無料ブログはココログ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

移動遊園地とブロカント@無駄に広い芝生広場

昨日土曜日は、またバレエ→乗馬→柔道の日。
乗馬の前に、また乗馬用品店に行って、プロテクター買ってきました。

20180929_1

また見た目のそれらしさが上がったw
昨日は14時に来るように言われてて(練習は14時半)、はなが乗るポニーのブラッシングをしていました。
練習でははなが2度目、かいが初めてのギャロップチャレンジ!
かいは初めてのスピードに叫んでいましたw

さて、以下本題。
ちょっと時系列がめちゃくちゃになってしまいますが…まずは月曜日にさかのぼり…この日は移動遊園地に行ってきました。
Fête de foraineという名前で、fêteは「祭」で、foraineというのは辞書で調べると「縁日」とか出てくるんですけどね。
フランスでは期間限定の遊園地とか、珍しくないみたいです。
シャンティイの競馬場横に、ひたすらに広い芝生のエリアがあるんですけど…。

20180927_2

青〇が、馬の博物館(5月15日の記事参照)で、その右側に競馬場が広がってるんですが、遊園地が来たのは赤〇の一帯。
ちなみに、5月に日本人家族でピクニックをしたのが、写真中央の木が茂ってるあたりのところです。
この芝生、全然写真に納まりきってません…この倍くらいはあるかと…ほんと広すぎて意味分かりません(笑)
さて、そんな移動遊園地、9月半ばにスタートして、9月30日までの、2週間。
学校から、割引券みたいなのをそれぞれもらって来てたんだけど、それを使えるのが月火木金っぽかったので、習い事とかを避けて、天気も悪くない日で、行ける日を検討したところ、24日(月)かなと。
せっかく行くなら誰か誘おうか…と、その時知り合ったばかりだった同じアパルトマンのチェコのママに声をかけてみたところ、月曜日は学校のホームワーククラブ(学校で放課後宿題を見てもらえる時間、もちろんプラスアルファの支払いが必要)があって、18時くらいに終わるとのことで…遊園地は月火木金は19時までだったので、行けても1時間だけど…との返事。
なので、うちはどちらにしても行くので、もし来られたら来てねってことにしておきまして。
で、24日、うちはキックボードで登校して、放課後学校が16時半に終わってから、直接キックボードで遊園地まで。

20180924_1

20180924_2

いろんな乗り物や、食べ物の屋台、それこそ縁日的な○○釣りや射的なども。
というか、私、割引チケットをよく見ていなかったんだけど…勝手に、入場料的なものがかかるのが無料になるのかと思っていたら、そもそも、各乗り物それぞれにお金を払わなければいけないシステムで、その乗り物のひとつが無料になるっていうチケット!
で、見ると、どれもだいたいひとり1回5ユーロかかるじゃないか!なんだよ結構高いじゃないか!
というわけで…これ、チェコ一家が来るまであれこれ乗ってたら一瞬で破産だな…と思い、とりあえず、一番おもしろそうなものに、チケットを使って乗ることに。

20180924_3

ゴーカートですね。
このエリア内で好きなように運転できるうえに、わりと時間も長めだったので、とっても楽しんでいたふたりでした。
その後、中央にあった、トランポリン。
これもしっかりひとり5ユーロなので…えー夏のお祭で無料でやったじゃん…って思いつつも(7月16日の記事参照)、どうしてもやりたいというふたりに根負け。

20180924_4

でも、これは結果的によかった!
待ち時間なしで、20分くらいはやらせてもらえたからね!
前のお祭では、散々待ってひとり5分だったから、それ考えたらまぁまだ許せるかなと。
しかも、はなが今回は、かなーり高くジャンプできてて、ほんとに楽しそうだったし。
で、17時半くらいになったんだけど、少しインターバルを取ろうと思い、広場隅のベンチで宿題をしながらしばし過ごしていたところ、チェコ人一家が到着!
ご主人も一緒で、車で来たようでした。
というわけで、うちがおもしろかったよ~と話した、ゴーカートを、今度は4組で。

20180924_5

ガツガツぶつかりまくってすごかったですw大盛り上がりでしたw
その後、バルーンの中に入れるところに行こうとしたら、ここで同じ学校の、うちの子達の間の学年の子とたまたま会って、チェコのお姉ちゃんはその子と同じクラスなものだから、大喜びで。
てわけで、5人でバルーン入りました。

20180924_6

これはなかなか難しいし、子供達悪戦苦闘してましたね~。
たまたま会った子はママがインド人でパパがフランス人という子ですが、インド人のママとはこの日以降学校でも会うと話すようになりました。
あ、それとここで、フランス語教室一緒のシリア人ママが声をかけてくれました。
その後、再びトランポリンをたっぷり楽しんで(今度はかいは回転したりしていました)、閉園19時近くなったところで解散。
思ったよりお金を使ってしまったので、今後は気を付けよう…と思ったイベントでしたが、でもまぁ、子供達楽しんでたし、交友関係も広がったし、またひとつフランスっぽい経験ができて、よかったかなと思います。

で、この同じ広場に、今日朝から出かけてきました。
今日はこの広場で、ブロカント(フリマ)があったのです。
先ほど載せた移動遊園地の写真、この移動遊園地の横あたりから、さっきの写真に写りきらなかったほうを、今日写真に収めますと…。

20180930_1

こんなかんじになっておりまして…。
分かりにくいと思いますので、もうちょっと近づいて撮りましょうかね。

20180930_2

分かりますでしょうか、ずらーーーーーっと、フリマの出店が並んでおります!
ちなみにここ、こーんなに広いのに、「Petite Pelouse(小さな芝生)」って名前らしいですよ…w
結構な出店数を、端から端まで見ていきましたが…。

20180930_3

朝9時頃に到着したんだけど、既に大賑わいで、すれ違うのも結構大変なくらいでした。
そんな中、主に子供向けのDVDや絵本、あと某家電を買ったりしました(このへんは機会があればそのうち)。
結構いい買い物ができたかなと思います!
そしてAKさんちが出店していました!フランスでブロカント出店できるくらいになりたいもんだ~!

…といったかんじの、シャンティイのPetite Pelouse、無駄に広い芝生広場のご紹介記事でした(笑)

2018年9月29日 (土)

4週目終了

月曜日。
学校では特に問題なかったようなふたりですが…かいに、先週の宿題の期限がおかしかったっぽい件を確認したら、やはり問題なかったようで、今日そのページやった…とのことで…(9月22日の記事参照)。
一体何だったんだろうなぁ…まだまだ言葉が理解できてないってだけなのか…。
大変すぎる姉の影に隠れてるけど、こちらもちゃんと見ていかないとですね…。

火曜日。
うちの学校は、幼稚園~中学校まで併設されているんだけど、この日、はなの学年は、コレージュ(中学校)に1時間ほど見学に行ったようです。
教室を見て回ったり、授業の様子を映像で見たりしたらしいです。
帰ってきたはなにどうだったか聞いたら、普通、とか、そんな答えが返ってきましたけどね…。
中学校に上がるタイミングで、多分公立校に移る子とか、他の私立校に移る子とか、いろいろいるんだろうなぁと思うし、なので学校としても生徒確保は重要なんでしょうね。
うちはまぁ、やはり英語は外せないので、ここ以外に選択肢はとりあえずないんだけども…。
話変わって…火曜日は、ふたりとも中国語の授業がある日なんだけど。
はなが、「今日中国語の授業で、テキストどこにあるかって聞かれたんだけど、私だけ持ってないからずっと首振ってたんだけど、でもYes?ってずっと言われて…」とかわけ分からないことを言い出した。
よくよく聞くと…以前の授業で、中国語のテキストを、生徒のひとり(おそらく当番?)が配ったんだけど、その時はなにだけ配られなかったとのこと。
4週目になる今週だけど、今まではテキストを使った授業がなかったようで、ここにきてそんなことになったそうだ。
そもそも、もらわなかった時点で、アクションを起こさないはなが悪いのは言うまでもないことだけど。
でも、詳しくは書いてこなかったけど、去年いくつかの授業に不満があった…とだけ書いてきましたが、そのうちのひとつがこの中国語で、途中から転入してきたうえに何も話さないはなが扱いにくいのは分かるけど、はなは授業中別枠扱いだったので…今年もそうなのかと彼女が思ったとしてもまぁ不思議ではない。
…まぁでも、ほんとはそんなことはなんでもない、ただ単に、彼女自身が何かを訴えるとか聞くとかそういうことが無理だから、というだけなのだが。
そんなわけで…私から担任に、こういう状況なんですが確認してもらえますかと、メールをしました…。

水曜日。
そんな話が、担任から、主任に早々に伝わり、放課後に主任から直接説明がありました。
みんな、去年から継続でテキストを使っていて、はなは去年途中から転入だったからテキストを持ってなかった、そしてそれを先生が把握してなかった、なので次回改めて渡すので心配しないで下さい、とのこと。
まーそれならよかったんだけど、それくらい把握しとけよな、中国語の先生…。
あとこの日は、先週のクラス写真撮影に続いて個人写真撮影の日だったんだけど、きょうだいは一緒に撮影したそうな。
で、いつもは集会がある水曜日、いつもなら集会でバースデーのお祝いがあるので、まさに誕生日当日だったかいは楽しみにしてたんだけど、残念ながら集会がなかったとのこと…(涙)

木曜日。
こちらの学校は、誕生日の子が学校にケーキを持っていってみんなで一緒に食べるのがスタンダードみたいで。
かいの誕生日は前日だったわけですが、先週時点で担任に、水曜当日に持っていっていいかを聞いたところ、水曜はバタバタするのでできれば木曜がいいとのことだったので、この日持って行きました。
で、持って行ったものに関しては、先日書いた日記の通りです(9月27日の記事参照)。
あとこの日は、夜19時から、Collège meetingというのがありました。
要するに、保護者に対する、中学校説明会です、出足早いですね…こんなものなのでしょうか…。
まぁ、うちの場合、中学校は現状ここしか選択肢がないので、説明を聞こうが聞くまいが結論は変わらないんですけど、とりあえず聞きに行ってきました…子連れでね。
また全編フランス語かしらと思ってたんだけど、最初参加保護者達にどちらの言語がいいか確認していったところ、私以外みんな英仏どちらも大丈夫ってことだったので、ほとんど英語で進めていただき、英語が得意でない先生が話してる時は隣でわざわざ通訳もしていただいたので、小学校での放置プレイを考えると本当にありがたかったです。
中学校での時間割やカリキュラムの進め方、修学旅行的なものなど、いろいろな話がありましたが、印象はとてもよかったですし、はなのような子でもきめ細かく見てもらえるんじゃないかなと思いました。
ただ、なにぶん、ディスカッションとか発表の機会が格段に増えるようだったので、果たしてそこで彼女が踏ん張れるかでどうかですね。
…ま、それ以前に、果たして今年度で彼女が小学校卒業できるのかが大問題ですが…。

金曜日。
1週間が終了。
音楽の時間はふたりとも同じ英語の歌を練習しているようですが、学年によってパートが違うようで、そんなことも家で話しています、かいは今練習してる歌が大好きなんだとか。
かいは昨日は体育でホッケーの試合をやって楽しかったとか(そういえばはなのクラスは前日またラグビーをやっていた)。
はなの学年はアートで某浮世絵の模写をしていて、とても素敵な作品が出来上がったようです。
…それにしても大問題なのが、今度はかい。
先週金曜も、言ってることと事実がめちゃくちゃだったってことがあって、私が大混乱したんですけども…。
昨日は、金曜恒例のフランス語のテストがなかったって言い出して、でもオンライン見たら点数がちゃんと上がってて(しかも出来がよくない)、同じクラスの日系のMちゃんにもメールで裏を取って少しずつ話をひも解いていったら、ちゃんとやってるし…。
そして、ちょっと流れで、そういえば先週りんご使ってクッキングしたんだよね?って話をして(先週確認するの忘れてた)、そしたら「作ったけど俺だけ食べなかった、みんな食べたって言ってたけど俺は食べてない」とかわけ分からないこと言い出して。
だって休んでないのにひとりだけ食べないなんてありえないでしょう?
で、ここでまたMちゃんに裏を取ったら、休みだった○○だけ食べてないけど他はみんな食べた、かいも食べてた、とのこと…。
でもこれはかいも断固として食べてないと言い張ってるんですけど…。
なんだろう…どうしちゃったんだろう?脳内がパンクしてるのか?それとも寝不足で午後に脳が寝ちゃってるとか?
はなのほうが気がかりだったけど、かいもこんな調子じゃ…忘れ物が多くてうんざりとか、そんな次元じゃなくなってきてる…。

2018年9月27日 (木)

おなかの中にいる時から

今朝、「お母さんが死んだ夢見た…」と、朝5時に起きてきたかい(ちなみに私は毎朝5時に起きます)。
台所で倒れて死んだっぽいです(苦笑)
人が死ぬ夢見るといいことが起こるんだってよ~なんて話をしつつ、せっかくなので学校に持っていくスイーツの最終工程を手伝ってもらうことに。
で、完成形が、コレ!

