無料ブログはココログ

« ハイジの国へ | トップページ | 我が家×登山=雨 »

2018年7月27日 (金)

蚊に刺されると腫れる話

日本は連日相当暑いようですが…フランスも最近暑いです。
昨日のシャンティイは30℃後半…。
夜も連日暑くて寝苦しいです…シャッターを微妙に開けて窓も開けてるんですけど、風がないんですよね…。
それぞれの部屋で寝てるのに扇風機はひとつだから、どこかの部屋だけ扇風機ってわけにもいかないし…。

そんな暑い日々、現れるのが、蚊。
こちらの蚊…刺されると、すーーーーーっごい腫れる!!!!!
一番最初にやられたのははなで、最初に彼女の薬指の爪の付け根がぼっこり腫れてるのを見せられた時、「何これ?!何の病気?!」と血の気が引いて検索したくらい…。
病院も気軽に行けないし、とりあえず感染症か何かかと思って、家にあったステロイド剤を塗って様子を見ることにしたんですけど、その後はなもかいも、腕やら足やらに、ぼっこり腫れた部分がいくつも現れ始め…これ、蚊の仕業なのかぁ、と、気づく。
そして私も数ヶ所やられたんですが…腫れる…。
かゆみは意外とそうでもないんですけど(だからうちの子達も意外とかゆがらなくて、最初なんだか分からなかった)、とにかく腫れる…。
この前AKさんに会ったので聞いたら、やっぱりこっちの蚊は腫れるとのこと。
特に、私達はこちらの蚊に対する免疫もないので、それも大きいんだと思うとの話…やっぱりそうか。

実は、少し前に思い出していたことが。
しばらく前、フランス語教室で一緒になったAOさんが、こっちで風邪とかひいて、日本から持ってきた薬を飲んでも、全然治らない、多分菌が違うんだと思う、と言っていた。
そういえばダンナも一時期ひどく体調を壊していた時期に、日本の薬をいくら飲み続けても全然治らなかったってことがあったなぁと。
私はたまたま残ってた処方薬ですんなり治っちゃったけども(ほんとはそういう飲み方はいけないんだってのは分かってますよ、でも実際こうやって役に立つんだもん)。
病気?も、国が変われば質も変わるんですねぇ…。

何が怖いって、やっぱりなんかちょっと体調の雲行きが怪しいなって思っても、すぐに病院に駆け込めないことだよね。
日本では、どんだけ待たされたとしても、駆け込めば何とかなるけど…こっちじゃそうはいかないっぽい。
最近またはながせき出始めてるのもすごくイヤな感じ…もう喘息の薬全部使いきっちゃったし。
日本に帰ってまた大量にもらってきたらいいかしら…もう医療証様ないから有料になっちゃうけど…保険証はあるからまぁ最低限の出費ですむとはいえ、喘息薬ってそんなに安くないんだろうなぁ…(今まで無料でもらってたから分からない)。

« ハイジの国へ | トップページ | 我が家×登山=雨 »

子供のこと」カテゴリの記事