無料ブログはココログ

« フランスできりたんぽ! | トップページ | 続・フランスのハロウィン事情 »

2018年10月31日 (水)

フランスのハロウィン事情

本題の前に、ヴァカンス2週目のここまでの振り返り。

初日月曜日は、おなじみのPavillon de Manseのイベントだったんですが、いつもは午前2時間だけ参加させるところ、この日は午前2時間午後2時間の計4時間参加。
というのも、本当は午前だけにしたかったんだけど、この日は通し参加が原則だということで。
午前のイベントが、ゲストを招いてのマジックショーのようだったので、この日は外したくないな~と思い、結局通し参加で申し込みました。
で、午前10時~12時で、一旦私は家に帰って軽く家事をすませて、お昼にお迎えに行き、子供達と一緒に、すぐ近くの中華料理店へ。
ここで、AOさんとRさんとお昼をご一緒するお約束をしてました。
というのが、午後のイベントが14時~16時だったので、車のない私達が一度帰ってまた来るにはあまりにも面倒だったので…だったら近場でお昼食べて時間つぶしたほうがいいなと思い、時間つぶしに付き合ってもらったというわけなのです。
本当は別のレストランに行く予定にしていたんですが、朝子供達を送り出してから、「あ!あの店月曜定休だ!」と思い出し、その後どこにするかと3人ですったもんだしまして…というのがシャンティイって結構月曜定休のレストランが多いんです。
で、結局、AOさんが見つけてくれた中華料理店行ったんですが…テイクアウトも可能なお惣菜屋さんで、ショーウィンドウに並んでる総菜を選んでテーブルでも食べられるというかたちだったので、選んだものを豪快に皿に盛ってそのままレンチンしたものが出されるというところでしたがwwでもすっごいお安く食べられて(フランスでひとり5.5ユーロのランチなんてファーストフードでもなかなかありつけないと思う!)、思わぬ発掘ができてよかったです!この金額なら子連れでも気兼ねなく来られる!
でも、さすがに2時間そこで過ごすのは子供達と一緒では難があったので(かいがテンション上がっちゃってうるさいったらなかった)、すぐ近くのRさん宅に移動してしばらくお茶させてもらい、そこで子供達はドラえもんを見て過ごしていました。
そんなかんじで2時間やり過ごし、ふたりと別れ、また子供達を施設に預けてから、今度はちょうどいい時間のバスがなかったので自宅へ戻るのと施設へ戻るのにキックボードを使ったんですが…この日は死ぬほど寒かった…ツラかった…。
帰りはしばらく待ってバスに乗れたのでよかったですが。
で、肝心のイベントのほうですが、午前はいくつかの手品を教えてもらったようで、さっそくふたつほど披露してくれまして。
午後はパズルのようなことをして過ごしたようです。
珍しく参加者もかなり多めだったんですけど、内容的には、うーん、期待してたほどではなかったっぽいです。

火曜日。
午後から、待ちに待った!学校の日系MちゃんとKくんが遊びに来てくれました!
はながこの日をどれだけ心待ちにしていたことか…(笑)
14時~17時くらいまで遊んでいってくれましたが、かいとKくんの男子チームは結局最初から最後までSwitchやってましたね…。
はなとMちゃんの女子チームは、シルバニアしたり、お絵描きしたり、パッドでなんかゲームやったり、女子らしく遊んでいた模様。
私とKさんはまたがっつり学校の話とか情報交換して、有意義に時間を過ごせました。

そして今日水曜日。
ハロウィン当日だったので、ちょっと商店街でも行ってみようかな~と。
…お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…私、これまで、このブログでハロウィンの話題に一切触れてないんですけど…フランス、見事なほどに、ハロウィン、盛り上がってない。
日本ではここ数年でアホみたく盛り上がってますけど…私も子供達と一緒にここ数年は10月となるとあっち行ってお菓子こっち行ってお菓子状態でしたけども…フランスでも少し前に比べたらだいぶ浸透してきてるらしいんですが、それでも日本から来てみると、あまりの違いにびっくりします。
イヤ、日本が、おかしいんだけどね…。
ひとつの事情として…どうも、家々を回ってお菓子をもらい歩くという行事の特性上、危険なことも多いようで…イギリスブロガーさんによると、お菓子くれない家に生卵を投げつける若者がいるとか…あと、アメリカではいかにもホームレスってかんじの親子がここぞとばかりにお菓子をもらい歩くって話もちょうど聞いて…フランスにも多かれ少なかれそういう事情があるのかな~と思ったりしました。
そんなわけで、盛り上がってないフランスではありますが、それでもFacebookには、「ハロウィンの日に来てね!」という商店街のお知らせが上がってたもんで、んじゃどんなもんか行ってみるか~と。
11時前に、バスで商店街に到着して、歩き始めると…。

