無料ブログはココログ

« 新学年 | トップページ | 最初の1週間終了 »

2018年9月 4日 (火)

difficultじゃなくてdifferent

学校2日目。
今日もお迎えに行くと、はなはわりと元気なうえにテンション高めの帰り道。
かいも学校楽しかったとのことで。
かいはともかく、はなが元気なのは本当にほっとします。
今日は学校で18時からWelcome Nightというイベント(要するに保護者会です)があったので、16時半にそんなかんじで一旦帰宅してから、再び子供達と歩いて学校へ行ったのですが。
まずはホールに集合して、幼稚園~中学部までの全先生の紹介があって(広いホールでマイクもなく、特に早い英語なんかはほとんど聞き取れませんでしたけどね…)、その後クラスに分かれて各担任からのお話がありました。
私はもちろんはなのクラスへ。
昨日書いた通り、はなのクラスはイングリッシュスピーカーの男性の先生と、フランス人の女性の先生のふたり体制なんですが、まずは男性の先生が英語でひと通り話すことを話して、中学部にも行かなければいけないってことで移動してしまったんですけど、この先生の英語をたくさん聞いたのは初めてだったんですが、すごく聞きやすくて安心した!
去年の担任がだいぶマシンガンだったので…これなら対話できるかも、と、ちょっと思いました。
そして安心したところで、フランス人の女性の先生、今年から来たけど先生歴自体は長い、という前情報だったんですが、確かに多分私達と同年代かちょっと上くらいかなってかんじの、穏やかそうな先生でした。
私に気を遣ってくれて「英語は話せるんだけど上手じゃないからフランス語で話しますけど、よければあとで直接質問に来て下さい」と言ってくれて、まぁ一生懸命聞きましたけどやっぱり大部分は分からず。
そんなわけで、全体への説明が終わってから、先生と個別に話をさせていただきました…私も拙い英語なのでなかなか言いたいことがうまく伝えられなかったりしたのですが…。
まず、はなのことは聞いていると思いますが、とても内気な子で、英語もフランス語も分からないから苦労しているということ、去年のはなは正直学校に来たがってなかったけど、この2日間は大丈夫だし、隣の子とも去年はいろいろあったけど今の子とは大丈夫そうだということ、彼女は活発な子があまり好きではなくて、絵を描いたりしてひとりで過ごすことが好きだということ。
それに対して先生は、この2日間でとりあえず彼女に対してどういう授業の進め方をしたか、来週はどうするつもりかということを具体的に丁寧に話してくれ、隣の子もはなに対してこんなふうに接しているという様子を教えてくれました。
あと、去年ちょっとはなの扱いに関して不満な教科がいくつかあって…具体的には書かないんですが…それに関して私が、「彼女が授業についていけないのは分かるし、彼女が難しい生徒なのは分かるんだけど、でもできればこうしてほしい」ということを伝えたんですね。
この話の流れで、私は彼女が難しい子なのは分かる、と、difficultという単語を何度か使ったんですけどね。
そしたら先生が、私は2日間彼女を見て、彼女をdifficultだとは思っていない、different(異なっている)だと思っている、と。
…これで私、涙腺崩壊しました。
去年の先生達は、明らかに彼女を、手に負えない生徒という扱いをしていました。
なので私も今日こうやって話していながらも、どこか下手に出ていて(日本人的ですね)、お手数をおかけするのは分かります、でもなんとかお願いします、みたいなかんじの話し方になっちゃってたんですよね。
だけどこの先生は、はなをそうやって受け止めてくれた。
私のそんな様子を見て、「私も親だから分かります」って言ってくれた。
まだ2日目だし、これからどうなるか分からないけど、でも、ものすごく希望が持てた時間でした。
ただ先生からも、これは去年の先生達と同じことだけど、はなが説明に対して無反応だから、そこは改善していってほしいってことでしたけどね…はなに言わせれば、何をどう反応したらいいかも分からない状態みたいなんだけどね…。
でも、これも最後に先生に伝えたんですが、私は今年からはもう彼女に、頑張れって言うのもやめたんです、と(このへんはまた後日まとめようと思います)、なのでそこは理解しておいてほしいということは伝えました。
先生は、連絡を頻繁に取っていきましょう、ということで、連絡先も教えて下さって(まぁ学校のオンラインで直接連絡を取る手段は既にあるんですけどね)。
今年の先生達なら、私も、はなも、だいぶ接しやすそうだと、心から希望を感じられた時間でした。
帰り道で、はなにも、先生がそんなふうに言ってくれてたんだよって話をしましたが。
はなも、少しずつでいいから、前向きになっていってくれたらいいなぁと思います。
先生には明日にでも改めて連絡してみよう。

« 新学年 | トップページ | 最初の1週間終了 »

子供のこと」カテゴリの記事