20180927_1

シュータワー!
ケーキが好きじゃないかいが食べられて、なおかつある程度インパクトがあるもの(笑)、ということで、ここに落ち着く。
ただ、中のクリームを、市販の、スプレー缶みたいな、押せばクリームが出てくるやつを買ってあって、それを夜に入れて完成させておいたんだけど、そのクリームがlegère(軽いやつ)で、中ですぐにへたってしまって食べても全然クリーム感がないと気づき(というか先週予行したんだけどなぜ気づかなかった自分…)、急遽それから家にある材料だけで作れたカスタードクリーム作って冷やしてから寝たので、朝にクリームを入れるという作業があり…それをたまたま起きてきたかいが全部やってくれて本当に助かりました(私ははなの弁当作りがあったので)。
あとは、この形状的に、学校までどうやって持っていこうかと(ラップするとデコレーションつぶれちゃうしね…)悩みましたが、皿ごとタルト型の上に乗せて、サラダスピナーのボウルをさかさまにかぶせたらとりあえずちょうどよかったので、それで持っていきました…(苦笑)
午後はインドママと約束していたのでちょっとお出かけ。
彼女、フランス語が全くできないので、全然出歩かないらしく、市内バスの乗り方を教えてほしいって前から言われてたので、彼女の家の最寄バス停から町の中心部に行って、1時間ほど主要施設を回りつつパンフレットもらったりとかなんだかんだしながら過ごし、またバスで帰ってきて。
途中、彼女の家にアポイントより早く来てしまった来客(工事の人)があり、帰らなければいけなくなったとのことで、私が彼女の子供達も学校でピックアップして帰ることに。
お迎えに行った時、かいの担任にもシューが「おいしかった!」と言っていただけたし、日系のMちゃんにも「うちのお母さんにも作り方教えておいて!」って言われたし、かいに聞く限りクラスの反応もよかったようなので、ほっとしているところです。

さて…いつもながら前置きが長いですが…昨日かいが誕生日だったことに関連して、子供の誕生時に関する日記を続けたいと思います。

はなは2008年11月10日生まれですが、予定日は10月28日でした。
予定日になっても生まれる気配はまるでなく、1週間経過したあたりで管理入院することになり、毎日促進剤を飲んだりしたんですけどそれでもちっとも気配なく、結局、正期産(予定日の1ヶ月前~2週間後の期間のことで、この期間に生まれれば正常なお産というか、早産でも遅産でもないという期間)の最終日に、点滴の促進剤をマックスの強さで入れて、あまりの痛みにのたうち回るも生まれてこなくて、結局途中から背中に無痛分娩の麻酔針を刺され(ただしこの針がまた最強に痛かった)、そこでようやく痛みも引いてお産っぽくなったところで、最後は結局吸引されて出てきた、という、絵に描いたような難産の、頑固だった娘。
体重は3600グラムでした。

一方のかい、こちらは2010年9月26日生まれですが、予定日は10月25日でした。
こちらはといいますと、9月24日夜に私がひどい腹痛で救急車で運ばれて緊急入院、2日後に緊急帝王切開で分娩…翌日から臨月っていう日だったもので、早産となりました。
救急車で血圧測った時点で上は180超えてて(その後190まで上がった時も)、妊娠高血圧症候群、昔で言う妊娠糖尿病っぽいかんじではあったんですけど、ヘルプ(HELLP)症候群というのにも似ていて、担当してくれた先生も、不思議がるような、見たことのない希なケースだったようです。
途中、陣痛も来て、先生も「もう赤ちゃんが出たがってる、体が妊娠を終わらせようとしてる」って言ったりしてたんですが…その後うまいこと自然分娩の流れになれず、結局帝王切開。
元々胎内での発育状態はよくなかったんですが、そんなわけで正期産より1日だったか早くて早産になり、出生体重は1766グラム、はなの半分以下で、生後1ヶ月以上、2500グラムを超えるまで、退院できませんでした。
おかげで今もちびっこですね、まぁでも幼稚園児のうちに富士山2回登頂できる程度には元気に育ってくれてますが。

そんなこんなで、まーふたりとも難産中の難産だったため…ふたり目の産科の先生には、もう3人目はやめなさいと言われました。
もともと妊娠にも出産にも向いていない体だったようで…大げさなものではなくてほんの少しだけど2回とも不妊治療的なことはしているし、ふたりの間で一度稽留流産もしているし…なので、ふたりも何とか無事に産めたのが奇跡だと思います。

ところで…そんなふたりが成長した今の状況を見ていると…なんか、生まれる前から、もう性格って決まってたんだろうな~と、思わずにはいられない。
かいはもう、外に出たくて出たくて仕方がなかったかんじ。
はなは、外に出たくなくて出たくなくて仕方がなかったかんじ…引っ張り出されてイヤイヤ出てきたかんじ(苦笑)
 …でも、はなも、胎動はすごくて、あばらをギターの弦を弾くかのように蹴り上げられたり、おなかの中に麺棒があっておなかの壁にグリーっと押し付けてるかのように足の動きが見えたり、まーすごかったですけど…あの頃から内弁慶だったんでしょうね…(笑)

2018年9月26日 (水)

Il a 8 ans!

昨日は午前中所用で役所に行って、午後はフランス語教室。
そしてレッスン終了後そのままお迎えに行って、帰り道たまたま、同じアパルトマンのチェコ一家と一緒になったんですけど(彼らはキックボードで通ってるのでなかなか一緒にならない)、うちがこれからかいのバスケだって知ってるので、もしよかったらはなだけうちに遊びに来る?という願ってもない申し出が!
かいは完全にすねて大変でしたけど(苦笑)はなを預けてふたりでバスケに行ってきました(お父さん出張だったので車で)。
そのバスケには、同じアパルトマンのリトアニアンの娘ちゃんが体験に来てたし、まーなんだかよく人に会うなぁってかんじ、やたら英語しゃべってる…(笑)
帰宅後すぐにはなを引き取りに行こうとしたら、子供達、よその子も混じって、中庭でなにやら遊んでました。
はなは、日本語が通じない環境のおうちにひとりで遊びに行ったのは初めてだったので、これもまたいい経験になったのでは?
サンドイッチ頂いたり、おうちでおもちゃで遊んだりした後に、中庭で遊んでたようで、「普通に楽しかった」とのことで…なんとかならんのかその感想は…(苦笑)

そして今日は、朝子供達を学校に送ってから、学校の日本人ママKさんとカフェでお茶してきました!
ずっとメールのやり取りがメインで、送り迎えではあまり顔を合わせなかったり、合わせてもなかなか話すタイミングがなかったので、初めてゆっくり話せました。
お互いのここまで流れ着いた経緯から、お父さんどうしの会社(同じ会社です)のこと、学校のこと、習い事のこと、フランスへの文句など(笑)、マシンガンで話すこと約3時間!あっという間でした!(笑)
半日でお迎え行ってからはそのまま隣駅へ電車移動し、また駅内のモノップのイートインスペースでゆっくりお昼をすませてからの、ソルフェージュとバレエのコースでした。
バレエは、なんか振付みたいなのが始まってました…6月の発表会に向けてもう今から少しずつ振り入れてるのか?それともその前にもなんか発表の機会があるのか?謎です…。

さて!大事な日記なのに、前置きが長くなってしまいましたが、今日のメイン、今日はかいの8歳の誕生日です!!
実は誕生日プレゼントは10日前くらいに既に買ってあって…。

20180926_2

任天堂Switchの、ドンキーコング。
夏の一時帰国時、フィアンセちゃんちでやらせてもらって、すごく気に入りまして、中古売ってたので買いました。
フランス語の勉強にもなるかしら?と思ったら…なんと普通に日本語!!!!!これはちょっと残念(苦笑)
まぁ、かいが喜んで毎日やってるのでいいんですけども(相変わらず1日15分制限ですけどね)。
あとは数日前に、今日に向けて、日本から買ってきてあった飾りつけをしました。

20180926_3

こういうの、今までしたことなかったんですけどね、今後パーティーとかするようにもなるかもしれないので、買ってきてありました。
あとケーキは、かいが実はあまりケーキ好きな子ではなくて…でも、アイスケーキ食べたいみたいなこと言ってたので、昨日Picardに行った時にそれらしきものを買ってみました。

20180926_3_2

クリスマス???wwwww
食べてみたら…。

20180926_4

実際はアイスではないんだけど、ちょっとアイス感がありまして…キャラメル味かな。
なんとお父さんが一番ドハマりでした(笑)
私とはなは少し食べたらもうギブアップでしたけど(苦笑)
かいは明日のおやつに食べるそうです(笑)
あと、明日学校にケーキ(代わりのもの)を持っていく予定で、今絶賛制作中なのですが、それについては別の日記に埋め込みますね。
ともあれ…忘れ物多いし、人の話聞いてないし忘れるし、集中力ないし、行動が危なっかしいし、食べ物の好き嫌いも多いし、毎日怒ることも多いけど…でも優しいし元気だし明るいし誰にでも好かれるし、我が子ながらほんとにいい子だなと思うし…過去には額を7針縫ったり、手を亀裂骨折したり、それなりに男子らしいこともありましたけど、よく元気に8年間育ってくれたなと思います。
フランス生活、まだまだ大変なことも多いでしょうけど、かいならきっと乗り越えられると思います!頑張れ!てか一緒に頑張ろう!

2018年9月24日 (月)

パリのカラオケスタジオ

昨日日曜日、シャンティイでブロカント(フリマ)があるってことで朝から行ってきたんですが…出店者、なんと3組!
雨で寒かったこともあったにしろ…ひどい閑散ぶりで、ものすごい空振りでした…。
来週もシャンティイの別の場所であるようなので、行ってみようかなとは思ってるんですが…。

さて、今日はようやく、9月16日(日)のパリ日記の続きを書こうと思います(9月21日の記事の続きです)。
ヨーロッパ文化遺産の日ということで、アンヴァリッドに行った後、最近フランスブロガーさんの記事で知ったカラオケスタジオに行ってみることにしていました。
「CONCERTO」というカラオケ店です。
レ・アール地区にあるんですけど、日曜日ということで、周辺の店はカフェ以外全然空いてなくて閑散とした街中で…カラオケ店もうっかり見逃しそうな、日本のようなド派手な看板が出てるわけでもない、ほんとちょっとしたブティックかなんか?と思いかねない外見(写真撮り忘れた)。
私達は14時に到着したのですが、HPを見ると13時半オープンになっているけど、ちょうど店員さんが店を開けてるところだったような…そんなところに1番乗りで到着した我が家。

20180916_22

中はこんなかんじでこじんまり。
扉は普通のかんじだし、正直あまり防音感はないような?

20180916_23

エントランスにもお部屋にも日本の写真がたくさん飾られていました。
外見アジア系の男性の店員さんがひとりでやってましたけども、日本語がだいぶお上手で、日本語対応していただきました。
日本の歌だけを歌うか、フランス語の歌も歌うかと聞かれたので、どちらも歌うとお願いして、すぐ目の前のお部屋に案内されました。
さっそくひと通りの設備の説明が。

20180916_24

大画面は日本と一緒ですが、横についてる機械、これはフランスの歌を入れる専用の機械。

20180916_25

日本の歌を入れたかったら、こちらのWiiを使用、使い方は日本のカラオケのリモコンとほぼ同じなのでそれほど問題なし。
ただ、フランスの歌と日本の歌の機械がそれぞれ違うのでリンクしてなくて、日本の歌はHDMI2、フランスの歌はHDMI3と、いちいち画面を切り替えなければならず。
ということは、両方の機械から同時に曲を入れてしまうと、同時に再生されてしまって、どちらかを歌ってる間にどちらかの曲は進んでしまっているので…なので、「私次こっちで入れるからそっちでの入力は待ってて」というようにしなくちゃいけないのが結構面倒でした。
まぁでも歌えるだけありがたいよね。

20180916_26

日本語の歌の画面(かいがドラゴンボール超の主題歌歌ってますな)。
画面、日本のカラオケみたいなメロドラマ的な背景に変えられるというのは、最後のほうまで気づかず。
まぁ、どっちでもいいんですけどww

20180916_27

一方のフランス語の歌は、こんな無機質な画面で(変えられたのかなぁ、多分無理だよなぁw)。
これは子供達ふたりでアナ雪のありのままでのフランス語バージョン熱唱中の画面。
そう、今回、子供達も私も、普段から聴きまくっているディズニー主題歌フランス語バージョンを結構歌ってきました!
でも、なんか途中でいきなり切れちゃったりとか、あと歌いたいのが入ってなかったりとか、残念なこともありましたけど。
ま、いろいろ歌いました、かいはいつもながらドラゴンボールメドレー状態だし、学校で覚えたビートルズも歌ってたり(ビートルズについてはまたそのうち機会があれば)、はなは誰よりもディズニーにこだわった他、日本で一時期覚えた曲をたくさん歌ったり、お父さんはXやらボンジョビやら、私はパリの中心部で天城越え歌ってみたりとかww
あ、そうそう、すっかり空腹だったので、食べ物も頼むことに。
ちなみに、食べ物は持ち込み禁止、飲み物は持ち込み料金を払えば持ち込んでいいらしいです。

20180916_28

メニュー。
良心的な値段のあたりをオーダー。

20180916_29

こんなかんじ。
ま、おつまみ程度でしたが、そこそこ満たされました。
そうそう、室内には日本みたいにフロントと話せる電話はないので、注文はフロントに出ていってするかんじ。
時間になったら退出すればよかったみたいなんですが、とりあえず10分前になったところでお店の人がノックして入ってきて「あと10分です」と伝えられ、ギリギリまで粘ってたら「すみません時間です、次の予約が入ってるので…」と容赦なく追い出されるw仕方なく歌も途中で切って終了w
ま、2時間たっぷり歌って、子供達も大満足の模様。
値段は…日本のカラオケの相場がイマイチ分かってないんだけど、多分変わらないくらいだったんじゃないかな~、ちなみに子供は半額でした。
お父さんが会社の人とカラオケしたいって話になってたそうなので、下見にもなってよかったんじゃないですかね。
また来たいなと思えるカラオケボックスでした!
ちなみにこの後、はなと服を見に行こうって話をしていたんですが…日曜の現実をすっかり忘れていました…目的の店も見事に休みで、はながっくり…。
ま、また10月のヴァカンスの時に、パリに来る予定入れてるので、その時までお預けかな。

2018年9月23日 (日)

乗馬レッスン・障害物登場!

