無料ブログはココログ

« フォンテーヌブロー城 | トップページ | 日本人ウィーク »

2018年10月10日 (水)

世界は図々しい

本日は、(日本人から見た)外国人の図々しさと、日本人の臆病さの話(苦笑)

フランス語教室、週2回行ってますけど。
先週金曜日のレッスンで、私AOさんの隣に座ってたんですが、AOさんの隣に座ってた生徒が、レッスン途中でAOさんの消しゴムを勝手に使い始めたんですね。
で、レッスン後、返してくれるんだろうなと思って様子を見ていたら、そんな様子はまるでなく、さらにその向こうの隣の人と話しながら荷物をまとめていく中に消しゴムもしっかり入れてしまったようで。
AOさんも私も、声をかけようと思ったんだけど、それぞれに頭の中で「何て言えばいいんだ?」「消しゴムって何て言うんだっけ?」とか考えてるうちに、機会を逃してしまった…ということがありました。
で、昨日、またレッスンがあり、今度は私が彼女の隣に座ったんですが。
様子を見ていたら、AOさんの消しゴムは持ってきておらず、どうやらまた、私とは反対側の隣の人の消しゴムを使っていた模様(ただし今度は借りる承諾を得ていたようですけど)…私は警戒して彼女の手の届く範囲に消しゴム置かなかったんですが(苦笑)
そんなわけで、レッスン後…もし持ってきてたら言おうと思ったんだけどね~なんてAOさんと話をしつつ…あれこれ考えてないでとにかく声かけなきゃいけなかったんですよね、と。

昨日、Sさんと会って話していた時も、彼女もフランスで某授業を受けたりする時に、隣の人が勝手にこちらのものを使うというのはよくあることだと言っていました。

先週の水曜日のソルフェージュの話。
授業終了後、はなが私のところに半ば猛烈な勢いで帰ってきて、授業中に起こった出来事を訴え始めた。
彼女はソルフェージュの筆箱に、板チョコ型の消しゴムを入れてあったんです。
色も形もにおいも板チョコを模したもので、6つのブロックがくっついているもの。
それを、隣の席の子がいきなり取って、「いいにおい~」とか言った後に、6つのブロックのうちのふたつをバキっと折って取り、そのまま自分のものにしてしまったらしい…!!
当然、はなが、返してとか言えるわけもなく…。
私のところに来てそんなふうに訴えられたところで、もはや後の祭り、私だってそのタイミングじゃもうどうしようもない。
はなには、何も言葉を出さなくていいからジェスチャーで返してって訴えるとか、先生に言うとか、言葉が出ないなら泣くくらいのことはしなさいって言いましたけどね…(苦笑)

実は、はなが昨年度苦しめられていたのも、この、隣の席の子の図々しさというもの。
今までは、はっきり書くことなく、「隣の子の不可解な行動」と濁していましたが…その子個人の問題というよりは、もはやこれがフランス、いや世界標準だと分かった以上、隠す必要もないかなと。
つまり…昨年度、はなが途中から転入してきて、はなの隣に座ってはなのお世話係を言い渡された女の子、常に、はなの文房具を、断りなしに使ってたんですって、しかも、自分のものがあるにもかかわらず。
ペンや鉛筆にとどまらず、電卓とか、算数の授業に教科書から切り取った図形とか…しかも図形に関してはその子はそのまま持ち帰ってしまい、結局回収できなかった。
おかげで、はなはペンや鉛筆は常に予備のものを使わざるを得ず、電卓とかはひとつしかないのでその間何もできず、そうすると先生の目には「何もせずにぼーっと座ってる子」と映ってしまっていたという…。
はなも、そういうことを報告するのが本当に遅いので…かなり経った頃にそんなことがあるんだと言い始めて、ようやく私も先生に報告するに至り、先生からは一度その子に注意があったものの改善が見られなかったので、結局席を替えてもらった、という経緯がありました。
本当にいい子だったんだけど、結局なぜその子が、自分のものではなくてはなのものを使っていたのかは、謎のままです。

そして今年になって転入してきたインドの女の子。
この子もとてもいい子なんだけど、はなとはフランス語の授業の時に隣で(クラスでフランス語初心者がこのふたりなので)、最初の頃、はなに色鉛筆を借りてたんですって、でもそれはちゃんとはなに聞いてから。
で、はなもそれは貸してたんですけど、そのうち断りなしにその子も使うようになり、そしてはなが使いたい時に使えないという、結局前年度と同じような支障が出てきたようで、私に報告してきて。
ただその子に関してはどうやら色鉛筆を持ってきていなかったようなので、私から先生に、色鉛筆を彼女が持っているのか確認して、持っていなかったら用意するように伝えてほしいとお願いしました。
その後すぐに先生は席を替えるとかで対処してくれて、今は問題ないようです。

…そうかと思えば、こんなことも。
かいが、学校で使ってる緑のペンがきれたってことで、それを日曜日に言うもんだから店もG20くらいしか開いてないし、取り急ぎそこで買った4色ボールペンを学校に持たせたんです。
でも、私も名前を書かずに持たせてしまったのが悪かったんですが、なんか、クラスの隣の子かなんかが、「そのペンはお前のじゃない!学校のだ!」みたいに言い張るらしく。
かいはもちろん、「これは俺のだ!昨日お父さんに買ってもらったんだ!」って言い返せるんだけど、結局その子は納得しなかったらしくて。
それで、帰宅後その話を聞いたので、名前シールにかいの名前を書いたものを持たせて、学校で貼りなさいって言って、かいは次の日貼ったらしいんだけど、そしたら今度はその子、「今貼っただろ!お前のじゃない!」って、結局同じことの繰り返しだったらしく…。
なんだかなぁ…と思い、結局、別のお店で緑ペンを買って、今度はちゃんと名前シールを貼ったものを持たせ、その争いのもととなるペンは持ち帰らせました…。
できるだけ、文房具は、同じものを持ってる子がいないような、日本で買ったものがいいな、日本語の説明書きが書いてあるような…品質的にも絶対日本製のほうがいいし…。

でも、そうやって、いきなり隣の子が勝手に使ったり、持ってったりする現実がある以上、とりあえず、大事なものは持って行っちゃいけないってこと、それから必ず名前を書いておくことっていうのは、もう絶対的な必要最低条件だなと思う、フランス生活なのでした…。
あとは…もうちょっとはなが、アピールできる子になってくれるといいんだけど…まぁでも私やAOさんが戸惑うシチュエーションじゃ、はなには無理だよな…(苦笑)
だけど、こういう、世界での経験を、今のうちにしておけるって、将来世界と戦う時に、きっと役に立つよ~…って、世界と戦うのか知らないけど(笑)

« フォンテーヌブロー城 | トップページ | 日本人ウィーク »

子供のこと」カテゴリの記事