自閉症スペクトラム障害の治療的効果が期待される可能性」などと書かれていましたので、これも買いだ!と思い、ブロッコリーと同時に亜鉛サプリもお買い上げ。
さらには、サプリではないのですが、ローズマリーもよさそうだと見かけ、たとえばコチラのサイトによると、「精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もある」とありますが、要は気持ちを高める効果があるようなので、これはスーパーでローズマリーが多めに含まれたハーブティーを買ってきて飲むことに…いずれ時期が来たら自宅でローズマリー育てられたらと思いますが。
また、上記のサイトによると、ローズマリーは「記憶力や集中力を高める作用がある」とされ、これはかいに必要!で、さらには「頭皮の血液の流れを活性化して育毛にも効果がある」とのことで、これはお父さんに必要!というわけで、結局家族で飲んでいます…香りがとてもいいので、みんなすっかり気に入ってしまいました。
あと、こちらに来てから、エルヴドプロヴァンス(ハーブミックス)を使っての料理を作ることが時々あるのですが、その中にローズマリーは入っていたものの、これを知って以来はさらにローズマリーを増量して、直接体に取り入れることもしています。
さらに今、サプリを買ったサイトで、ローズマリーのシャンプーやボディクリームなども注文して届くのを待っているところで、これによって髪や体に香りが残って、学校にいてもはなが癒されてくれるといいなぁなんて期待。
というわけで、とりあえずサプリを朝晩、ハーブティーを毎朝、服用開始しているのでした。

そんなかんじで対策を進めていき、あとは毎晩のマッサージは継続しているのですが、ヴァカンス中に、「今一生懸命、サプリとかお茶が、はなの頭の中を工事してるからね、こことここをつなげればしゃべれるようになるな…って、一生懸命つなげてくれてるから大丈夫!まずはイエスノーは言えるようになる!」などと暗示するように話していたんです。
そしたらある日の夜、はなが、「でも、ミセス○○(アートの先生)の授業の時は、イエスノーは言ってるんだけどね…」と、いきなりの衝撃発言!!!!!
えっ?!なんで?!答えるの待ってくれるの?!(私が先生達にそうしてほしいと要請してあった…けど、おそらく実践してくれてる先生はいない)それとも怖いから?!(アートの先生のことは以前から怖がっている)などと聞いたんですが、はなが言うに、はなに答えてほしい時、先生は自分の手を耳の横に当ててはなの答えを待つんですって!なのではなは答えざるを得ないらしい…!
イヤ、だから、はなは、時間はかかるけど、言えない子じゃないんだよ…だからできれば先生達も、そこほんのちょっと時間割いてくれると助かるんだよ…!と、今まで「怖い先生」と私の中で評価が低かったこの先生の評価が180度逆転(笑)
あとは、私が今年度最初から信頼していたフランス語の担任にも、はなは「Je ne comprends pas.(分かりません)」とか言えてるらしい!なぜそういうことをもっと早く報告しない?!
イヤ…だからね、彼女は、知らないから言えないわけじゃなくて、言うスイッチが入るか入らないかだけなんだよ…先生達、はなに話してほしいって言う割に、はなの答えを待ってくれないんだよ多分…イヤそりゃ忙しいのは重々承知してるしこんなことこちらサイドが言うのはおこがましいのは分かってますけども…。
だけど、こうやって、言える先生には言えるようになってるわけだから…ほんと、少しずつ、少しずつ…きっかけさえあれば、彼女は変われるはずなんです…!
とにかく、お友達関係は、別にひとりがいいならそれはそれでいいし、話せないなら話せないでもいいけど、先生達に対する受け答えだけは、なんとかできるようになろう、と、話しているところです。

ちなみに、かいに関しては…もうね、全然、心配してませんよ。
文法はブロークンながらも、学校での出来事を一生懸命英語で説明してくれた後、「じゃあ今言ったの全部フランス語で説明して」って言うと全部一生懸命フランス語で説明してくれますww
お友達とも英語フランス語でちゃんとコミュニケーション取れてるみたいだし、両言語とも順調に伸びてると思います。
彼も一緒にサプリ飲んでお茶も飲んでるので…彼は自閉症ではないですけど…でも記憶力集中力の欠如とか、落ち着きがなくて忘れ物が多いところとか、ついでに一緒に改善したらいいなぁと思います。
彼はヴァカンス明けて学校再開するのも楽しみみたいです…勉強はイヤだけどお友達と会えるのは嬉しいみたいですよ。

« ピエルフォン城 | トップページ | YouTube活用 »

子供のこと」カテゴリの記事