無料ブログはココログ

« Le Mont-Saint-Michel<前半> | トップページ | Saint-Malo »

2018年7月 4日 (水)

Le Mont-Saint-Michel<後半>

前回日記からの続きです。

6月30日(土)。
18時半頃まで、明るいモンサンミッシェルを堪能し、一旦ホテルに戻り、それから向かいのスーパー?おみやげ屋さん?をのぞいてみることに(ホテルから10%割引券をもらってありました)。
結構大きくて、ちょっとした食料品や日用品も置いてありましたが(私はここで歯ブラシ調達)、圧倒的におみやげスペースが広く、私達もここでおみやげをいくつか購入。
レジの係のおひとりが日本人の方で、日本語で対応して下さいましたよ。
というか、店内の客、ほとんど全員日本人でした…(笑)
そしてその後、ホテルの隣にあるレストランへ、晩ごはんを食べに行くことに。

20180630_25

LE RELAYS DU ROYというお店で、ホテル一押しのレストラン。
今回、私はどうしてもモンサンミッシェル名物のオムレツが食べたく、お父さんはどうしてもプレサレが食べたいと。
プレサレとは、モンサンミッシェル周辺の、塩を含んだ草を食べて育った子羊のことで、プレ(前もって)サレ(塩気がある)という意味です。
で、ちょうどよく、こちらのお店ではどちらも食べられるようだったので、ここに決めました。
まぁ…高かったんですけどね…観光地だし仕方ないかなぁとも思いつつ。
面白かったのが、入店の時、店員さんに、中の席と外の席とどちらがいいですか?「Outside? Inside?」って聞かれたんですけど、すかさずかいがジャンプしながら大声で「Outside!!」ってwwwww
店員さんにも近くのお客さん達にも笑われつつ、即テラス席に案内していただけたのでした…グッジョブ(笑)
さて、子供達は、子供メニューが10ユーロだったので問答無用でそれ。
私達は、私がオムレツを含んだコース、ダンナは単品のプレサレがあったのでそれで。
せっかくなのでこのあたりの名物らしいシードルも頂くことに。

20180630_26

おいしい!さらっと飲んじゃった!(笑)

20180630_27

私のコースの前菜、これはおいしかったー!
4人で回しながら食べました…(笑)
しかし…こういうお店は、ほんっとに、出てこないね、料理が…。
ハワイでも、待てども待てどもウェイターが来なくてなかなか料理が出てこないお店があったよね~なんて話しつつ…。
イヤ、店員さん達はみんな、感じよかったんですけどね~、とにかく遅いんですわ…。

20180630_28

待って待ってようやく出てきた子供のプレート、鶏肉なんですけど、うーん、パサパサでイマイチだったかな(欧米人好みかも)。

20180630_29

お父さんのプレサレ、これは大正解!!すっごくおいしかった!!!!!
さすが1皿で20ユーロ越えだけのことはある…?(苦笑)

20180630_30

問題はこれだ、私のオムレツ。
来た時のインパクトはすごいよね、おぉ~っ!!って。
で、さっそくひと口食べるも…ん…???なんだこれは…???と…。
上は、ふわふわというか、ほとんどただの泡で、ベースが一応硬い卵なんですけども…なんか、味も、あるにはあるんだけど…なんだろう、この、なんも言えねぇ感…。
ボリュームだけが無駄にある、よく分からない味の泡を、ひたすら口に運ぶ苦痛…もはや苦行に近く…。
なんとか半分食べたところで、お父さんにパスしたんだけど、ダンナも4分の1食べたところでギブアップ…「生命の危機を感じる」とのこと(苦笑)
というわけで、申し訳ないけど、4分の1、残してしまいました…これは私達にはものすごく珍しいことです…。
オムレツ…おそらくお店を選べばおいしかったのかもしれないけど…でも、周りの人達の話を聞いても、オムレツは微妙だったってことだったので、もともと期待はしてなかったんですが…とはいえ、私が食べたものは、微妙なんてレベルじゃありませんでした…。

20180630_31

口直しのクレームブリュレはおいしかったです。

20180630_32

子供達もデザートのアイスを堪能して終了。
しかし…19時過ぎに入店して、退店したのは22時!
まーーーーー、ほんっとに出てこないね、料理…。
海外でのレストランでの食事ってのは、日本の感覚でいちゃいけないものなのよね…それにしてもひどすぎたけども。
かいの「Outside!」が素晴らしかったので、途中途中で、手を挙げさせて「パン下さい」とか「デザートお願いします」とかフランス語で言わせましたけど(笑)、ウェイターさん達も忙しくて、こんなちびっ子が手を挙げててもなかなか来てくれず…まぁそれでもめげないところがかいのいいところなんですが…(笑)
さて、ようやく退店したところで、夕暮れの時刻になっていたので(22時ですよ!22時!)、モンサンミッシェルを一望できる、橋にもなっている堤防へ移動。

20180630_40

きれいですよね…!!
空の色も、水面に映る影も美しいです。
そんな美しい光景を目の当たりにしながら、アホな私達家族は、

20180630_38

アホなトリックアート写真撮影に全力を注いでいたのでした…(笑)
ひとしきり遊び倒したところで、またふもとまで行ってライトアップされたモンサンミッシェルを堪能しようと思い、再びシャトルバスで移動。

20180630_41

C'est magnifique...!!!!!
これが23時近くの写真。
こんな時間なのに観光客で溢れています。
最初ホテルのフロントの人に、シャトルバスが24時まで走ってるって聞いた時は、はい???なんで???と思いましたが…納得でしたね…。
お父さんと子供達はまた写真左のほうへしばらく行ってました…かいの強い希望により石投げをするとのことで…(苦笑)

20180630_36

写真中央がはなです(地味に私も右のほうに写ってますけど…写真撮影に夢中)。
なんだかすごく幻想的な写真に仕上がってますね…。

20180630_35

20180630_34

本当に素晴らしかったです、1泊して大正解でした。
昼の姿も夜の姿もじっくり堪能して、またシャトルバスでホテルに戻ったのはもう24時近かったので、もうお風呂も入らず寝てしまったのでした。

20180630_37

最後ホテルに戻る前にもう一度、夕暮れ時を過ごした堤防から。
本当に素晴らしかったです…。

« Le Mont-Saint-Michel<前半> | トップページ | Saint-Malo »

子供のこと」カテゴリの記事