無料ブログはココログ

« 急遽のバレエ体験/柔道着買いました! | トップページ | はなの号泣 »

2018年6月 3日 (日)

馬の町で人生初競馬

ついに!競馬を初めて体験してきました!
シャンティイは馬の町、競馬の町ですけれども、6月は2回、ジョッキークラブ賞とディアヌ賞という大きなレースがある、とても大切な月のようです。
私は競馬に関しては全く未経験だし全く知識もないので、よく分かりませんが、とにかくシャンティイが特に賑やかになるのがこの2回の日曜日のようです。
で、今日が、ジョッキークラブ賞。
実は2週間後のディアヌ賞のほうに、先日日本人8家族で集まったピクニック(5月8日の記事参照)でお知り合いになった日本人ご主人からお父さんがお誘いを頂いたんですが、我が家はその日私のフランス語検定のため朝からパリなので、逆に今日のほうはどうかとお聞きしたらこちらはそのご主人がご都合悪いとのことで、結局当初の予定通り我が家のみでの参戦。
そうなんです、もともと私、この日はとうにチェック済みで、家族で行くつもりいたのです。
もちろん馬の町に住んでいて、競馬の経験をしないなんてどうなのよっていう思いと、あと調べてみたら、子供向けの遊び場があったり、ポニーに乗れたりするってことだったので!むしろこちら目的で行ったようなもんです(笑)
当初は家族4人で行く予定でいたんですが、お父さんが、すっかり私の風邪をもらってしまったようでここ数日ひどく体調を壊しておりまして(ちなみに私はだいぶよくなりました…まだ鼻声でティッシュが手放せないしせきも出ますけど…)、結局私と子供達3人で行くことに。
競馬場までは我が家から徒歩20分とグーグルマップ様はおっしゃいましたが、まぁ子供達の足を加味して30分ってところですね。

20180603_1_2

こんな林の中をひたすらてくてく歩いていきます。
ちなみにシャンティイ、市の総面積が16,000ヘクタールの内11,210ヘクタールが森(7割)、らしいですよ(笑)
この道は車は通れないんだけど、土の地面の上には馬のひづめの跡がたくさんでした。
ところで、町のオフィスツーリズムのHPで競馬の予定を知ったのですが、それによると今日の11時からってことだったので、念のため早めに出発、10時半頃には到着したのですが、まだ入口付近は閑散としていて、ちょっと近づくのも気が引ける雰囲気。
なので、とりあえず11時になるまで近くをぶらぶらし(なにもないんだけど…)、おやつを食べて11時に戻るも、まだ閑散としてるし、チケット売り場も開いてない雰囲気。
中に人はいたので聞いてみたら、チケット販売開始は11時半とのこと。
まぁ、もう優先入場みたいなのは始まってたので、そういう意味では11時開始というのはあながち間違いではないのかもしれませんが…仮にもオフィスツーリズムのHP、もうちょっとしっかりしてほしいところ…。
近くにちょっとした芝生のスペースがあったので、そこでゴロゴロしたり、子供達は走り回ったりしてしばし時間をつぶし、11時半になって無事にチケットを買い(通常入場料、大人10ユーロ、子供無料)、さて入ろうかと思ったら、今度は一般入場は12時からだと…なんだとー?!
てわけで、また芝生エリアに戻り、今度は持参のシートを敷いて、持参のお昼ごはんを食べてしまうことに。
食べ終わって12時になった頃に戻ると、今度はちょっとした列もできていて、賑やかに入場開始しているところでした。
私達も今度こそ入場。

