無料ブログはココログ

« Vacances Toussaint・1週目 | トップページ | フランスのハロウィン事情 »

2018年10月28日 (日)

フランスできりたんぽ!

土日、予定がなかったので、いろいろ買い物をしたり、勉強がっつりやったり、予定ないわりに忙しくしてたんですが…何より、料理を頑張りました。
めっきり寒くなってきましたので、ぼちぼち鍋が食べたいね~と思っていたここ最近。
我が家はお父さんが帰りが遅いので、鍋をするなら土日と相場が決まっておりまして、この土日は鍋にしようと思っていたのですが、ある日、「そうだ、きりたんぽにしてみよう」と思い立ったのです。
秋田嫌いな私が、唯一、秋田生まれでよかったと思える要因、それがきりたんぽ。
でも…誤解してる人多いんですけど、秋田県民、別に、きりたんぽ、あの物体を作るところからはしませんからね?普通に買いますからね?
とはいえ、ここはフランス…きりたんぽなんぞ、売ってるわけもなし。
というわけで、えぇ、40年生きてきて初めて、きりたんぽ、あの物体を作るところから始めましたよ。

20181027_5

ごはんに片栗粉を混ぜて、麺棒でつぶし、その後箸を使って形作り…本来は秋田杉の棒を使うんですけど、そんなものは当然ありませんで。
そして、本来なら、棒をつけたまま焼くんですけど、箸を焼くわけにもいかないですし、数にも限りがありますので、ちくわのように形を作ったら箸を抜いて、オーブンプレートに並べて焼く…ということに。
しかし、べたつくごはん、箸を抜くのもなかなかに苦労しました…。
何とかかんとか、焼くところまで終了。

20181027_6

不格好ながらそれなりじゃないですかw
本当は直火で焼けたらいいんですけど、うちはIHなので、オーブンで焼きました。
で、これを斜めに切っていくんですが…。

20181027_7

ごはんがべたついてしまって、切る段階でせっかくの穴がつぶれてふさがってしまう…。
やっぱり、焼く時も木の棒か箸か入れとかないとダメかな~、韓国で使うような鉄の箸でも買おうかしら…。
ともあれ、これがきりたんぽのほうで、一方のスープと具材のほうですが。
スープは、夏に秋田から買ってきた、秋田県民の魂のだし醤油「味どうらくの里」使用。
本当はきりたんぽの時は、さいとうの「比内地鶏スープ」が最高なんですけど、まさかこちらできりたんぽ作るなんて思ってもいなかったので買っておらず。
あとは、こちらで普通に手に入るのは、ねぎと、鶏肉でしょ。
他、この前パリの韓国食材店で買ってきた、糸こんにゃくと、ごぼう。
そして本来ならきりたんぽにはなくてはならない、まいたけと、セリ。
これらはさすがにこちらでは見つからず…フランス食材に精通していらっしゃるフランスブロガーさんにも質問してみたところ、セリはやはり難しいようで、でもまいたけに関しては、ひらたけという代替案を頂きました。

20181027_4

GrandFraisにて購入。
あとは、先日別の料理に使って、まだ大量に余っていたクレソンを、セリ代わりに入れてみることに。
そんなかんじで、全部煮込んで、完成!

20181027_8

見た目、あんまり本物と変わらない!いいかんじ!
そしてお味のほうは…これまたとってもいいかんじ!!!!!
やっぱりね、ごぼうが効いてますね、ごぼう、これがなかったら無理だったと思う。
ちなみにごぼうは、GrandFraisに「西洋ごぼう」なるものがあったのを見つけましたが、はてさて同じように使えるのでしょうか…。
ひらたけとクレソンも、まぁまいたけとセリには及ばないながらも、邪魔することなく、雰囲気出すのに十分役立ってくれました。
あと足りない具材は油揚げくらいです…糸こんとか売ってたんだから売ってただろうに、買うの忘れてた(どうしてもほしかったら最悪自分で作るかw)。
そんなわけで、意外とおいしくできて、家族で大満足でした、これなら人呼べるww
で、鍋は2日間と相場が決まってる我が家、翌日曜日は、今度はだまこもち。
だまこもち(私達はだまこと呼ぶ)は、秋田県五城目町の名物でして、きりたんぽの簡易バージョンみたいなかんじで、ごはんに片栗粉を混ぜてつぶしてだんごにしたものを、きりたんぽ鍋のつゆに入れて煮たもの。
私の母親が五城目の出身なもので、これは私の実家では昔からよく食べていました、きりたんぽが足りない時とかに食べます。

20181028_5

前日に引き続き、子供達が張り切って作ってくれました。

20181028_6

こんなかんじです。
きりたんぽよりずっと手間がかからずに作れるのでラクですが、きりたんぽのように穴が開いていないので、やっぱり味しみの点できりたんぽのほうがおいしいです。
でも気楽に同じ味が楽しめるのでいいかんじです。
そんなわけで、めっきり寒くなったフランスですが、久々に郷土の味であったまってみました!
さて…鉄の箸でも探すかなぁ~?(笑)

« Vacances Toussaint・1週目 | トップページ | フランスのハロウィン事情 »

子供のこと」カテゴリの記事