さて、昨日土曜日はまた習い事盛りだくさんの日でした。
朝ははなと私とふたりで出かけ、はなをバレエに置いていき、私は食料品や雑貨を買って回ってからお迎えに戻り。
家ではお父さんとかいは走りに行ったりテニスをしたりしていたようです。
午後からは3人で出かけ、まずは乗馬へ。
終わってからはそのままかいを柔道クラブに送り届けてから、私とはなは一旦帰宅、私は晩ごはんを作ってからかいを迎えに。
戻った時はちょうどかいが練習試合中でしたが、見事に技あり取られてました(苦笑)
もっと食べてもっとトレーニングして大きく強くならないとねぇ…。

ま、そんな1日でしたけども、乗馬の話をもう少し。
木曜日、放課後がフリーでなおかつ車が使える貴重な日だったので、先週のレッスン時に教えてもらった馬術用品店へ行ってきました。

20180920_7

結構な大きさのお店。
恐る恐る中に入ると、ほんと、馬術用品だらけ。
片言で、初めて買うんだけど…ということを伝えると、とても感じのいい女性の店員さんが対応してくれて、ヘルメットは新品しかないけどブーツと手袋は中古がある、どっちがいいかと聞かれたので、中古のほうがいいと伝え、選ぶのに付き合っていただけました。
途中、英語を話せるお客のムッシュもちょっと手伝ってくれたりして、ブーツと、ズボン、手袋を購入することに。
中古とはいえそこそこの値段がするんだろうと思ってたんですが、ブーツも3ユーロとか5ユーロとか、一番高かったズボンで10ユーロとか、なんだこんなにお手軽価格で買えるのか!とびっくり。
当初、ヘルメットも買おうと思ってたんですが、考えてみたら自転車用のヘルメットを日本から持ってきてあったので、それでもいいのかと聞いてみたら大丈夫だってことだったので、新品しかないってことだったし(そして1万円は超える)、じゃあとりあえずそれで様子を見よう、と。
てわけで、本日、それらを初めて身につけての練習。

20180922_1

なんか、急にサマになったww
今週も、先週と同じポニーだったふたり。

20180922_2

今気づいたんだけど、8人同時に練習していて、男の子はかいひとりだわ。
このひとつ前の時間も女の子のほうが多いような…全体的に何となく女の子のほうが多い印象。
今週は、ギャロップをやる子が先週より増えていたんだけど、最後のほうではなも「やってみる?」って聞かれてて、うなずいて答えたはなは、1周だけギャロップに加わっていました!…が、スピードに体が持っていかれてて、完全に後ろのめり状態…危なっかしい…。

20180922_4

みんなプロテクション着てるし、やっぱり必要かな…来週の練習前にまたお店に行って買ってこようかな、中古があるといいんだけど。
あと後半は、障害物が出てきましたよ!

20180922_3

ほとんど跳んでるうちに入らないくらいのものでしたが、まずは跳ぶ瞬間に自分も馬上で立ち上がるんだっていう感覚とタイミングを練習するってかんじでした。
なんか、意外と展開早くてびっくりします。
柔道で一緒のママのYさんによると、毎年7月にはちびっこもちょっとした大会?競技会?に出たりするみたいだし、これからどんなふうに練習が展開していくのか楽しみです。

2018年9月22日 (土)

3週目終了

また1週間が終了したところで、振り返り。

月曜日。
学校では特別なことはなかったような気がします…覚えてないです…。

火曜日。
覚えてる方がいらっしゃるか分かりませんが、うちの学校には希望者のクワイアクラブ(コーラスクラブ)があって、私は今年ははなとかいにもそれに入ってほしいと思っていて、クラブ担当のかいの元担任にその話はしてあったんですけどね。
なんか、新年度始まったのに、全然お知らせメールとか来ないな~と思って、ようやくその元担任を朝つかまえて直接話を聞いたんですけども。
そしたら、今まではクワイアは昼休みに練習していたので、クワイアの子達は休み時間が少なくなってしまって大変だったから、今年から全学年の音楽の授業をこの先生が担当することになったし、音楽の授業の半分をクワイアに充てることになったんですって。
なので、はなももちろんやるんですよ!って言われました。
なるほど、そうなったのか!それならクラブ参加断固拒否だったはなも否応なしに歌わざるを得ないわけだな(それでも歌わないだろうが…)。
私はこの先生のことは本当に信頼しているし頼りにしているので(この日も久しぶりにお話しして、本当に聞きやすい英語で優しい語り口で癒されたわ…)、週に1回の音楽の授業だけとはいえ、はなに関わってもらえることを本当に嬉しく思っています。
本当は歌うの大好きな子なので…なんとか先生、うまい具合にはなを持っていってくれないかなぁ…難しいのは重々承知ですが…。
そして別件。
前々から分かっていましたが…はなが、インドの子とあまり性格合わなくて…イヤ、はなと性格が合う子を探すほうが難しいのだが…。
すごくいい子なんですよ!すごくいい子なの!なんだけど、グイグイ来るタイプなので…はなは一番苦手なタイプ(苦笑)
ちょっとね、学校でもはながイヤなことがあったりするみたいで…まぁ確かにそれは困るなってことだったので私からも先生に連絡したんですが…結局去年隣だった子と同じようなことがまた起こっていたんですよね…。
インドママも結構、はなに「声を出して!話して!」って来るタイプなので…イヤ、すごくありがたいんですよ、親切心なのは分かってるんだけど…でも今ようやく事態が好転してきてるところをゆっくりゆっくり見守ってるところなので…うーん、ちょっとね、私も対応に困ってます。
毎日の帰り道に関しては、ほんの10分程度のことなので、とりあえずこのまま様子を見ようとは思ってるんですけど。

水曜日。
もともと半日授業の日で、さらにはそのうち半分が集会でつぶれる日ではありますが、この日はさらにクラス写真撮影があって、全学年ずっと外で写真撮ったり順番じゃない時は遊んでたりして、1日中勉強しなかったそうです。
驚愕だったのが…クラスごとに背の順で並んで写真を撮ったらしいんですけど、かいがクラスで一番ちっちゃかったってのはまぁ想定の範囲内ですが、はながクラス10人中前から3番目だったっていうね…!みんな大きいよ!はなだって日本じゃ真ん中よりは後ろだよ!
そうそう、この日はかいは、学校に忘れ物をしてきたんじゃなくて、家に忘れて行ったよ…水筒と、おやつと、授業のファイル…テーブルに置きっぱなしだったよ…。
たまたま授業が全くなかったからいいものの…ほんっとに困ったもんです…。
あと、そうだ、集会の時に、音楽の授業で練習したことを1クラスずつ前に出て発表したらしく、はなも頑張ったようです。

木曜日。
放課後車で直接馬術用品店に行って買い物しようと思っていたので、少し早めに車で学校にお迎えに行って駐車場に停めたら、駐車場のすぐ横が裏庭(グラウンド代わり)なんだけどそこでちょうどはなのクラスが体育の最中で、ラグビーのようなものをやっていたので、車の中から様子を見ていました。
はなはいつも体育は参加してるって言ってましたが、実際わりとよく走ったりして動いていたと思います。
ただ、ボール取るのとかは、もう致命的に下手なんですけどね…足は内股で腰引けてて、両腕ぴんと伸ばしてて…そりゃ取れんわ(苦笑)
でもこれも、最近発達障害の本を読んで知ったんだけど、やっぱり障害の一環みたいで、でも練習していれば改善していくらしく…実際彼女は3歳からバレエをやってるからダンスは上手だし、それ以外の運動はやってこなかったからとにかく下手ってかんじなので、ダンス以外もやってればよかったんでしょうけど…まぁそうは言ってもあれもこれもってのは実際無理ですからねぇ。
それから、はなはテクノロジーっていう謎の授業の時間にクッキングをしたようでした。
あと、かいの担任に聞きたいことがあったので捕まえて話したんですが、かいは今学年最初の頃は授業中はだいぶおとなしかったみたいなんですけど、最近になってようやく手を挙げたりちょっと元気になってきたとか…ちょっと意外でした。
学校自体は楽しんでるし、とても成長もしてると思うけど、やっぱりまだまだ言葉が十分に分からない授業に参加するのは、彼の性格を持ってしても大変なんでしょうね。
そう考えたら、はななんてよく毎日頑張ってるほうですよね…(苦笑)

金曜日。
また1週間が終了しましたが…最近のはなは、またちょっとずつ、元気がなくなってきてる感があります。
今も日系の子と休み時間に会ったり遊んだりはしているようだけど、どうもその頻度は少なくなってきてるのかも。
学年違うし、別の友達もできてきてるんでしょうね。
ちょっとまた、注意深く様子見ていかなくちゃなっていうところです。
昨日はふたりとも音楽の授業があった日ですが、ふたりとも英語の歌の練習があったようで、はなも小さい声ながら歌ったって言ってました、よかったよかった。
それから…金曜日は毎週英語とフランス語の単語テストがあり、範囲は事前に発表されているのでふたりとも1週間ちゃんと練習していきましたが、はなは1問だけ間違い、かいは全問正解だったようです。
ところが昨日問題だったのが…かいが、フランス語の宿題をやってなかったって担任の先生に怒られたって。
イヤイヤイヤイヤ、だってネット見たって来週月曜日までって書いてあるじゃん!!!!!
ほんっとにややこしいんですけど、こちらの宿題って、今日出たものを明日までやってくるっていうものじゃないんですよね、例えば英語の宿題は月曜日に出て来週の月曜日までにやる、算数は月曜日出て金曜日までにやる、とか、妙なインターバルがあるうえに期限が教科によって違うわけ。
今日出して明日までって言われたほうがどれだけ潔いか!!
ちゃんと期限見てたのに怒られたって…すごい腑に落ちないんですけど…。
…でもね、かいが、この他にも、単語テストも範囲になかったところも出てたとか言うもんで、あまりにもおかしいなぁと思って、昨日の夜、日系のMちゃんママのKさんに連絡して聞いてみたら(実は今同じクラスなのです…詳細はのちほど)、宿題範囲のページは何もしてないし、テストも範囲のとこしか出てないって言ってるって…。
何なの???どうなってんの???
かいの場合、まだ言葉も分からないから、状況が理解できないとかいうこともあるとは思うんだけど…それにしてもこの話の食い違いは何なんだ???
かいは集中力もないほうなので、話があてにならないこともあるんですけど…それにしても違いすぎだろ…それに集中力うんぬんの問題じゃない状況だし…よく分からない…。
…いずれにせよ、今後はできるだけ、出された宿題はすぐに終わらせるようにします…。

以上、今週のことでした。

ところで。
フランスでは、留年や飛び級は、小学生のうちから珍しくないことというのは、聞いてはいましたけども。
どうも、うちの学校でもこれは例外ではないらしく…。
うちの学校はインターなので毎年入れ替わりが激しく、今年も20家族以上新しく入ってきたようで…なので、最初の1週間は先生達も様子見ってところがあるみたいなんですけど、その後突然、「明日から上のクラスでどうですか?」とか、その逆もまたしかり、そういう話が1週間過ぎたあたりに、あるところにはあったようで、2週目から、突然あの子が同じクラスになったとか、そういうことが起こっていました。
そんな話の中で、はなも、あの子はほんとは年上なんだって、みたいな話をしてきたことがあって。
その流れで私も、それはあなたにも十分あり得るんだからね、って言ったんです。
というか正直、そもそも進級できたのも奇跡だと思ってますけども…。
お母さんはあなたに頑張れって言うのをやめたけど、だからといって先生達がそう思ってくれるかって言ったらそれは違うからね、1年経って、「あぁやっぱりこの子は全然成長してない、相変わらず全然しゃべらない」ってなったら、あなた来年中学生にはなれないからね、また同じ学年もう1年やることになるからね、別にそれでいいって思って変わらずこのままいるか、それは嫌だって思って頑張ろうとするか、それはあなたに任せるけど…こんなようなことを話しました。
もちろん、はなの成長はゆっくり見守っているところではありますが、実際のところこれがこの国の現実です。
本人がどう思ってどうするかは、私からは強制するつもりはありません、なんなら留年でもいいと思ってます、けど、現実だけは伝えておいて、あとは本人の意思に委ねようと思います。

2018年9月21日 (金)

ヨーロッパ文化遺産の日

今日はこれから午前にフランス語教室行ってきます。
すっかり遅くなってしまいましたが、いい加減9月16日(日)のパリについて書こうと思います。

先週末、9月15日と16日は、ヨーロッパ文化遺産の日ということで、フランスだけでなくヨーロッパの様々なところでイベントが行われました。
毎年この時期恒例なんだそうです。
普段は入場できない建物に入れたり、入場料金が無料になったり、いろんなイベントが催されたりします。
フランスでは人気なのはエリゼ宮(首相官邸)で、朝から並ばないととても入れない…とか、とにかくみんな、「どこに行こう?」ってなる週末なんだそうで。
シャンティイ市内でもどうやらあちこちでイベントが行われていたようなんですが、私達は今回パリへ。
どこに行こうか、私は決めかねていて、子供達がいるからそんな長蛇の列には並べないし、どうしようと思っていたら、お父さんが「ナポレオンの墓に行きたい」って言うもんで、すんなりアンヴァリッドに決定。
アンヴァリッド、日本語では廃兵院という訳がついているようで、以前参加したヴェルサイユツアーのガイドさんが「誰がこんな訳つけたんでしょうねぇ…」って言ってましたけど、ほんとですよね…ともあれ、その昔ルイ14世が傷病兵を収容するために建てたもので、今はそこにナポレオンのお墓があり、また軍事博物館が併設されているというところです。
私はお墓はともかく(お父さんは著名人のお墓を見たがる人で、私は興味ない人)、軍事博物館のほうには興味があったので、結局そこに決定。
ただ、そこだけだと子供達がさすがにかわいそうなので、後半はカラオケに行くというおまけをつけることにして、実は家族で行くのは初めて同然のパリへ出発(以前私の仏検受検のために車で4人で来ましたが、その時は私は受検、3人はリュクサンブール公園で時間をつぶし、試験終了後は市内混雑を避けるため早々に退散したので)。
休みだったのでどうしても出足が遅くなってしまい、電車を乗り継いでアンヴァリッド駅へ到着した頃には既に12時近く。