20180603_2

車で目の前の道は何度も通ったことがありましたが、初入場です。
とりあえず競馬場(馬場って言うのかな?笑)を見てみると…。

20180603_3

これは、あとでレース直前の時に撮った写真なんですが…写真左奥には大厩舎、右奥にはシャンティイ城が見えるというレース場。

20180603_4

こんなエリアがあって…おそらくこれは早い者勝ちで取っちゃうクッションなのかな~、気持ちよさそうでしたけど(笑)
で、とりあえず、入口でもらったパンフレットを見てみると、どうやら本日は、13時55分に第1レースがあり、その後18時10分の第8レースまであり、そして一番大きなジョッキークラブ賞というのは16時15分のレース、らしい。
そうか~じゃああんまり早く来たんじゃ、一番大きなレースまで結構な時間があるわけね…と、初めて知る。
ま、我が家は、別にそのレースを絶対見たい!というわけではないので、とりあえず、第1レースを賭けてみることに。
あちらこちらに、対人で買えるチケット売り場と、自動券売機があり、自動券売機で英語対応のものにはイギリスの国旗がついていたので、そこで買ってみることにしました。
賭け方は何通りかあるようですが、とりあえずド素人で本当に初めてなもので、複雑なのは無理だから、単勝で。
なんか、2番だけ、異様に人気が高かったので、もう細かいことは分からないからここに単勝で2ユーロww

20180603_5

なんか、うちのカード読み取ってくれなかったので、結局現金で購入。
さて、これが12時半くらいだったと思いますが、レースまであと約1時間半。
子供エリアが12時半から遊べるとどこかで見かけていたので、行ってみることにしましたが、どこだかはすぐに分かりました!

20180603_8

これがありましたんでw
子供達、結局これ、何回乗ったかなぁ…全種類の乗り物制覇したみたいです、あ、無料ですよ。

20180603_9

これはレースのバーチャルゲーム?
かいがなかなか勝てなくて何度もチャレンジし、勝てるようになってからも乗っていました…(笑)
他にもありましたが、とにかくここで一番の目玉はこちら!!

20180603_6

ポニー!!
どこかの厩舎から来てたんでしょうけど、そこに通ってる子達なのかなぁ、お手伝いに来てて、ポニーを引いてくれる係だったんですが、その中に学校の女の子もひとりいて、声をかけられたとのこと。
いいなぁ、うちも乗馬習えるところ一応探してるんだけど…(もうやる暇ないけどね、多分)。
ともあれ、このポニー乗り場、ここも、後ろにシャンティイ城(ピンク矢印)と大厩舎(赤矢印)が見えるという、なんとも素敵なロケーション。
ここで、基本2周、ぐるっと回らせてもらえます。

20180603_7

はなは白馬が似合うねぇ~(笑)
ちなみにふたりがポニーに乗ったのはこれが2度目で、最初は2013年8月、栃木のハンターマウンテンゆりパークでしたが(2013年8月11日の記事参照)、ふたりとも全く覚えてないとのこと(そりゃそうかw)。
このポニーも無料だったので、ふたりとも何度も何度も、いろんなポニーに乗せてもらっていました。
ここに来るのに私が10ユーロ払ったのみなので、かなりお得ですよね~。
さて、そんなかんじで1時間ちょっと時間を使って、いよいよ第1レースがスタートする頃になったので、観覧席のほうへ移動。
芝生に座ったり、レース脇のフェンス沿いに立ったり、建物の下の階段状の席に座ったり、それぞれ好きな観戦場所を選んでいましたが、我が家は日陰がいいってことで建物下の階段へ。
第1レースは1200メートルの直線、右から左へ一直線に駆け抜けるレース。
最初のスタートは全く見えず、大画面を通じて見ていましたが、歓声の高まりと共にようやく見えてきました!

