無料ブログはココログ

« ヴェルサイユ宮殿 | トップページ | 厩舎とイベントと散策と、そしてスケッチ »

2018年7月11日 (水)

2日連続遊んだお友達

夏休み2週目突入。
当初、今週は、木曜午前以外予定がなくて。
月曜日、はなとわりと波長が合いそうな日仏ハーフLちゃんと、今週予定が合えばどこかで遊べるといいな~、なんて思って、連絡しようと思っていた矢先、そのLちゃんママの日本人AKさんからショートメールが。
今日(月曜日)午後から主人が家で仕事をしたいそうで外に出ようと思うんですけど遊べませんか?とのこと。
予定はちょうど空いていて、しかも珍しく気が向いて午前中に結構がっつり掃除をすませたところだったので(笑)何もお構いできませんがよかったらうちでもいいですよ~とお返事…なにしろ暑かったもんで、どこか外で遊ぶのも億劫なんですよね…。
というわけで、お昼過ぎに、AKさんとLちゃん、そしてHくんが3人で遊びに来てくれました。
ここに住んで3ヶ月ですが、お約束してお友達がおうちに遊びに来てくれたのは初めてのことです。
まだ、家具やら食器やらなにやらが、ちょっと思い通りにいってないことがいろいろあったりして、あまり人をお呼びする態勢が私の中で整ってないんですよね…でもまぁ、気にしてたらキリがないし、いっか~と思い。
さて、そんなわけで、我が家に来てくれた初めてのお友達。
みんなでゲーム(Switchでマリオカート)をするところから始めて、おやつを食べたり、お絵描きをしたり、ボードゲームをしたり、男子はビーチボールを蹴り合い投げ合いしてボール破壊したり(苦笑)、最後には4人でシルバニアをしていたり…13時半くらいから18時半くらいまで(日が長いのでね!)、なんだかんだと遊んでいましたよ~。
かいとHくん(同い年)は初めて会った時から十分仲良くなれていたんですが、久しぶりに会ったこの2回目で、さらにどっぷり仲良くなれたかんじでした。
一方の女子チームは、どちらも内気なふたりなので、会話はそれほど多くはなかったけど、でも少しずつ打ち解けてきたかんじがあったので、もう一歩かな~というところ。
今週中にもう1回くらい遊ばせられるといいですね~と話していたのですが。
ちょうどつい最近、Facebookで、シャンティイ城の立体迷路が復活したというお知らせを見ていた私、今週火水がわりと気温が落ち着く予報だったので、行こうと思ってるんです~と話したところ、火曜日は午前中に買い物に行くけど午後から合流します、という話になり、2日連続遊んでもらうことに。
我が家は午前中に勉強やらなにやらすませて、お昼を食べてから、13時半過ぎにシャンティイ城到着。
AKさん達は14時半くらいになると思うとのことだったので、1時間くらい、まずは私とはなはシャンティイ城のスケッチを、そしてかいは後ろのお堀で石投げ(水切り)をして遊んでるとのことで。
スケッチの完成品は明日の日記ででも公開することとしまして…。
約1時間描いて14時半になったところで、私達の絵も一応完成し、かいも遊び飽きてきた頃だったんですが、まだ到着連絡がなかったので、じゃあ先に迷路のほうに向かってるか~と。

20180710_2

久しぶりに行ったら、羊がいた…!!!!!
お父さんがジョギング中に見たと言っていたのはこれだったのか…!!!!!

20180710_3

これが迷路。

20180710_4

中はこんなかんじ。
とりあえず、みんなが来るまで入るのは待ってることにして、しばらくのんびり過ごしてたら、AKさん達到着、そして子供達は一気に迷路になだれ込むも、ものすごーく簡単だったそうで、がっかりして帰ってきました…残念…。
というわけで、その後は、男子チームはボール遊びをしたり川に石を投げたりして盛り上がり、女子チームは草花でブレスレットやなんかを作って静かに遊んでおりました。
帰りのバスが、家まで直行するものが16時半が最終で、その時間に合わせて帰ろうとしたら、かいがまだ帰りたくないと言って泣き出し(すぐ泣く男です…)、AKさんも、まだほとんど遊んでないから車で2回に分けて送ってくれると言って下さって、じゃあもうしばらく遊ぼう、と。

20180710_5

とりあえず川に石をひたすら投げていた男子チーム。
あとはみんなで帽子を使ってちょうちょをつかまえてみたり。

20180710_6

女子チームも2日連続遊んで、ちょっとは仲良くなれたかなぁ…どうなんだろう。

20180710_7

こんな遊びもお城ならでは…(笑)
というわけで、ひとしきり遊んで、その後まずはAKさんが車で女子ふたりを、18時まで開館している図書館に連れて行ってふたりを置いてきて戻ってきて、その後私と男子チームを乗せて図書館に行って女子と合流、図書館の近くまで行けばバスはまだ全然あるので、そこから我が家はバスで帰る…という手段を取ったのでした。
私は男子チームと待っていたわけですが、その間も男子チームはひたすらお堀に石やら砂やら投げ入れる…こんなの日本じゃ絶対怒られるだろうなぁ…(苦笑)
でもこのふたりは本当にすっかり仲良くなって、私もちょっとフランス語話せたりして、いい時間だったかなと。
女子チームのほうはやっぱりもうひと息なんだけど…まぁでもふたりともそれぞれのペースがある子なので、親は黙って見守ってましょうかね。
いずれにせよ、日本語が通じるお友達で、上も下も同い年、しかも性別も性格もそれぞれ一致してる、とてもありがたいご家族なので、これからも予定が合えば時々こうやって一緒に遊ばせてもらえたらいいなと思います。

« ヴェルサイユ宮殿 | トップページ | 厩舎とイベントと散策と、そしてスケッチ »