20180916_1

駅から出ると、広々とした公園の向こうに、アンヴァリッドが見えました。
ヨガをしている人達もいましたよ。

20180916_2

反対側を見ると、アレクサンドル3世橋が。

20180916_3

近づくと、MUSÉE DE L'ARMÉE(軍事博物館)の文字が…大砲も並んでいます。
軽い荷物チェックを経て、建物内へ。

20180916_4

入口すぐのところに、簡単に作れる紙のナポレオン帽子が置いてあって、子供達はふたりともかぶりました。
フランス人達、大人もいっぱいかぶってました(笑)

20180916_5

大砲がずらっと並んでいて…。

20180916_6

子供達は当然こうなる。
てか、大砲をこんなに装飾するのかね…時間も手間も無駄でないのかね(苦笑)
さて、とりあえず適当に、左側の館内を通り抜けて奥に進んで右側から戻ることにしてみる。
いろんな戦争の解説、フランス語で書かれたパネルが柱に貼られてたりしたけど、当然ながら読めず。

20180916_7

なんか、戦争関連の、いろんなブースがありました…昔の写真や映像をたくさん置いてあったり、武具が置いてあったり、制服が置いてあったり。
よく分からないのでただ通り抜けましたが、一旦建物を裏手から出て、奥にある金色のドーム屋根の建物に入る。

20180916_8

入ってすぐの光景はこんなかんじ。
正面のあの十字架も、どなたかのお墓なのです。

20180916_11

館内、こんなかんじでお墓が配置されています。
真ん中のナポレオンのお墓は、上から見ると…。

20180916_16

こんなかんじで。
とりあえず右側半周→下に降りて→戻ってきて左側半周、のコースを取ってみる。
あ、ドーム屋根の内側。

20180916_9

そして周りのお墓は…。

20180916_10

20180916_12

それぞれに創意工夫がなされておりました。
きっとどれも、フランス人なら誰もが知ってるような有名人のお墓なのでしょうね。
さて、最初に載せた写真の、十字架のお墓の両脇に、下の階へと続く階段があります。

20180916_13

十字架の裏側に地下への入口があるのですが、その入口の上に、「余は、余がかくも愛したフランスの市民に囲まれて、セーヌ川のほとりに憩うことを願う」というナポレオンの遺言が刻まれています。
地下の通路を進むと…。

20180916_14

これですか…。
お父さん曰く、中は5層になっているとか。

20180916_15

下から上を見上げたかんじ。
というか、私的には、お墓を取り囲む通路が大理石だらけなことに軽く興奮(平らなもののつるつるフェチなんです…)。
イヤしかし、元々あった建物の、真ん中くりぬいてこんなふうに作っちゃったんだよねきっと?
そしてこんなふんだんな大理石。
権力とはすごいものですわぁ、なんて思いましたが、まぁそれくらいすごいことをした人なのでしょうね。
お父さんは今ナポレオンの本を読んでいて、それでここに来たかったそうなんですけど、私は正直ナポレオンに関してはそれほどの知識はないので…でもたくさんのフランス人達がここに来て見ているところを見ると、日本人には分からないほど彼らにとっては偉大な人なんだろうなぁなんて思ったり。
というわけで、室内を一周して、ここを出てからは、また博物館のほうに戻り、今度はまだ行っていなかったほうを通って帰りますが、こちらのほうがほんとに博物館でした。

20180916_21

こんなかんじの部屋が2部屋。

20180916_17

壁一面に剣や銃や槍。

20180916_18

戦えないだろこんなの…。

20180916_19

鎧や盾も。
日本の鎧もふたつほど展示されていましたが、撮影禁止になっていました。

20180916_20

お馬さんも受難の時代よねぇ…。
といったかんじで、ざっくり一周しました。
まだまだたくさんの部屋があって、シャルルドゴールの博物館とか、立体地図博物館?とかあったっぽいんですけど、館内がイマイチ分かりにくかったのと、あとなにしろお昼をだいぶ回ってまして、かいがおなかすいたと騒ぎ始めたので、まぁこんなところでよしとすることに。
この後にはカラオケが控えてましたから、帰りがあまり遅くなるのも得策ではないですからね。
といったかんじで、初めてのヨーロッパ文化遺産の日はとりあえずこれだけ。
私達がこっちにいる間にあと何回あるか分からないけど…来年もまたどこかに行けたらいいな~。
フランス在住の皆さんのブログを見ると、豪華絢爛な建物に行かれた方達や、イベントに行かれた方、それぞれに楽しんでいますし、選ぶのも悩みますね~。
というわけで、カラオケ編に続く!んですが、多分数日別のネタ(学校と習い事と)をはさむと思います…ほんとは途中に別の記事が入るの好きじゃないんだけど、まぁまるで内容に連続性ないからいいか、と。
書かないうちに、どんどんヨーロッパ文化遺産の日から離れていってしまうしね…(苦笑)

2018年9月20日 (木)

「ソ」だけ「ソル」の謎(盛りだくさんの1日を添えて)

昨日は学校半日の水曜日でしたが、盛りだくさん。
来週にかいの誕生日を控え、学校にケーキ(のようなもの)を持っていこうと思っていて、午前中はその予行をしたりとか…(その前にお父さんの誕生日が実は今日だったり…)。
お迎えに行っていつも通り途中までインドファミリーと帰ってきたんだけど、別れてから、うちと同じアパルトマンに、同じ学校らしき親子が入っていくところが見えて、慌てて追いかけて声をかけたんです。
お姉ちゃんと弟のきょうだいで、時々登下校で見かけるから、何となく近くに住んでそうだなとは思ってたんですが、まさか同じアパルトマンとは!(別棟でしたが)
チェコから2週間前に来たとのことでしたが、フランス語も英語も話せるママでした。
子供はお姉ちゃんがうちの子達の間の学年で、弟くんがかいと同じクラス。
あとで遊ばせる?って言われたんだけど、午後は忙しかったのでそれはできず(というか私this afternoonって言われてるのを聞き逃してたみたいで、今度遊ばせるって意味かと思ってyesって言っちゃって、一旦別れたんだけど、子供達が「今日の午後遊べるの?this afternoonって言ってたよ?」って言うもんで、慌ててまた追いかけてごめんなさい今日は…って話をしたっていうね…私の適当っぷりもたいがいだけど、子供達の成長も感じられました…)、ゆっくりは話せなかったんですが、少し話して電話番号聞いてきたので、今度はぜひ遊びたいと思います。
今年度に入ってから、素敵ママ達と何人も出会えていてとても嬉しいです!
ファーストネーム名乗りながら握手の手を差し出してくれるあたりがなんとも西洋らしいです(笑)
そして午後は、車があったので、13時半からかいをバスケに連れていって体育館に置いてって、そのまま私とはなはコンセルヴァトワールに移動して14時からのソルフェージュ、1時間私はそこで勉強と読書して過ごし、15時に終了したはなを今度はバレエの体育館に連れていって置いていき、バレエは15時半からだからちょっと早いけど待ってるように言い、すぐにかいの体育館に戻って、15時に練習終わっててそのまま体育館に残って宿題して待ってたかいを拾い、その後買い物してから17時にはなの体育館に戻ってピックアップ…という流れ。
久しぶりだな~この行ったり来たりのかんじww日本での直近1年間は毎日こんな調子だったww
かいのバスケには、15時に戻れないから30分ここにいさせてほしいってことをフランス語で伝えておいて、了解をもらった状態でした。
実際はなをソルフェージュから体育館まで連れて行くのになんだかんだで10分、そこからかいの体育館に戻って、ちょうど15時半ってところでしたね。
車があるとこの流れでなんとか全部の習い事を無駄にせずにしかもラクに行かせられるので、やっぱり近いうちに車がほしいところ…。
あ、それから昨日は18時から、ずっと壊れていたインターホンの修理の人が来てくれて、ようやく誰が来てるか分からないのにエントランスを開けなきゃいけない状態から解放されました!\(^o^)/
これで宗教勧誘は大丈夫かな…(苦笑)

さて、前置きがだいぶ長くなったんですが…ソルフェージュがあったので、ちょっとソルフェージュつながりのネタを書こうと思います。
あ、昨日のソルフェージュも、先週同様、知らなかったことは特になかったとのことで…昨日は二分音符とか習ったみたいですけど。
そんなソルフェージュのノート写真を先週載せたんですが…。

20180912_1

気付いた方いるかな?音階の名前も書かれてるんですけど、「ソ」が「sol」、「ソル」なんですよ!
他の音階は全部、日本同様なんですけどね、ソだけなぜかおかしなことに!
子供達は学校で音楽の授業があるので、これは前から知っていたようなんですが。
よく分かる動画が、コレ↓

https://www.youtube.com/watch?v=1Vy4Q_XLOCM

「おしゃれキャット」の中の歌なんですが(これもうちで普段から聴いてる曲のひとつです)、「ドミソルドドソルミド」って歌ってるんですよね~。
これはフランス語だけなんだろうか…???

2018年9月16日 (日)

習い事スタート(バレエ・乗馬・柔道編)

今日はこれから家族でパリです!ので、怒涛の昨日について更新してから出発します。

土曜日、ついに、習い事3本立てがスタートしました!
まず朝9時半~11時、はなのバレエ、週2のうちの2回目。
はなをバレエのスタジオに送り届けてから、私達は3人で買い物をして(というか私はひとりで食料品を、お父さんとかいは別の買い物を)、その後時間前にはなのスタジオに戻り、私はレッスンを最後見届けました。
終了後話を聞くと、水曜よりはだいぶ動けたとのこと。
まぁそうだよね、学校もないしソルフェージュもないし、朝イチなのでだいぶラクだったでしょう。
少しずつフランス語も理解していって慣れてくれたらいいかなと思います。

帰宅後すぐにお昼を食べてひと休みしてから、今度は私と子供達で、いよいよ乗馬へ!
こちらは14時半~15時半ですが、かいはまだ小さいのでとりあえず30分コースを10回体験してみて…ということになっていました。
時間より早めに行きましたが、前のクラスが終わらないことには何もできないかんじだったので、しばらく待ちまして。
ここ、犬もたくさんいるんだけど、そのうちの1匹がとても賢くて、かいのところにテニスボールを加えて持ってきて、「遊んで!」とアピール…かいがボールを投げると喜んで取ってくる…すごい…。
しばらくすると、乗せてもらう馬が出てきて、それぞれブラッシング開始。

20180915_1

そしてその後いよいよ騎乗して、レッスンスタートしたのが、もう14時45分とかだったと思いますが…まぁブラッシングも含めてのレッスン時間ってかんじですかね(笑)
屋根のついた練習場に移動して、全部で7頭かな、一緒に練習スタートです!

20180915_2

うちの子達はもちろん最初は馬を引いてもらってスタートしていたんですけど、間もなくはなが、そしてかいも、引かれずに乗っていました!

