無料ブログはココログ

« ブルゴーニュのボーヌにて | トップページ | スイス旅行2日目<ハイキング> »

2018年8月 9日 (木)

スイス旅行1日目<湖水浴>

7月27日(金)。

ホテルの部屋で朝ごはんを食べてから、9時半頃、一路スイスへ向けて出発!
今回の目的地は、お父さんの元同僚のスイス人Oさんのお宅のある、イヴェルドン・レ・バンという町。
そのOさん、奥さんが日本人なんですが、奥さんとふたりのお子さんが日本に帰国中のタイミングなら、お部屋がちょうど私達の人数分空くので、その期間泊まりに来ていいと言ってくれたわけなのです。
ボーヌから約2時間ということだったので、最初1時間ダンナが運転し、途中私が代わって間もなく、現れました、国境!!

O0816061214238676711

国境の、税関。
どこのレーンに入っていいのか分からず、適当に流れているほうに入ったら、こちらは高速料金を払わなくていい人のレーンだったらしく、イヴェルドンに行くなら高速通るからということで端のほうに止まって待たされ、しばらくしてやって来た係の人に支払いをして、窓にシールを貼り(ちょうど日本の車検証みたいなシールです)、通過できたのですが。
この支払いというのが、36ユーロ!高っ!!
あとからOさんに聞いたところ、スイスの高速料金は都度払いではなく、1年に1回この料金を払ったら乗り放題になるというシステムのようで…観光客のことを全く考えていないシステムのようです…。
たとえば今回のフランスで、私達が使った高速料金は往復で50ユーロくらいなので…フランスでは相当距離走ってますしね、そう考えたらやっぱり高いかなと思います。
ともあれ。

ス イ ス だ ー ー ー ー ー ! ! ! ! ! \(^o^)/

O0864057614238676713

車窓の外に広がる景色にテンションマックスの4人!!!!!
この前の日記でも書きましたが、「スイスー!」「ハイジー!」「おんじー!」「ペーター!」と叫びまくり、「♪おっし~えて~おじい~さん~♪」とヨーデルを歌いまくる、おバカな家族でございました…(笑)
まぁ、私は初めてのスイス路運転で景色堪能どころでもなかったんですけどね…イヤそれでも素晴らしい景色でしたよ!
そんなこんなでスイスを1時間ドライブし、お昼前に無事、Oさん宅到着。
Oさん、日本語ペラペラだと聞いてましたけど…ほんと、全然問題なかったです、すごい。
スイスってただでさえ公用語がフランス語、ドイツ語、イタリア語とあるわけなので…プラス、お父さんの会社は英語が話せないと無理なので英語も使えるわけで…すごいですよね…。
ちなみにスイスのイヴェルドンのあたりは公用語がフランス語ということで、町の中もフランス語だらけだったので、まだ違和感なく過ごしていました。
さて、到着したお宅は、2世帯住宅で(今回Oさんのご両親とは一度もお会いしませんでしたが)、まーーーーーとにかく大きなおうち!!!!!
テラスまでついてて(のちにここで晩ごはんをいただく)、お庭は広くて菜園まであり。
私達は2階の生活部屋に通され、2泊3日ここで生活させていただくことになりました。
さて、お昼はダイニングに下りて、Oさんが用意してくれたスパゲッティをいただき、その後この3日間の予定を話し合いまして。
このイヴェルドンは、ヌーシャテル湖という湖のほとりにある町なので、この日の午後はこの湖で遊ぼうということになり、準備をすませてから車を走らせること20分(Oさんは今車がないようで我が家の車で移動しました)、コンシーズという湖畔の町へ到着。

O0756100814238676714

O1008075614238676718

かわいらしい小さな町。
静かで人も少なかったですけど、ヨットがいっぱい停泊していて、湖水浴を楽しむ人達が。

O0864057614238676716

水もきれい!!
私は着替えませんでしたが、子供達と男性陣が着替え、湖水浴開始。
Oさんが、空気を入れて膨らませるボートを買ってきてくれて(もちろん後日自分の家族と使うためですが、初使用は私達)、これは私も一緒に楽しませてもらいました。

O1008075614238676717

子供達が一生懸命こいでくれましたが、だいたい男性陣が泳ぎながら押したり引いたりしてくれました…(笑)
あとここは、子供向けの遊具も少しあって、ターザンロープがあったので、子供達は現地の子供達と順番守ってしばらく遊んでいましたよ。
そんなかんじで…2時間くらい、スイス初遊びを楽しんだのでした。
帰宅後は、この日もうひとつのお楽しみ!
晩ごはん、さっきも書いた、Oさん宅のテラスでいただいたんですけども、何をいただいたかって、我が家念願の、ラクレット!!
ラクレット、日本でフランス語レッスンの時先生に聞いて(1月13日の記事参照)、その後調べたらもともとスイスの家庭料理だということだったので、スイスでぜひ食べたいとOさんにリクエストしたところ、用意してくれたのです!

O1008075614238676720

ゆでたじゃがいもやハム、そしてラクレット用のチーズ。

O1008075614238676721

チーズを専用の機械で溶かして…。

O1008075614238676722

じゃがいもにかけて、いただきます!
スイス人は普通はハムにはかけないとのことでしたが、我が家はハムにもかけていただきました。
イヤーーーーーこれがおいしかった!!!!!
このチーズ、ほんとにおいしかったな~!
みんなでバクバク食べてしまい、チーズもあっという間になくなりました。
普通は夏にはやらないとのことでしたが…(笑)Oさんに感謝。
あと、我が家、あまりに暑かったのでガブガブと水を飲んでいたんですけど、本当はチーズを食べている時に水は飲まないほうがいいんだそうです、溶けたチーズを食べてる時に水を飲むことでおなかの中でチーズが固まるからで、それはスイスの常識だという話で…常識だから言うの忘れてた、と最後に言われましたww
まぁでも4人ともその後なんの問題もありませんでしたよww
ラクレット機械、ほしいな~、でも我が家大きな変圧器は買ってないから、帰国するまで無理だな~…。
そんなかんじで、あとは順番にシャワーを浴びて眠らせてもらいましたが…この日スイスも暑くて(それでもフランスよりは5℃ほど低いみたいなんだけどね)…まぁ部屋の構造的な問題もあるんだろうけども…あと蚊も飛んでたりして(なにしろヨーロッパは網戸がないからね!!)、この日も十分には眠れなかった私でした…旅行前から暑さで十分に眠れない日々が続いてましたが、旅行中もなかなか眠れず…体調もすぐれないまま、翌日の登山(しかも雨)に突入することになるのでした…。

« ブルゴーニュのボーヌにて | トップページ | スイス旅行2日目<ハイキング> »

子供のこと」カテゴリの記事