20180603_10

周りの「Allez! Allez!(行け!行け!)」と一緒になって私達も「Allez!」って応援してましたけど、賭けた2番は惜しくも2位…!!
単勝だったのであえなく外れで終了した競馬デビューでございました。
ちなみに、ゴール地点も全く見えなかったです。
コーナーを含むレース、たとえばそのジョッキークラブ賞だったら、2100メートルで、スタートこそ見づらいもののゴール地点はよく見える位置だったっぽい。
なるほどね~、レースによって距離もコース取りも全然違うのか~と、これまたひとつ勉強に。
さて、あえなく負けちゃったので、あとはもう1回ポニーに乗りたい!という子供達をもう1回だけ乗せて、暑かったので最後の長い帰り道用にスムージーを1杯ずつ買ってあげて(1杯4ユーロもしたけど)、それで会場をあとにすることにしましたが、どうやら一度退場したら再入場は無理っぽくて、退場する時に確認されて、帰るんだって言ったらびっくりされましたwそりゃそうだまだ1レースしか終わってないwこれから入場する人達のほうが長蛇の列を成してるというのにw
でもいいんです、今回の私達の目的は、とりあえず競馬場というところに入って競馬というものを体験してみること、それから子供の遊び場を確認して、ポニーに乗る体験をさせること、だったので、全て目的は達成したのです!
とりあえず次に来る時は、こんなに早く来る必要はないから、見たいレースに合わせて来ればよさそうですよね、そして一度レースがスタートしたらあとは30分おきくらいにどんどんレースがやってくるので、多分そんなに間延びすることなく待つことができますね。
実際今日帰る時も、ポニー乗ってスムージー買って…ってしてたらもう次のレースが始まる時間が近づいてきてたから、うっかりもう1レース賭けてみちゃおうかと思っちゃったもんw
でもあまりにも知識がないから、また買ったところでしょうがないなと思ってやめて、退場して、そしたら外を歩いてる最中にレースがスタートしたので、場外から場内の大型スクリーンが見えたのでそこでレースの様子を見てから帰りましたけど。
今度来る時は、やっぱりもうちょっと、きちんとした情報収集をしてから来たほうがいいな~、今回はオフィスツーリズムの情報くらいしかなかったから(あ、あとどこかのサイトで、子供向けのイベントがあることは知ったんだったな…)、ちゃんとした時間も結局分からなかったし、何レースあるとか、メインのレースがどれかとかも分からなかったし…それくらいは知っておいた状態で行ったほうがいいね…でもどこで情報手に入れられるのか全然分からないんだけど。
さて、帰りも来た道と同じ道をてくてくと歩いて行ったのですが、最後の最後に、とても驚いたことが!
ちょうど、一番最初に載せた写真のあたりですが…馬のひづめの跡がたくさんあったと書きましたけど、帰り道、まさに馬と行き会ったんです。
で、私達も、「馬だ!」とか言ったから、なんだと思いますが…その馬が近づいてきまして、馬上の方が「こんにちは!」って!
私もとっさに「こんにちは」ってごあいさつするも、あれ?!この方はお知り合い?!と思い…さっきも書いた例の8家族ピクニックの時、馬に乗る仕事をしているご主人がおひとりいらしたんですけど(そしてその方がうちの近所で馬に乗っているのも見かけたことはある)、その方?!イヤでも違うよなぁ…と思ってたら、お名前を名乗って下さって、あ!と。
実はそのピクニックの後、Sさんが、シャンティイ近辺に住む日本人のメーリングリストを作ってくれて、その8家族以外にも、何人か追加されていったんですけど、その中のおひとりでした、つまりまだお会いしたことはなかったけどお名前は知っていた方。
その方、「メーリングリストにいますか?」って聞いてきたので、「います!」って答えたんですが、まぁあまりのんびりお話しできる状態ではなかったので、その場はそれで終わってお別れして帰ってきたのですが、イヤー偶然ってあるものですね!てかほんっとに日本人会うなぁ!
そんなこんなで…馬の町でお馬漬けの1日、とっても楽しんで帰ってきました!
競馬なんて、日本にいたら一生やらなかったと思うし、やろうとも思わなかったと思うので…こういう、新しい経験ができるのって、すごく楽しいし新鮮です!

« 急遽のバレエ体験/柔道着買いました! | トップページ | はなの号泣 »

子供のこと」カテゴリの記事