20180915_3

しかも結構なスピードアップもして、うわー初日からこうなるんだ!とびっくり。
あの、立って座って立って座ってと繰り返す動きも、もうスタートですよ。
完全な素人調べなんですけど、今ウィキ見たところ、これは軽速歩(けいはやあし)に当たるのかな?(違ってたら誰か訂正お願いします)
その後、できる子達だけで駈歩(かけあし)をしてましたが(これはgalopって言ってたから間違いないと思う)、ほんとに速かった…その間他の子達はちょっと馬上で休憩。
かいより小さいんじゃ?って子もしっかりギャロップやってる子がいて、すごかったです。
かいは30分で終わりなんじゃ?と思ってたんですが、結局最後までみんなと同じメニューをやらせてもらい、最後は「ふたりともできてるしかいも続けられる」と言っていただいたので、今度改めて登録することに。
かいは後半で手綱を持つ手をすりむいてしまったので、グローブを用意するように言われ、ついでに今日は雨用の長靴でいいと言われていたんですが、ふたりとももう長靴小さいと言っているので、乗馬ブーツと、あとヘルメットも、全部一緒に買ってこようかと思っているのですが。
その、馬術用品店がここにあるよと教えてもらって、クラブのスタッフの人達やママ達が、「あの店にはほら、新しくないものもあるのよ、あれは英語で何て言うの?」みたいなかんじで一生懸命私に説明しようとしてくれていたので、私が「Occasion?(中古?)」って言ったら、「それそれ!」ってみんながなったのがおもしろかった(笑)
レッスンの最中も、とても気を遣っていただいて、「誰か英語話せないの?話せないの?」ってみんなで言い合って、コーチの説明を何とか片言の英語で説明してくれたり、なにげに話せる人がいたりして、ありがたかったです…私ももっと上達しないとね、フランス語…。
そんなかんじで、約1時間のレッスン終了!
終わってからは乗った馬にえさをあげるようで、今日はもらったんですが、次からはにんじんを切って持ってきたらいいよって言われたので、そうしようと思います。
はなもかいも、とっても楽しかったみたいで、大満足のようでした!けど、だいぶ疲れたようです(笑)

そしてすぐにかいは着替えをして、インターバル30分で16時~17時半の柔道へ移動!
予想の範囲内でしたが、乗馬の終了時間が押したので、滑り込みセーフでした…。
一旦かいを体育館に送り届けてから私ははなを家に送り、それから再び体育館へ(ほんとは乗馬と柔道の間に家があるのではなを置いていきたかったんだけど、あまりに時間がギリギリだったのでその余裕がなかった)。
次回からは私も家で待機でいいかなと思うんだけど、とりあえず久しぶりの初回なので付き添いました。
大きい子達が上のクラスに行って、小さい子達が下のクラスから上がってきたりで、人数は10人くらいと今までと変わらないかんじだったけどメンバーはちょっと入れ替わっていました。
新しい子も入ってた一方で、かいと同じクラスの女の子がいなかった…辞めちゃったのかなぁ~と…週明けかいが聞いてみるとのことでした。
練習は今日は寝技メインで。

20180915_4

基本の5つの型を覚えないと黄色帯になれません。
今日、その型を先生が言っていたのを私もメモってきたんですが、フランス人の日本語発音だから、すっごい聞き取りづらくて…結局5個中2個分かりません…(苦笑)
多分これだろうってのをネットでも探してみようと思います…。
ともあれ、久しぶりでしたがよく頑張っていたし、本人も楽しかったそうです。
そうそう、久しぶりに日本人ママのYさんがいらしてて、ちょっとお話ししたんだけど、Yさんの下の息子くんも、うちの行くことにした乗馬クラブに通っていて、さらには以前お会いしたことのある日日ご夫婦のお子さんもそこに通っているとのことで、びっくりでした!
日日ご夫婦のEさんとは個人的には連絡取ってないけど、近いうちに連絡してみようかな。

2018年9月15日 (土)

2週目終了

今日はいよいよ習い事3本立てスタート!
忙しくなるので、朝のうちに更新しちゃいます。

学校2週間目が終了したところで、1週間のことをまとめておこうと思いますが…正直、今週、免許に振り回されっぱなしで、子供達のことあんまり覚えてないんだよね…(苦笑)
いつもはわりとこまめに下書きしておいたりするんだけど、そんな余裕も全然なかった…。
というわけで、覚えてる範囲で。

えーーーーーっと…。

あ、かいが、確か今週序盤に、「学校楽しくないと思ってたけど実は楽しかった」的なことを言ってた(笑)
昨年度までは、あまり特定のお友達がいなかったようなんだけど(誰とでも遊べる子です)、今年はわりとしっかり仲がいい子ができたようで(なんでだろう、転出入生がたくさんいたので人間関係が組み変わったのかな)、それで休み時間とかも楽しく過ごせてるみたい。
はなのほうも、とりあえず1週間、昨年度のようなぐったりした様子は全くなく、毎日それなりに過ごしているみたいです。
やはり担任が変わったことと、あと日系の子、Mちゃん(とKくん)の存在がかなり大きいみたいです。
水曜日だったかな、休み時間に、そのMちゃんやかいや、かいのお友達なんかで、凍り鬼をしたって言うからびっくりしました…以前書いていますが、かけっことか鬼ごっことか嫌いなので、周りの子に「一緒に遊ぶ?」と言われても困ってたような子ですよ?(6月22日の記事参照)
しかもMちゃん達ルール知らなかったから教えてあげてやったって言うし。
Mちゃんとは日本語で話せるから、はなも安心して話せてるみたいなんですけど。
で、木曜は木曜で、Mちゃんや他の子がみんなで縄跳び的なこと(真ん中でひとりが縄を持って円を描くように縄を回して、周りでみんなが順番に跳んでいってたらしい)をしていたところ、その中のひとりに「一緒にやる?」って聞かれて、仲間に入ったというからさらに驚き!
「Mちゃんがいたから」と言っていましたが…きっかけがそこであれ、他の子達と一緒に体を動かす遊びに参加したってところは、かなり大きな一歩なのでは?と。
まだまだ慎重に様子を見ていきたいところではありますが…少しずつでいいから学校にも楽しみを見出してくれたらいいのになぁと。

授業のほうはもちろん、相変わらず大変なんでしょうけど…。
今週はふたりとも結構宿題出てたので、私もその対応をしつつ。
うちの学校はオンラインで全部宿題が見られるんですけど、どうしてもかいのフランス語の宿題の意味が分からず、火曜日かな、放課後に担任のフランス人の先生に声をかけました。
ちゃんと話したのは初めてだったんですけど、全然きれいに英語も話せる先生で、思ってたよりずっと話しやすくて助かりました、これなら今後も気軽に分からないこと聞けるなというかんじ。
その時、かいはいつも1日の後半の授業で眠くなっていて、この前なんて自分の顔をバシバシ叩いてたからやめて!って言ったんだけど…って、去年も担任から同じ話聞いてました~っていう内容が…。
かいと話し合って何か対策を取ったほうがいいというようなことを言われたので…うーんと思ったんですが、とりあえず、家にあった未開封のミントタブレットを持たせることに。
翌日持たせたら、効果どうこうより、みんなが食べたいって寄ってくるって言って困ってて、結局2日で全部なくなってしまったという…どうしよう(苦笑)
イヤ、別に、みんなが食べたいならあげたらいいよって最初言ったんだけど…さすがに2日で全部なくなるのはサイクルが速すぎる…(苦笑)

担任に話を戻しますが、はなの担任のフランス人の先生のほうは、朝晩の送り迎えの時は姿を現さないので(パートタイムなのです)直接話す機会はないんだけど、メールのやり取りはできるので助かっています、宿題確認したり、なんだかんだと連絡取っています。
はなのフランス語に関してもちょっとやり取りしていて…それについてはまた別記事でまとめる予定。

あとは…そうそう、木曜日、かいが泣いて帰ってきた。
何があったのかと思ったら、まずアートの先生に怒られたということ、それから「また」上着がなくなったということ…。
とりあえず、ほんっとによく泣く男でめんどくさいんですけど…。
で、最近インド人ファミリーと一緒に帰っているので、帰り道泣いてるかいに気を遣ってみんないろいろ話しかけたりかまったりしてくれるんですけど、逆にかいはそれがイヤでまた泣く、みたいな…。

えーと、まず、怒られた話。
どうせなんかまたふざけてたとか話聞いてなかったとかだろ?と思いつつ、帰宅後話を聞いたら、なんか、使うべきペンの色を間違えて(赤を使えって言われてたのにピンクを使った)怒られた、みたいなかんじ。
うーーーーーん…どの程度の怒られ方だったのかは分からないけど…もしかしたらちょっと理不尽なかんじだったのかも…。
はなもこの先生のことは以前から怖がっているし、そういう面がある先生なのかもしれないわ。
ちなみにこのアートの先生が週1回放課後に行っているアートの課外クラブがあって、アート好きなはなに入るか聞いたんだけど、やっぱりこの先生だということが最大のネックで(あと実際忙しいので)入らないことにしたんだけど。
別に家族以外の誰にもその検討したことは言ってないけど(検討というほどの検討もしてないしね、返事は分かってたから)、でも昨日、はながそのアートの先生に、「アートクラブ入るの?」って聞かれたらしく。
どう答えるか迷ってたはなの近くにたまたまかいがいたらしく、「Maybe don't go.」って代わりに答えたらしいんだけどね。
何でそんなこと個人的にはなに聞いてきたのかな~って、ちょっと不思議でした。
昨年度末のケルメスでこのアートの先生と直接話した時に(6月20日の記事参照)はながアート大好きなんだって売り込んでおいたので、それで気にかけてくれたのかしらね…。

そして、「また」上着をなくした話…。
6月最終週の日記で、私こんなこと書きました(6月29日の記事参照)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それにしてもこの男の問題点は…月曜日、学校に、水筒とキャップ(帽子)と上着を忘れて帰ってきて…火曜日、水筒は諦めて別のキャップと上着を持たせたら、お迎えに行った時に持ち物に入ってたのはふたつのキャップと月曜日に忘れた上着…この日持たせた上着と水筒がまたない。
学校中を探して歩き、水筒は見つかったものの、結局上着は見つからずじまい…2日後に出てきました…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、今年に入ってからはと言いますと…まず先週、また上着をなくし、翌日お友達に発見されて戻ってくる。
今週、火曜に水筒を忘れてきて、水曜に別の水筒を持たせたら、その日は前日に持たせた水筒のみを持ち帰ってくる。
木曜、ようやく2本の水筒を持ち帰ってきたところで、上着をなくす…そして今日2枚持ち帰ってきた…。
…もう、どうしたらいいんですか??????????
なんか…この子も持ってるのかしらねぇ…「忘れ物がひどい、持ち物管理ができない」「人の話をすぐに忘れる」「集中力がなくて人の話を聞いてない」「とりあえず走る」…こう書くと、かなりグレーよね…。

ま、そんなかんじの1週間でしたが。
昨日の夜にたまたま、ちょっと話があって学校の日本人ママKさんが電話をくれたんですけど、MちゃんKくんもうちの子達がいることですごく助かっているようで、お互いによかった~って言い合っておりました。
お互いの子達が学校以外でも遊びたがってるので、今度ぜひ遊ばせましょうねって話をしたんですが、うちがスケジュール詰まりすぎなので多分10月のヴァカンスになるかな。
子供達も最後電話したいってことで子供達どうしで電話してました(笑)
それと、ほとんど毎日、インド人家族と一緒に帰ってますが、おかげで私も毎日ちょっとながら英語を話す機会があって、修行しております。
インド人のママと娘ちゃん、はなに話してほしくていろいろ声をかけてくれたり気遣ってくれたりするのはとてもありがたいです…けど、はなにはまだちょっとハードル高いかな、少し時間かけてやっていこうと思ってるところなので。
でも、はなも去年ほど頑なじゃないので、どこかのタイミングでふっと話すきっかけがつかめたりしたらいいんだけど。
ちなみに下の男子どうしは十分仲良くやってるかんじです(笑)

2018年9月13日 (木)

習い事スタート(バスケ・ソルフェージュ・バレエ編)

無事にパリに行ってきましたが、詳細は後日別日記で。

さて、いよいよ習い事スタートしております。

とりあえず火曜日、かいのバスケ。
バスケ、今年からちょっと時間が変わって、17時半〜18時半になり(去年は18時〜19時)、翌日も学校だし早く終わるのは歓迎だけど、学校終わるのが16時半だから、かなり慌ただしいかんじに。
直接行くのも無駄に早いしなと思い、とりあえず今回は一旦家に帰り、この時間だとちょうどいいバス時間が家の前から出てたので、それに乗って行くことに。
結果、いい具合に間に合いましたけど、家に帰って荷物変えて急いで出るのも慌ただしいから、やっぱり直接行ったほうがいいかなというかんじでした。
さて、行ってみたら、生徒はかい含めて5人。

20180911_1

体育館一番乗りだったのでひとり練習中の写真。
今までは10人以上いたと思うけど、どうやら大きい子達とちょっと時間を分けたようですね。
久しぶりのバスケ、楽しめたようです。
帰りもいい時間のバスに乗って帰れるので、この時間変更は我が家的にはありがたいかんじでした。
ただ残念なのが、バスケはほんとは水曜もあるんだけど、こちら今年から時間が13時半〜15時とのことで、はなのソルフェージュと完全にかぶってて…今までは15時〜16時半だったから、車が手に入れば私が行ったり来たりしさえすればどちらにも行けると思ってたんだけど、うーん厳しい。
ちょっと考えます…まぁまず車手に入れるのが先なんだけど…。

で、ついに来ました、水曜、ソルフェージュとバレエ2本立て。
学校が12時に終わる水曜、ソルフェージュは14時〜15時、バレエが15時半〜17時…なんだけど、隣駅に行く電車が、12時40分頃を逃したら14時過ぎまでないという…だいたい30分に1本あるんだけど、ここだけ悪いことにちょうど谷間らしい…。
てことで、学校からそのまま隣駅に移動、到着後駅のモノップ(売店)に飲食スペース併設されてるのでそこでのんびりお昼を食べて、それからコンセルヴァトワールへ移動することに。
ただでさえバレエとソルフェージュ、さらにはキックボードと大荷物の日に、ランドセルまで持って行くのはキツいですが、やむなし。
あ、完全に余談ですが、シャンティイ駅で切符を買おうとしたら、日本人のおじちゃまおばちゃま方が何人かホームにいらして、うちのランドセル見ながら驚いてましたね…私切符買うのに急いでたので全然お話できなかったけど、多分ご旅行だったんだと思います、シャンティイへようこそ(笑)
話戻して…そんなかんじでのんびりお昼をすませ、キックボードでコンセルヴァトワールへ。
ロビーで待ってると、時間になると先生が呼びに来る、というのは申し込みの時聞いてあったんですが、時間を少し過ぎた頃に先生方がそれぞれに子供達を呼びに来て、はなは入学1年目のクラスに呼ばれました。
はな曰く、15人くらいいたそうで、今回は音符やト音記号の書き方なんかを練習したようですが、はなは「全部知ってることだった」とのこと。

20180912_1

レッスンはあっという間だったということですが…これからだんだん楽しい内容になっていくといいなぁと期待。
先生は英語も話せる女性でしたが、次回までに用意するテキストや持ち物のプリントをもらったので、帰宅後ネットで注文しました。
ちなみに待ち時間は、ロビーのテーブルで、かいに宿題をさせながら過ごしていました。

