無料ブログはココログ

« ヴァカンス終了 | トップページ | difficultじゃなくてdifferent »

2018年9月 3日 (月)

新学年

本日、新学期、というか、新学年スタートです。
はなはCM2、かいはCE2という学年で、それぞれ日本の小5、小3に該当します。
そして小学校はCM2までで、その上は中学生なので、はなは一応小学校の最上級生になったということになります。

今朝は私、久々に5時半起き。
今年度から、はなのみお弁当になったので、久々のお弁当作り。
そして久々に子供達も6時半に起こし、食べ終わってからお約束の久々朝アニメ。
8時の教会の鐘が鳴り始めたら家を出るルーティーンも久々。
家を出たら寒いのも久々(昼には十分暑くなる…この寒暖差を味わうのが久々)。
いつも通り学校の裏庭まで子供達を送り届けに行くと、いつもは子供達ばかりの裏庭が、たくさんの保護者であふれています。
新入生の親は今日は教室まで最初一緒に上がっていいことになっているので、その親ももちろん何人もいるんですが、それ以外の親も普通にいっぱい。
私も、顔見知りのママふたりを見つけて、声をかけて英語で話してくることができましたし、あとは去年のはなの英語の先生に声をかけられたり(話したの初めてだったと思う)。
みんな、2ヶ月のヴァカンスを終えて、元気だった~?ってかんじでしたね。
子供達のほうはというと、はなはまぁ、相変わらず、荷物置く場所に置いたらあとはひとりでぼーっとしてるかんじで。
かいも、登校中からだったけど全然テンション上がってなくて、最初クラスメイトの女の子が声をかけに来てくれたのにほとんど反応もせず(まぁその子のことが苦手だからなんだけど)、こちらもひとりでぼーっとしてたんですが、かいのクラスの男の子がかいよりも私に先に気づいて「Il est où? Ah, bonjour.」(かいはどこ?あっ、おはよう)って話しかけてきて(笑)順番間違えてもちゃんとあいさつするところがかわいい(笑)
あっちにいるよって教えたら、かいの隣に駆け寄ってなにやら一生懸命見せてくれて、かいもようやく笑顔が見られたかんじでした。
あとは時間になって鐘が鳴ると、それぞれ新しい担任に率いられて校舎内に入っていったのですが。
この直前くらいに、私、ひとりごあいさつしたのが、今日から入った、日本人と某ヨーロッパ人(フランス人ではない)のご夫婦のママと、ふたりのお子さん。
実は、ご主人がうちのお父さんと同じ会社なので、ダンナどうしはとうに知り合いで、ママとはメールのやり取りはしていたという方。
今まで学校のことで散々お世話になっていた日本人ママのKさんとTくんは、Tくんが今年から中学に上がっちゃったうえ、もうすぐ国外へお引っ越ししてしまうし、とてもとても寂しいんですが…また日系のご家族が来てくれたので、心強く思ってるところです。

さて、これまた久々のおひとり様タイムは、がっつり掃除をして(トイレとの戦いもまだ続いております…!他の掃除ネタも近いうちに)、フランス語勉強して、午後からは電車で隣駅へ。
はなの通うコンセルヴァトワール、9月になったら予定が判明するってことだったので、こないだ土曜に車で行ったんだけど開いておらず、仕方なく今日電車で出直してきたのです。
いつもながら英語が話せる誰かしらの助けを借りながら、12日スタートということを確認して、小切手での支払いを済ませてきました。

で、また久々に16時半にお迎えに行ったわけですが、帰りはさすがに朝ほどの賑わいはなく、いつも通りの放課後の風景。
また、顔見知りのママが話しかけてくれた他、朝はお会いできなかったKさんともお会いして久しぶりにお話できて嬉しかったです。
そして問題は子供達ですが…まず戻ってきたのが、はな。
思ってたより顔が暗くなくて、聞いたら今日は勉強も多少したけど、新しい先生に自己紹介したりもしたみたい。
はなの学年は、男性の英語ネイティブの先生と、女性のフランス語ネイティブの先生のダブル担任体制なんだけど、この女性の先生が、今年度からこの学校に来た、でも先生歴は結構あるかんじの先生のようで、どんな先生なんだろうと、私的には期待と不安でいっぱいなかんじですが、はな的にはいいかんじだったそうで。
残念ながら今日は見かけることができなかったんですが、明日夜に保護者集会があるので(また明日にでも書きますね)、その時にお会いできるかなと思っています。
男性の先生のほうは、もともとわりと好きだったようだし、今年はうまく扱っていただけたらいいんだけどなぁ。
他、これも懸念だった隣の席の子ですが、はなが一番、隣になったらいいなと思ってた子になってたそうで(なぜそれを学年末に言わないのかと…誰がいいか聞いたのに…)、先生達もだいぶ考えて下さったんだろうな~と思いますが、これもとりあえずひと安心。
あと、お弁当は、今日はサンドイッチだったんですが、ちゃんと時間内に全部食べ終われて、今までのようにひとりぽつんと食べ続けることもなかったようで。
休み時間は昨年度末から始めたお絵描きをしていたそうですが、ふたりの子に上手って言ってもらったとか。
そのうちのひとりが、その今日から入った日系の女の子、学年的にはかいのひとつ下の子なんですが(もうひとりはさらにそのひとつ下の男の子)、その子の担任が、はなにその子を引き合わせてくれたようです。
日本語も話せる子達だったので、はなもちょっと気兼ねなく付き合える子達だったらいいなぁと思います、はなって同学年の子より年上か年下のほうが付き合いやすい子なんだよね。
一方のかいのほうですが、こちらは朝のよどんだ空気はどこへ行ったやら、もうすっかり元気になっていました。
担任の先生どうだったかって聞いたら、親指を力強く立てて「グッ」としてくれました(笑)
休み時間は誰々と誰々と鬼ごっこした~とか。
給食は今日はまずくて食べられなかったとか(苦笑)
まぁ、こちらはもともと心配はしてませんけどもね、予想通り問題ない滑り出しのようでよかったです。
ちなみにどちらのクラスにも転入生がいるのですが、はなのクラスには女の子がひとりで、男子3人女子8人のクラスになり、かいのほうは男女ふたりずつ4人入って男子9人女子6人?(かなりあやふや…)
はなのクラスがちょっと寂しいですけど、まぁ多少はうちの問題児にもそのぶん手をかけてもらえることを期待…。

そんなかんじですが、とりあえず初日は、本人達がそして私が憂鬱に思ってたよりは無事にすんで何より。
実ははなには、お弁当の中にお手紙を入れたり、偽薬を飲ませたり、いろいろ対策を練って送り出したのですが…そのへんはまた近いうちに別にまとめますね。

« ヴァカンス終了 | トップページ | difficultじゃなくてdifferent »

子供のこと」カテゴリの記事