20181031_1

Facebookで見かけていたこのポスターを貼ってあるお店がちらほらあり…どうやらここに行けばもらえるらしい。
でも、ちょっと様子が分からなくて…とりあえずスーパーのG20にちょうど買い物があったので買い物してレジに行ったら、仮装した親子連れがレジでお菓子をもらっていたので、我が家もレジが終わってからBonbon?と聞いたら、お菓子をもらえました!初ゲット!
その後、近くの別店舗に入っていった親子を遠目で観察したところ、普通に店舗に入り、間もなく出てきたので、ほんと、単純に、入ってもらって帰る、でよさそう、と。
分かったところで、じゃあ順番にポスター貼ってあるお店に入っていくか~と。
フランス語ではTrick or treat?のように定型の文句はないようで、直前にスマホで調べたら出てきたフレーズの中でもわりと言いやすそうな「Une farce ou un bonbon.(いたずらかお菓子か)」というフレーズを子供達に覚えさせ、あとは順番にお店に入っていきましたが、結構、「仮装してないの?」「普通は仮装するんだよ」とか言われ…。
イヤ、どんなもんなのか見当がつかなかったから、全く仮装なしで行ったんですよ…。
まぁでもどこも、さすがにそれでお菓子をくれないってことはありませんでしたし、愛想よくくれるお店が大半でしたけど。
回ってる子供達はちらほらでしたが、でもみんな結構がっつりな仮装してましたね、日本みたいななんでもありの仮装ではなくて、ちゃんとハロウィンにちなんでる仮装ってかんじでしたけど。
一度だけ他の子達と同時のタイミングになったお店があって、その子達のフレーズを聞いたら、「Des bonbons ou une mouvaise farce.」って言ってるようでした。
とりあえずbonbonとfarceが言えてれば通じるかんじでしたけど。
商店街の一本道、両端の店を回るように、ポスター貼ってあるお店を探しながら歩いて往復すること1時間でしたが、子供達は順番に「次はかいが言う番!」などと順番を決めてお店の人に声をかけてましたけど、わりとかいよりはなのほうがしっかり積極的に言えてたりして、びっくりしました、やっぱりお菓子が絡むと強くなるのか…(苦笑)
結局15軒くらい回ったかな?ってかんじですが。

Img_5946

それぞれの収穫です、帰りのバスでちょっと食べちゃってたので少しだけ減ってますが。
意外と集まったな~というかんじで、ふたりとも大喜びでした。
でも、今、この日記を書くのに上のポスターの画像を拾おうとFacebookを改めて見たら、ポスターと一緒に、「仮装して午後に来てね」って書いてあった…!
イヤ、私、このポスターだけじゃ何にも分からないと思って、もっと詳しい情報ないかって、結構探したんだよ、数日前に。
でも、このポスター以上の情報が何も見つからなかったの。
それが、この記事、上がってるの、前日ですよ…!前日にならないと詳細が分からないなんてさすがフランス!(まぁポスターだけでも仮装が必要だってのは分からなくはないが…)
それでか、なんか一軒で、午後からなんだよとか言いながらくれた人がいたし、多分うちが一番乗り的なかんじだったお店も何軒かあったんだよね。
でもまぁ、回ってたのうちだけじゃなかったし、そのへんはいい意味でフランスは緩いから、いいんじゃないでしょうかね。
午後は雨予報だったので午前中に回りたかったんです…午前は寒かったけど天気はよかったので助かりました。
あ、1軒、はちみつ屋さんで配ってて、おいしそうなジャムがいっぱいあったので、気になるジャムをひとつ買ってみました、おいしいといいな。
商店街的には、こうやって、お店の中にとりあえず足を運んでもらってどういうお店か知ってもらえるっていうメリットはあるよね、広告費はあめ代だけだし(笑)

« フランスできりたんぽ! | トップページ | 続・フランスのハロウィン事情 »

子供のこと」カテゴリの記事