で、インターバルの30分で、キックボードでバレエの体育館へ移動。
レオタード、クラスごとに指定なんですが、はなは大好きな色+念願のラップスカート。

20180912_2

帰宅後撮影…バレエポーズをリクエストしたけどやってくれませんでした(苦笑)
レッスンは、去年とだいたい同じように進んでいましたが、はなは後半ちょっと体調が悪くなってきたようで…途中全員休憩があったんだけど、その時「まだ終わりじゃないの?!」と。
その後のセンターレッスンは全然バランス取れなくて大変だったようです。
でも、この2ヶ月まともに動いてなかったこともあり、体も硬くなってるし…これから少しずつ戻していってもらいたいものです。
ほんと、運動嫌いな子なので…これくらいはせめてやってもらわないと…。
昨日は、初めてのソルフェージュもあって緊張して体も疲れたりしてたかもしれないし(お昼もほとんど食べなかった)、次回からは大丈夫だと思いたいです。
ちなみにかいは、持参のマンガを読んで過ごしてましたが、後半は飽きてゴロゴロしたり、外でキックボードしたり…次からは買い物にでも出ようと思います、今回は初回だったから付き添ったけど。

そんなかんじでレッスン終了後は、キックボードで駅まで戻り…。
昨日は1日中ダイヤ乱れっぱなしの電車でしたが(朝に免許交換空振りで帰宅の時に既に乱れてた)、それほど待たずに電車もバスも乗って帰れました。
でも、ほんと、半日がかりだから…はなだけじゃなくて私もかいも疲れるね…(苦笑)

2018年9月10日 (月)

リサイクルショップとラクレット

昨日日曜日は、オーナーさんが久しぶりに来てくれました。
うちのアパルトマン、敷地内にテニスコートがあって、住人は自由に使えるんですけど、そのテニスコートの鍵と言ってもらっていたものが、どうやら違う鍵だったようで、正しい鍵をほしいというのはだいぶ前からお願いしてあったんですが、ヴァカンスを挟んだりなんだかんだあって、ようやく今日受け取ることができ、さっそく私達も4人でテニスすることができました(テニスラケットは以前フリマで買ってありましたからね…6月24日の記事参照)。
あとは、ずっと壊れていたインターホンの修理もお願いしたので、早いうちに直してもらえるといいなぁ…以前宗教勧誘が来た話を書きましたが(4月27日の記事参照)、その後また同じ人達がエントランス前に来てるところにばったり出くわしてしまったし…誰が来てるか分からないのに開けなきゃいけないという状況から早く脱却したいものです…。

さてそして本日の本題は、また土曜日の話。
午前中にフォーラムや図書館での用事を済ませ(図書館の話はまた後日)、午後からは毎週恒例のサンマクシマンのショッピングセンターへ繰り出しました。
またあちこち行ってきたのですが、今日の話題は、リサイクルショップ。
少し前に、ホームパーティーにおじゃました話を書きましたけど(8月27日の記事参照)、この時に、そのリサイクルショップの情報を聞いて、これは行ってみなければ!と思ったのです。
なにしろ、フランス語のディズニーDVDほしさに、バスティーユのブックオフまで足を運んだ私達ですから(8月22日の記事参照)、こんな近くで手に入るならありがたい…!と。
というわけで行ってみたのが、Easy Cashという、なんともフランスらしくない名前のお店(笑)
とりあえず、ほんとにDVD置いてあるんですか?というような店内…入ってすぐは、中古の家電とかがあって、私達の目にすぐに飛び込んできたのが、ラクレットの機械!!
わりと安いし、どうせ2、3年しか使わないんだから、全然中古でいいでしょ!ってことで、お買い上げ仮決定(笑)
その後、店内奥まで足を踏み入れると、ゲームソフトのコーナーがあって、更にその奥に、ありました!DVD!
確かにブックオフに比べると品数は少ないですが、でも探してみたら、ディズニーのDVDもいろいろありまして、バスティーユではなかったラプンツェルのDVDが3枚もあったので喜んで1枚お買い上げ決定!
しかも全体的にブックオフより安かった気がする…。
ただ、やはり品揃えはブックオフにはかなわないので、こちらにあれば安く買えてラッキー、ってかんじですかね。
そしてやっぱり、アナ雪はこちらにもなくて残念でした…。
あと、ジブリのもあるって言われてたんだけど、見つけられなかったなぁ、というかディズニー探すのに夢中でジブリ探すの忘れてた(汗)
他、どうしてもほしいといってきかなかった、安かったトムとジェリーを仕方なく買い(だってトムとジェリーなんてしゃべらないじゃん!!!!!)、そしてもう一度ラクレットの機械を吟味して、1台選んでお買い上げ。
てなわけで、その後隣のGrandFraisで食料品買った時にラクレットのチーズも買ってきて、今日の晩ごはんはラクレット!!

20180909_1

こちらが買ってきた機械、34.99ユーロなり。
もうちょっと安いのもあったんだけど、これが一番よさそうだったので。

20180909_2

ラクレットチーズにバゲットとハム、じゃがいもとにんじんを用意しました。
ブロッコリーとかもあったらよかったんだけどね。
準備ができたところで、さっそくチーズを溶かしていただきます!

20180909_3

スイスのOさん宅でラクレットを初めていただいた時(8月9日の記事「スイス旅行1日目<湖水浴>」参照)、プレートからチーズを出すのに、かなりこそぎ落としたかんじだったんだけど、このプレート、ご覧の通り、チーズがするっと流れ落ちる…!!!!!素晴らしい!!!!!さすがティファールと言うべき?
洗うのもとてもラクでした。
子供達も大喜びで食べていましたが、上の鉄板部分でハムやパンもちょっと焼いてみたりとかして、自分なりの楽しみ方で食べられるのがまたいいよね。
チーズは写真の量だけだったので、足りないかな~と思ったんだけど、十分おなかいっぱいになりました。
いい買い物したな~これからもいっぱい使おうっと!
日本に持って帰れないのが残念だわ…。
あ、あと、晩ごはん前には、買ってきたラプンツェルと、トムとジェリーも見ましたよ。
ラプンツェルって、フランス語だとレポンスって名前になっちゃうんだよね…なんか全然かわいくない名前…。

2018年9月 9日 (日)

フランス語の習い事シーズンスタート

あまりにも日々のネタが消化できないので、1日2回更新を解禁しようか考え中…でもそうするといずれすぐにネタ詰まりになって毎日更新もできなくなる気がする…イヤ別に毎日しなきゃいけないわけでもないんだけども(苦笑)
昨日は、フォーラム行って、マルシェ行って、図書館行って、室内照明検討しに行って、植物買って、リサイクルショップ行って、食料品買って…と、この中で4本の記事が書ける(汗)
他のネタもたまりにたまってるんだけど…とりあえず小出しにしていくことにします。

とりあえず、昨日の朝一番に行ってきたのが、フォーラムというもの。
これが何かと言いますと、習い事や各種活動団体が一堂に会して、活動の紹介や勧誘をするもので、フランス全土で9月上旬に行われるもののようです。
フランスの習い事は基本的に1年単位での申し込みなので、子供の習い事を今年は何にしようかなと思ってる人や、自分も何かやってみようかなって思ってる大人なんかは、ここに来ていろいろ見て回ったりするみたいです。
我が家はもう、今までも散々書いてきた通り、ふたりの習い事はそれぞれ決まっているのですが、先日柔道クラブから手紙が来て、フォーラムに申し込みに来て下さいって書いてあって…フォーラムって???と、柔道クラブの日本人ママYさんに聞いて、そういうものだと初めて存在を知りまして。
場所が、かいのバスケの体育館だってこともあり、おそらくバスケの申し込みもここでできるんだろうなと思って、柔道とバスケと両方申し込むつもりで、昨日行ってきたわけです。
時間は10時~16時ってことでしたが、我が家はバスに乗って10時少し過ぎた頃に到着。
いつものバスケの体育館が、なんかすごいことになってました。

20180908_1

これ体育館の半分、反対側の半分もこんなかんじ。
外にも少しブースがあって、さらには遊び場なんかも用意されていましたが、そちらは子供達に気づかれないうちにノータッチで帰りましたけど(笑)
まだ10時なのに、フランス人達がこんなに集まっているとは…と驚きを隠せない私。
目的のブースはもう決まっているものの、せっかくだからとりあえず全部回ってみようかと、ぶらぶら歩いてみたところ、なんか日本の国旗が飾ってあるところがあったり(でもそこがなんの活動なのかは結局よく分からなかった…聞いてみるほどのフランス語力もないしそもそも目的はそこにはないので…)、フェンシングのブースでは鎧を着た人とおもちゃの剣でお手合わせできたり、卓球のブースでは水谷の試合の映像(しかも日本語)が流れてる横で小さな卓球台で卓球をさせてもらえたり、ギターがあったり絵画があったり鉄道のNゲージみたいなのがあったり、新体道という謎の武道?のブースがあったり(これは実は前々からチラシを見て謎に思っていた…)、まーそれぞれに個性豊かでおもしろい。
そんな中、まずは柔道のブースを見つけ、さっそく申し込みと小切手での支払いをすませ、その後バスケのブースも見つけて同じように申し込みと支払いを無事にすませてきました。
はなのコンセルヴァトワールと、ふたりの乗馬に関しては、既に登録も支払いもすんでいるので、これでようやく全部完了です!あとは来週からいよいよそれぞれ活動開始!
私も送り迎え頑張らなくちゃ。
私のほうは、来週からヨガ、再来週からフランス語再開の予定です。

2018年9月 8日 (土)

マッサージと偽薬と意識改革と

今日は忙しくなりそうなので…朝のうちのさくっと更新してしまいます。

6月末に昨年度が終わってから、2ヶ月のヴァカンスがあったわけですが…新学年に向けて、はなのモチベーションをどうやって上げていくか…少なくとも、学校に行きたくない、学校がつらい、という状況からどうやって脱却させてあげるか…というのは、母親である私にとって2ヶ月間の大きな課題でありました。
7月中旬に1週間学童に通わせて、こちらももう全然ダメで(7月20日の記事参照)、どうしたものかと、本当に頭を抱えて、私も気持ち的につぶれそうになって…どこかに相談するべきなのだろうかと、ちょっとフランス内で日本語で相談できるところを探して、見つけたところを予約取ってみたりしたのですが…詳しくは書きませんけど、正直、ちょっと、対応が引っかかるかんじだったので、結局予約がキャンセルできるギリギリの日程でキャンセル。
学年が上がって担任も変わるし、新しい子も入るということだし、そこにちょっと賭けてみよう、少し様子を見てみよう、と。
かといって、それだけで何も対策をしないで送り出すほど、昨年度の状況は楽観視できるものではなく。
なので、まず、日本で、本を買い漁って読みました。
実はこのブログを書き始めて2本目の記事にひっそりと、はなが3歳の時に高機能自閉症の診断を受けているということを書いてあるのですが(2017年9月3日の記事参照)、改めてそこに向き合おうと思い、4冊の本を買いました。
どれも花風社という出版社からの本ですが、

「自閉っ子の心身をラクにしよう!」栗本啓司
「芋づる式に治そう!発達凸凹の人が今日からできること」栗本啓司
「脳みそラクラクセラピー」愛甲修子
「発達障害は治りますか?」神田橋條治

の4冊。
まだ「発達障害は治りますか?」が読みかけなんですが(フランスに戻ってから読書ペースが一気に落ちました…)、他3冊はフランスに戻る前に読み終えました。
はなの場合、そこまで深刻な症状でもないので、参考になるところならないところとありますが、とりあえず、寝る前にリラックスするワークをやってみよう、と。
リラックスする呼吸法をしてから、ベッドで足の裏やかかとをマッサージして、金魚体操と呼ばれるものをやって、それから寝るようにさせてみました。
当然ながらかいにもやってあげなければいけませんが…(笑)
でも、ふたりとも、マッサージされることをとても喜んでいて、さらにはなに関しては、よく眠れるようになったと言っているのです。
今まで知らなかったんですが、実ははなは、寝つきがすごく悪くて、布団に入ってからも1時間とか平気で眠れなかったみたいなんですね(昔はタオルさえあればどこでもコロッと寝てたのに…)、さらには夜中に一度は目が覚めてた、とのことで。
それが、よく眠れるようになった気がする、との本人談。
眠りの質が上がれば、気持ちも上向きになりますよね。
それに、そもそも、子供に優しく触れる機会って、もうこの歳になるとなかなかなかったので、短時間ながらそういうスキンシップの時間を設けること自体が、精神的にもいい効果をもたらしているかなと思います。
それにしても、神田橋條治先生ってすごい…一度私もはなも診てもらいたいです…。

そして、偽薬。
はなが幼稚園年少の頃、同じクラスの仲がよかった女の子に、年子のお姉ちゃんがいたんですけど、ママ曰く、そのお姉ちゃん、年少の時に幼稚園に行きたがらなかったりして大変だった時期があったんですって。
それで、幼稚園に定期的にカウンセラーが来ていたんだけど、その人に一度相談に行ったことがあったんですってね。
その時、薬でも何でもない…ただのサプリか何かって言ったかなぁ…ともかく薬ではない錠剤か何かを、「これを飲めば幼稚園に頑張って行けるよ!」って言って毎朝飲ませるようにしてみるようにアドバイスされたんですって。
そしてママはそれを実践してみたところ、ほんとに、その子はその後、ちゃんと幼稚園に通えるようになった…!って話を、ヴァカンス前に突然、ふっと思い出したんです、もう5年前とかに聞いた話でしたけど…。
そのママ、看護師さんだったんですけどね、ほんとにすごかったってびっくりしてたんですよね…。
それで、私もそれやってみようって思い立って。
で、百均でそれらしき小瓶を買い、あとはスーパーでお菓子のラムネ(緑色の細いプラスチックケースに入ってるあれね)を大量に買い込んできて、フランスに戻ってきたんですけど。
それで、登校前日、はなを部屋にこっそり呼んで、「これは日本のお医者さんでもらってきた、元気に学校に行けるお薬だから。毎朝飲んでから行けば大丈夫だからね。かいにもお父さんにも内緒だから、はなの部屋にしまっておいてね」って、特別感を持たせて渡したんですが。
ここで、思わぬ大失敗が!!
「おいしいお薬みたいだよ、先生、ラムネにそっくりに作ってあるって言ってたから」って言ったはいいんだけど、はながそれを見て、「うん、これラムネだよね、この顔のついてるやつ見たことあるもん」って…!
よくよく見たら、ラムネの中にひとつ、顔がついてるやつが混じってる…Σ( ̄ロ ̄lll)
「先生、それも含めて、そっくりに作ったって言ってたよ」って言いましたが…まさかの落とし穴…。
…てか、サプリにすりゃよかったんだよね、今これ打ちながら気づいた…そういうの飲まない人だから全然思いつかなかった…(苦笑)
ともあれ、それで、月曜火曜と飲んで、火曜の朝だったかな、登校中に、「今日もお薬飲んだし大丈夫だね」みたいなこと言ったら、ちーっちゃい声で、「絶対あれラムネだよ…」って言ってるはな(汗)
でも、水曜の朝、学校に着いてから、「今日お薬飲み忘れた…」とはなが言ったもんで、「大丈夫!今日は半日だから!」って、頬を両手で包んでパワー注入してから見送ってきたんですけど…きっとラムネだと思っていながらも、心のどこかで頼っているのか、この秘密のルーティーンを楽しんでいるのか、はたまた単純にラムネを食べられるのが嬉しいのか。
その後木金も、喜んで「お薬」を飲んでから登校していったはな。
もはやバレている以上、一種のゲン担ぎ程度のものでしかないとは思いますが…まだしばらくストックあるけど、全部飲み切る前に、学校になじんでくれていることに期待。

そして最後に、母親である私自身の意識の問題。
日本にいる時から、私は相当に厳しい母親である自覚はあり。
習い事もいろいろさせてきたし、家でも先取りで勉強やらせていたし。
当然、こちらに来るにあたって、せっかくこんな環境で暮らせるんだから、英語もフランス語も使えるようになって日本に帰ってほしい、と思っていたのですが。
でも、だからといって、「今日学校でちょっとは話した?イエスノーでも、なんかひとことでもいいから話してごらん」と毎日のように言うのは、まだはなにとってはストレスでしかないなと、反省。
日本の学校にいたってそんなに話すほうじゃなかったのに、それをこんなところで強いるのは無茶振りすぎるなと。
それから、お友達がいなくてひとりでいることにしても…彼女自身が「ひとりでいるのが好き」と思っている以上(6月22日の記事参照)、誰かと仲良くなれたらいいのに…って思うのは、親の勝手でしかないなと。
学校でお友達に混じらずひとりでいる娘を見るとつらいとか、せっかく周りの子達が親切に声かけて気にかけてくれてるのに…とか、人と関われないと将来苦労するとか、そんなのは全部大人目線の勝手な価値観であって、彼女は今ひとりでいることが精神衛生上健全なのであれば、それはもう仕方ない。
最近たまたま見たブログに、「ひとりでいられることはすごい能力だ」というようなことを書いてあって…確かにそうだ、私なんかは誰かといたいタイプだから(おひとり様行動も全然できるんだけど、周りがつるんでいるところでひとりでいるのはつらいタイプ)、そう考えたら、みんなが誰かといる中でひとりでいられるというのはある意味すごいことなんだ、と。
このあたりを、2ヶ月の間に、いろいろ考えて考えて…それで、もう彼女に関して、学校のことで「頑張れ」って言うのはやめよう、と。
とにかく、長い1日1日を、彼女なりに過ごしてきてくれれば、それでいい。
もちろん、家で勉強させる時とか、あとこれから始まる習い事とか、そういうことはまた話が別なんだけど、そうじゃなくて、とにかく学校生活に関しては、彼女のペースで平穏無事に1日を過ごしてきてくれればそれでいいと、思うことにしました。
そういうわけで、火曜日には新しい担任の先生にも、彼女はひとりでいるのが好きなんだということや、彼女に頑張れと言うのをやめたんだということを伝えてきたわけです。
正直言えば、ちゃんと英語もフランス語も使いこなせるようになって、日本に帰ってから帰国子女枠で私立中学に行ければ…と思うけど(かいに関してはそれを絶対的に望んでいるけど)、でもはなに関してはもう、別に無理なら無理で私立じゃなくてもいいかなとか(でも私立進学は彼女自身の希望でもあるんだけどね)、将来にしたって、別に無理に勉強しなくちゃいけない進路じゃなくてもいいかなとか(実際彼女は今やりたい方向性がちょっと見えてきているようだし…少なくともこの前まで言っていたキャビンアテンダントは彼女の性質考えたら絶対的に向いてない…苦笑)、まぁ、彼女に関してはもう、なるようになればいいかなと思うことにしました。
今年度からはなのみお弁当になったんですが、毎日お弁当にひとことメモを添えていて…そこにも「頑張れ」という単語は使わないように、「あと半日!」とか、「あと少しで2日休み!」とか、時には下手なイラストとか(笑)、そういうことを書くようにしています。

そんなかんじで送り出した新年度、最初の1週間はとりあえず上々の滑り出し。
新しい先生やお友達にだいぶ助けられた部分もあるけど、家での対策も少しは功を奏してくれているのかなと思いたい。
まぁ、そうは言ってもまだたった1週間…まだまだ1年は長いですが…とりあえず10月半ばからはまた2週間のプチヴァカンスが待ってますので(もはや苦笑いしかない)、まずはそこまで、無事に過ごせますように…!

2018年9月 7日 (金)

最初の1週間終了

新学年が始まって最初の1週間が、無事に終了しました。
えぇ、本当に、無事に。
初日の月曜日と、2日目の火曜日と保護者会のことについては既にそれぞれ書きましたので(9月3日と4日の記事参照)、今日は水曜日のことから。

水曜日は半日だし、全校集会で半分潰れる日なので、それほど心配することもなく送り出しましたが、やはり特に問題なく過ごせたようでした。
…かいは集会の時にお友達とふざけてて、主任の先生に怒られたそうですがね…。
この日、うっかり、はなに偽薬を飲ませ忘れてしまったのですが…これについてはちょっと明日にでも書きますね。
あと…前日火曜日、はなの担任のフランス人の先生から連絡先を聞いていたので、この日改めて私から連絡しました。
そうそう、この日の夜、かいがシャワー浴びる段階になって、いきなりおなか痛いってすごい泣き出して、吐いちゃって…汗びっしょりになって、すごい焦りました…。
熱はなかったんだけど、シャワーもやめて、そのまま寝かせました。
別にみんなと同じものしか食べてないし、なんだろうと思いましたが…。

昨日木曜日、朝起きたかいは、もうすっかり元気…むしろ早寝だったからいつもより早起きで元気でうるさくて若干うっとうしい勢い(苦笑)
多分、疲れが出たんでしょうかね~。
そんなわけで、普通に登校できました…途中授業中に眠くなって顔をバシバシたたいたりしていたようですがね…(苦笑)
かいのほうは、担任、最初はいいかんじと思ったみたいですが、だんだん、厳しい先生だと分かってきたようですよ…もうね、私的には、ビシバシいってほしいですけどね(笑)
一方のはなも、この日も大丈夫そう。
体育ではラグビーやって楽しかったとか、アートの時間も楽しかったとか(アートの先生のことはおそらくまだ怖いんだろうけど)。
休み時間のお絵描きはほとんど毎日しているけど、みんな気になって見に来たりしているようです。
お弁当も問題なく食べ終われているようだし…あ、そういえば火曜日は新しいお弁当箱を使ったらちょっと量が多かったようでギリギリに食べ終わったって言ってたな。
でも、その日はペンネを入れたんだけど、新しくはなのクラスに入ってきたインド人の女の子が、ペンネが気になってほしいって言ってきたそうで、一度あげたら気に入ったようで何度かあげたって言ってました(笑)
このインド人の子が、わりとはなのことが気になるようで(はな、いつもひとりだから、タイミング的に接しやすいのかね…それにこの子もフランス語がまだ分からないというのも大きいと思う)、ちょいちょい話しかけてきたりしているようです。
あと、月曜日の日記に書いた、今年から入った日系のきょうだい、このふたりはうちの子達とは学年は違うものの休み時間とかちょいちょい顔を合わせるようで、あちらからすれば入ったばかりのところで頼れるきょうだい、こちらから(特にはなから)すればちょっと気を許せるお友達ができたようなかんじで、双方にいい影響があるようです。
あとは、この日ははなのみ算数の宿題が出たそうなんですが、それについて先生からきちんと連絡が来ました、とてもありがたいです。
余談ですが、この日のお昼過ぎからお迎えの時間までの間、SさんとADさんがうちにお茶しに来てくれました。
ADさんが、娘ちゃんのお洋服を大量にお下がりに持ってきてくれたのです!本当にありがたい!
帰ってきてはなと一緒にお洋服を見たら、かわいいものばかりで、大興奮のはなは、さっそく向こう3日分のコーディネートを決めていました(笑)
そしてそこで、「あー、イヤなことを思ってしまった!フランスに来てなかったら、こんなにかわいい服をもらえなかったって…!」って、どうしてもフランスにいる事実を認めたくない模様(笑)この日何度かこのセリフを繰り返す(笑)
でも、早く服を着たくて仕方がなくて、次の日が来るのが待ち遠しい様子…どんなことでも次の日が来るのが楽しみに思えるのはとってもいいことです。

今日金曜日、朝送って行ったら、はなのクラスのインド人の女の子が私に話しかけに来てくれました。
実は昨日帰り道で会ったんだよね、それでどこに住んでるのって聞かれて、どうやら家も近そうです。
今度タイミング見てママにも声をかけてみようかな。
帰りは、今日もふたりとも特に問題なさそうでした。
はなはアートの時間を楽しめたようだし、下の学年の子からシールをもらったりもしていました。
かいのほうも特に問題なさそう。
ふたりとも、今日は宿題が出たので、今一生懸命やってるところです。

というわけで、なんとか最初の1週間は、滑り出し上々かな。
明日は、この新学年を迎えるにあたっての下準備についていろいろ書きたいと思います。

2018年9月 4日 (火)

difficultじゃなくてdifferent

学校2日目。
今日もお迎えに行くと、はなはわりと元気なうえにテンション高めの帰り道。
かいも学校楽しかったとのことで。
かいはともかく、はなが元気なのは本当にほっとします。
今日は学校で18時からWelcome Nightというイベント(要するに保護者会です)があったので、16時半にそんなかんじで一旦帰宅してから、再び子供達と歩いて学校へ行ったのですが。
まずはホールに集合して、幼稚園~中学部までの全先生の紹介があって(広いホールでマイクもなく、特に早い英語なんかはほとんど聞き取れませんでしたけどね…)、その後クラスに分かれて各担任からのお話がありました。
私はもちろんはなのクラスへ。
昨日書いた通り、はなのクラスはイングリッシュスピーカーの男性の先生と、フランス人の女性の先生のふたり体制なんですが、まずは男性の先生が英語でひと通り話すことを話して、中学部にも行かなければいけないってことで移動してしまったんですけど、この先生の英語をたくさん聞いたのは初めてだったんですが、すごく聞きやすくて安心した!
去年の担任がだいぶマシンガンだったので…これなら対話できるかも、と、ちょっと思いました。
そして安心したところで、フランス人の女性の先生、今年から来たけど先生歴自体は長い、という前情報だったんですが、確かに多分私達と同年代かちょっと上くらいかなってかんじの、穏やかそうな先生でした。
私に気を遣ってくれて「英語は話せるんだけど上手じゃないからフランス語で話しますけど、よければあとで直接質問に来て下さい」と言ってくれて、まぁ一生懸命聞きましたけどやっぱり大部分は分からず。
そんなわけで、全体への説明が終わってから、先生と個別に話をさせていただきました…私も拙い英語なのでなかなか言いたいことがうまく伝えられなかったりしたのですが…。
まず、はなのことは聞いていると思いますが、とても内気な子で、英語もフランス語も分からないから苦労しているということ、去年のはなは正直学校に来たがってなかったけど、この2日間は大丈夫だし、隣の子とも去年はいろいろあったけど今の子とは大丈夫そうだということ、彼女は活発な子があまり好きではなくて、絵を描いたりしてひとりで過ごすことが好きだということ。
それに対して先生は、この2日間でとりあえず彼女に対してどういう授業の進め方をしたか、来週はどうするつもりかということを具体的に丁寧に話してくれ、隣の子もはなに対してこんなふうに接しているという様子を教えてくれました。
あと、去年ちょっとはなの扱いに関して不満な教科がいくつかあって…具体的には書かないんですが…それに関して私が、「彼女が授業についていけないのは分かるし、彼女が難しい生徒なのは分かるんだけど、でもできればこうしてほしい」ということを伝えたんですね。
この話の流れで、私は彼女が難しい子なのは分かる、と、difficultという単語を何度か使ったんですけどね。
そしたら先生が、私は2日間彼女を見て、彼女をdifficultだとは思っていない、different(異なっている)だと思っている、と。
…これで私、涙腺崩壊しました。
去年の先生達は、明らかに彼女を、手に負えない生徒という扱いをしていました。
なので私も今日こうやって話していながらも、どこか下手に出ていて(日本人的ですね)、お手数をおかけするのは分かります、でもなんとかお願いします、みたいなかんじの話し方になっちゃってたんですよね。
だけどこの先生は、はなをそうやって受け止めてくれた。
私のそんな様子を見て、「私も親だから分かります」って言ってくれた。
まだ2日目だし、これからどうなるか分からないけど、でも、ものすごく希望が持てた時間でした。
ただ先生からも、これは去年の先生達と同じことだけど、はなが説明に対して無反応だから、そこは改善していってほしいってことでしたけどね…はなに言わせれば、何をどう反応したらいいかも分からない状態みたいなんだけどね…。
でも、これも最後に先生に伝えたんですが、私は今年からはもう彼女に、頑張れって言うのもやめたんです、と(このへんはまた後日まとめようと思います)、なのでそこは理解しておいてほしいということは伝えました。
先生は、連絡を頻繁に取っていきましょう、ということで、連絡先も教えて下さって(まぁ学校のオンラインで直接連絡を取る手段は既にあるんですけどね)。
今年の先生達なら、私も、はなも、だいぶ接しやすそうだと、心から希望を感じられた時間でした。
帰り道で、はなにも、先生がそんなふうに言ってくれてたんだよって話をしましたが。
はなも、少しずつでいいから、前向きになっていってくれたらいいなぁと思います。
先生には明日にでも改めて連絡してみよう。

2018年9月 3日 (月)

新学年

本日、新学期、というか、新学年スタートです。
はなはCM2、かいはCE2という学年で、それぞれ日本の小5、小3に該当します。
そして小学校はCM2までで、その上は中学生なので、はなは一応小学校の最上級生になったということになります。

今朝は私、久々に5時半起き。
今年度から、はなのみお弁当になったので、久々のお弁当作り。
そして久々に子供達も6時半に起こし、食べ終わってからお約束の久々朝アニメ。
8時の教会の鐘が鳴り始めたら家を出るルーティーンも久々。
家を出たら寒いのも久々(昼には十分暑くなる…この寒暖差を味わうのが久々)。
いつも通り学校の裏庭まで子供達を送り届けに行くと、いつもは子供達ばかりの裏庭が、たくさんの保護者であふれています。
新入生の親は今日は教室まで最初一緒に上がっていいことになっているので、その親ももちろん何人もいるんですが、それ以外の親も普通にいっぱい。
私も、顔見知りのママふたりを見つけて、声をかけて英語で話してくることができましたし、あとは去年のはなの英語の先生に声をかけられたり(話したの初めてだったと思う)。
みんな、2ヶ月のヴァカンスを終えて、元気だった~?ってかんじでしたね。
子供達のほうはというと、はなはまぁ、相変わらず、荷物置く場所に置いたらあとはひとりでぼーっとしてるかんじで。
かいも、登校中からだったけど全然テンション上がってなくて、最初クラスメイトの女の子が声をかけに来てくれたのにほとんど反応もせず(まぁその子のことが苦手だからなんだけど)、こちらもひとりでぼーっとしてたんですが、かいのクラスの男の子がかいよりも私に先に気づいて「Il est où? Ah, bonjour.」(かいはどこ?あっ、おはよう)って話しかけてきて(笑)順番間違えてもちゃんとあいさつするところがかわいい(笑)
あっちにいるよって教えたら、かいの隣に駆け寄ってなにやら一生懸命見せてくれて、かいもようやく笑顔が見られたかんじでした。
あとは時間になって鐘が鳴ると、それぞれ新しい担任に率いられて校舎内に入っていったのですが。
この直前くらいに、私、ひとりごあいさつしたのが、今日から入った、日本人と某ヨーロッパ人(フランス人ではない)のご夫婦のママと、ふたりのお子さん。
実は、ご主人がうちのお父さんと同じ会社なので、ダンナどうしはとうに知り合いで、ママとはメールのやり取りはしていたという方。
今まで学校のことで散々お世話になっていた日本人ママのKさんとTくんは、Tくんが今年から中学に上がっちゃったうえ、もうすぐ国外へお引っ越ししてしまうし、とてもとても寂しいんですが…また日系のご家族が来てくれたので、心強く思ってるところです。

さて、これまた久々のおひとり様タイムは、がっつり掃除をして(トイレとの戦いもまだ続いております…!他の掃除ネタも近いうちに)、フランス語勉強して、午後からは電車で隣駅へ。
はなの通うコンセルヴァトワール、9月になったら予定が判明するってことだったので、こないだ土曜に車で行ったんだけど開いておらず、仕方なく今日電車で出直してきたのです。
いつもながら英語が話せる誰かしらの助けを借りながら、12日スタートということを確認して、小切手での支払いを済ませてきました。

で、また久々に16時半にお迎えに行ったわけですが、帰りはさすがに朝ほどの賑わいはなく、いつも通りの放課後の風景。
また、顔見知りのママが話しかけてくれた他、朝はお会いできなかったKさんともお会いして久しぶりにお話できて嬉しかったです。
そして問題は子供達ですが…まず戻ってきたのが、はな。
思ってたより顔が暗くなくて、聞いたら今日は勉強も多少したけど、新しい先生に自己紹介したりもしたみたい。
はなの学年は、男性の英語ネイティブの先生と、女性のフランス語ネイティブの先生のダブル担任体制なんだけど、この女性の先生が、今年度からこの学校に来た、でも先生歴は結構あるかんじの先生のようで、どんな先生なんだろうと、私的には期待と不安でいっぱいなかんじですが、はな的にはいいかんじだったそうで。
残念ながら今日は見かけることができなかったんですが、明日夜に保護者集会があるので(また明日にでも書きますね)、その時にお会いできるかなと思っています。
男性の先生のほうは、もともとわりと好きだったようだし、今年はうまく扱っていただけたらいいんだけどなぁ。
他、これも懸念だった隣の席の子ですが、はなが一番、隣になったらいいなと思ってた子になってたそうで(なぜそれを学年末に言わないのかと…誰がいいか聞いたのに…)、先生達もだいぶ考えて下さったんだろうな~と思いますが、これもとりあえずひと安心。
あと、お弁当は、今日はサンドイッチだったんですが、ちゃんと時間内に全部食べ終われて、今までのようにひとりぽつんと食べ続けることもなかったようで。
休み時間は昨年度末から始めたお絵描きをしていたそうですが、ふたりの子に上手って言ってもらったとか。
そのうちのひとりが、その今日から入った日系の女の子、学年的にはかいのひとつ下の子なんですが(もうひとりはさらにそのひとつ下の男の子)、その子の担任が、はなにその子を引き合わせてくれたようです。
日本語も話せる子達だったので、はなもちょっと気兼ねなく付き合える子達だったらいいなぁと思います、はなって同学年の子より年上か年下のほうが付き合いやすい子なんだよね。
一方のかいのほうですが、こちらは朝のよどんだ空気はどこへ行ったやら、もうすっかり元気になっていました。
担任の先生どうだったかって聞いたら、親指を力強く立てて「グッ」としてくれました(笑)
休み時間は誰々と誰々と鬼ごっこした~とか。
給食は今日はまずくて食べられなかったとか(苦笑)
まぁ、こちらはもともと心配はしてませんけどもね、予想通り問題ない滑り出しのようでよかったです。
ちなみにどちらのクラスにも転入生がいるのですが、はなのクラスには女の子がひとりで、男子3人女子8人のクラスになり、かいのほうは男女ふたりずつ4人入って男子9人女子6人?(かなりあやふや…)
はなのクラスがちょっと寂しいですけど、まぁ多少はうちの問題児にもそのぶん手をかけてもらえることを期待…。

そんなかんじですが、とりあえず初日は、本人達がそして私が憂鬱に思ってたよりは無事にすんで何より。
実ははなには、お弁当の中にお手紙を入れたり、偽薬を飲ませたり、いろいろ対策を練って送り出したのですが…そのへんはまた近いうちに別にまとめますね。

2018年9月 2日 (日)

ヴァカンス終了

ここ数日のことをまとめて書きますと…。

30日(木)。
午前中、もう何度もお世話になっているPavillon de Manseのイベントへ。
今回のテーマはカプラということで。
いつもの通り2時間のイベントだったので、子供達を送り届けてからは、私はちょうどお給料が入ってたので下ろしに行ったり、郵便局に行ったりしてから一度家に帰り、また時間前にお迎えに行き。
行ってみると、もうカプラは終了していて、別の立体パズルを頑張っていましたが、今回も参加者は4人でしたね。
で、部屋の片隅に、高く積まれたカプラがあって、先生(じゃないけど便宜上)曰く、「ママに写真撮ってもらいたいから残しておいてって言われた」とのことで。
私も写真撮りましたけど、でも先生も制作中の写真を撮ってくれていました。

20180830_1

帰宅後、どうやって先生に「写真撮ってほしいから残しておいてほしい」って言ったの?と聞いたら、かいが「Photo」って言って、はなが「Mother」って言った~とかww
イヤ、そんなんでいいんだよ全然、ナイストライじゃないかww
ここのイベントははなも毎回楽しんで参加してくれるし、無理のない時間で自然にフランス語に触れられるので助かります。
夏の間、全部午前中に参加したんだけど、実は午後のほうが水遊びとかで楽しそうだったので(何となく、午後から出かけるのがめんどくさかったので全部午前にしてみた)、来年は午後で検討しようかな~。
ここは多分、2週間のヴァカンスごとにイベント用意してくれると思うので、今後もチェックを続けて参加していこうと思います。

31日(金)。
午後から、AKさんのお宅に初めておじゃましてきました。
引っ越し検討中とのことですが、でも静かでとてもいい場所にある、素敵なアパルトマンでした!
子供達は、レゴやプラレールで仲良く遊んでいました。
ご主人もお休みでおうちにいらしたんですけど、一緒になって遊んでくれました(笑)

20180831_1

私…今、すっごく後悔してることがあって…。
今回フランスに引っ越してくるにあたって、日本の家に大量にあったプラレールを、全部売っちゃったんですよね。
だって、子供達、1年くらいは全然遊んでなかったんだもん!
でも、今回秋田の実家に帰って、実家には私の弟が子供の頃に使ってたプラレールが大量に残ってるんだけど、それで夢中で遊んでる子供達の姿を見て、さらにこの日のこの姿を見て…あぁ売らないでせめて実家に送っときゃよかった…と。
イヤ、実家は実家で、物が増えると迷惑かなと思ってさぁ…。
でも…うん、失敗した、こればかりは、後悔(苦笑)
ともあれ、基本は仲良く遊んでましたが…相変わらずはなはほとんど何もしゃべってなかったな…レゴにしてもプラレールにしてもひたすらひとりで黙々と組み立てている…。
まぁ、彼女がそれでいいならもうしょうがないなぁと、私も割り切ることにしたのですがね。

1日(土)。
午後から子供達と一緒にシャンティイ競馬場へ。
前回行った時に、うっかり現金をデポジットしてしまい、期限の今月中旬までにもう一度競馬に行かなきゃと思っていて(でも実は町のタバコ屋とかで換金してもらえると最近聞いたんですけどね)、それで清水さんに厩舎の馬が出走するか聞いたところ、走るということだったので、応援に行くことにしたのです。
先日ホームパーティーにおじゃましたRさんのご主人がわりと競馬お好きな方なので、せっかくなので声をかけてみたところ、Rさんご夫婦と、ご主人の競馬好きな上司の方もいらっしゃるということで。
現地で合流して、途中清水さんにもごあいさつして、あとは1~3レース賭けて見てきましたが、私、今日初めて当てましたー!\(^o^)/
とはいえ、1番人気だったので、微々たる額しか儲けになりませんでしたけどね…まぁそれでも負けるよりは全然いいですよね、プラスはプラスなので。
実はずっと、もしも勝ったらどうしたらいいのか分からなかったので、ちょうど皆さんと一緒のタイミングで教えてもらえてよかったです(笑)
ちなみに、土曜日だったからだと思いますが、子供用のエアトランポリン遊具も出ていたので、子供達も時間を持て余すことなく過ごせてよかったです。

20180901_1

そんなかんじで、夏休みの最後も、充実した数日間になりましたけども。
イヤ、ほんと、2ヶ月、一瞬だった…濃かった…。
かなり充実していたと思うけど、それでも子供達的にはまだまだ、フランス<<<(越えられない壁)<<<日本。
これから学校始まって、不満ごうごうの日々が始まると思うと、ちょっと、いやかなり憂鬱。
習い事が9月中旬から始まるので、そこでちょっとでもやりがいを見つけてくれたらいいんだけどなぁ。

勉強のほうも、夏休み中は、算国がっつりやらせましたよ、毎日午前はほとんど潰れる程度には(単純に解くスピードが遅すぎるという問題も)。
かいはなぜか、3年生の予習がほぼ終わる程度まで…そこまでしなくてももうちょっと2年のハイレベル問題集やらせりゃよかったとちょっと後悔中。
はなのほうができれば5年の予習まで入りたかったけど残念ながら4年冬くらいまでしか進まなかった…けどまぁ、加えて計算問題とかもさせてたし、読解もわりとハードなのをやらせてたので、これはこれで頑張っていたんですけども。
あとは学校の進度に合わせてその都度私がフォローしていくしかないかなと思いますが…教科書持ち帰ってこなかったりするから、フォローが遅れることも多々なんだよね…気を付けて見ていかないとね…。

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »