無料ブログはココログ

« La Fête des Voisins | トップページ | ふたつのバレエ発表会 »

2018年6月10日 (日)

乗馬体験と、厩舎見学

先日…6月4日のことですが、シャンティイで大きな競馬があったので行ってきて、その帰り道、馬に乗った日本人の方から声をかけられたという日記を書きました(6月4日の記事参照)。
メールアドレスは知っていた方だったので、その後メールしていろいろお話させていただいたのですが、調教師をしていらっしゃる清水さんという方でした。
私、実は子供達の習い事、バレエ柔道バスケの影で、乗馬も検討していて、乗馬クラブも探していたんですけど、なかなかうまいこと見つけられなかったもので、どこかご存知ですか?と図々しくも聞いてみたところ、お知り合いがやっている乗馬クラブがあるとのことで、そちらに取り次いで下さったんです。
それで昨日待ち合わせて、清水さんの車の後について私達家族も車でその乗馬クラブまで。
昨日はまずは、子供達に引き馬での乗馬体験をさせてもらって、それで気に入れば実際に入会することも検討しようかな、というかんじで。
ヘルメットはお借りして、2匹のポニーの背中に乗る子供達!

20180609_1

てっきりクラブの方が対応してくれるのかと思っていましたが、清水さんがずっと引いて下さって…ここまで取り次いで、来て下さっただけでもありがたいのに、こんなことまでお付き合いいただいて申し訳ないやらありがたいやら。
ポニーはまずは田舎の公道をずっと歩いていきます。

20180609_4

放牧中の馬がいっぱいの、本当にザ・田舎(笑)

20180609_3

いつもながら、かいは始終饒舌(笑)
初めてお話しした清水さんとも普通に話せてよかったと喜んでました。
ちなみにこのポニーは眠かったようで足取りが重かったです…(笑)

20180609_2

特筆すべきはこちらのお嬢様。
この破顔をお見せできないのが残念!
この娘、実はずっと前から、ペットを飼う願望は強くて…犬飼いたい、猫飼いたい、うさぎ飼いたい、モルモット飼いたい…しょっちゅうあれこれ言われるんだけど、なにしろ私は動物を飼った経験がないので育てられる自信もないし、だいたいペットにお金をかける余裕はない、といつも却下していたのですが…動物好きなんですよね、この子。
まぁ、私も、子供の頃は動物飼いたいとよく言ってたので気持ちは分かるのですが…。
そんなわけで、本当に嬉しそうなはなでした。
さて、散歩は、はなの写真後方に続く真っすぐな道をしばらく歩いたところで引き返し(写真は引き返してきたところ)…ちょうどその写真の後ろに、大きな馬とそれに乗った人達が写っていますが、その人達が、すぐ横にある、調教場?からたくさん出てきたところで…調教場が空になったようなので、ちょっとそちらにも行ってみますか、と。

20180609_5

20180609_6

こんなところ、当然ながら初めて入りましたけども。
このエリアの中でも、ここは馬が走っていいところ、とか、この部分は人工の土、とか、いろいろおもしろいお話も聞かせていただきました。
人間が歩くにはなかなか歩きにくいかんじの場所でしたね、貴重な経験。
そんなかんじで、30分くらいかな?お散歩終了。
子供達は大満足!
本当は私達大人も乗ってみたいところでしたが、こちらは大人がこういう体験ができるコースはないようでした。
フランスにいる間に、どこかで一度体験できる機会があったらいいなぁと思いますが、はてさて。
最後に、もし通うとしたら…と、曜日や料金の体系をお伺いして(というか私達はフランス語がまだ無理なので清水さんが通訳して下さって助かりました)、今日のところは終了。
厩舎の小さなお嬢ちゃん、4、5歳くらいかなぁ、もう当たり前のようにポニーに乗っちゃって、かっこいい乗馬ブーツも履いていて…かわいかったしすごかったなぁ、文化の違いを実感。
さて、ここで清水さんのほうから、(清水さんの)厩舎を見に来ますか?と言っていただき、いいんですか?!と、もちろんお伺いすることに。
実はもともと、後日お伺いすることにはしていて、厩舎も我が家から直線上のすごく近所だということも分かっていたのですが。
というわけで、また車でついていって、お邪魔してきました。

20180609_7

清水さんの厩舎には今現在4頭の馬がいるそうですが、この子が、この前道ですれ違った、ヴュームーラン、凛々しいお顔ですね!
実はあのすれ違った時、シャンティイ競馬場で出走するために会場に向かっているところだったんですって!
日記にも書いたけど、私達は1レース目だけ見て帰ってきちゃったけど、ヴュームーランはその後6レース目に出走、惜しい結果だったそうです。
今度はぜひ競馬場で走っているところを応援したいです!

20180609_8

この子はスピードという名前だそうですが、とてもおとなしい性格だそうで、顔つきも優しいですよね。
奥にはさらにもう2頭いましたが、当たり前なんだけどみんな顔つきとか違うものだなぁと…こんなに1頭1頭馬を近くで観察するなんてなかったので。

20180609_9

この、はなの幸せそうな表情をお見せできないのが本当に残念!
はなはこのスピードが特に気に入ったようで…帰宅後も、「またスピードに会いたい…」と。
また遊びに来させてもらおうね、そしていずれスピードのレースも応援に行けたらいいね。
というわけで、清水さんにお世話になりっぱなしの1日で、これも全て馬の町でのほんの1週間前の偶然からですので…人生本当におもしろいものですよ。

さて…乗馬、ね。
本当に、はなは、やりたそうです。
「バレエと違って馬はほんとに自分からやりたいって言える!」的なことを言っております…苦笑いするしかない。
バレエね…バレエに関しては、ちょっとまた明日書くんですけども…イヤ、実際、彼女には乗馬はとてもいいんじゃないかと、私は思っているんです。
なにしろ今フランスでの生活がストレスになっている彼女ですから、なにかひとつでも彼女が積極的に取り組めるものがあればいいなぁと思うし、それが彼女の癒しになればいいなぁとも思うし、アニマルセラピー的な効果も期待できるかなと。
清水さんも、昨日のはなの様子を見ながら、とても学校で内気な子のようには見えないとのことでしたが、そのくらい昨日のはなは元気で幸せそうでした。
せっかくフランスしかもシャンティイに住むことになったんだし、乗馬というのはここならではで、かつ日本ではなかなか経験しづらい、とてもいい選択肢ではないかと思います。
料金も、日本で乗馬をするのと比べたら、かなりお安いんじゃないかな?日本で普通に週1回バレエするのと大差ないくらいの金額かなと思います(このへんの他の習い事に比べたらだいぶ高いけど)。
ただ…問題となってくるのは、まずひとつは、はなにやらせようと思ったら、もれなくかいもついてくること(苦笑)
かいは柔道とバスケで十分だと思うんだけど…はなだけでもいい?って聞いたら、当然ながら「俺もやる!!!!!」とのことでした…そりゃそうだよなぁ…(苦笑)
そして最大の問題点が…もしこの乗馬に通うとなったら、もうバレエはコンセルヴァトワールは今度こそ完全にあきらめなきゃいけないな、と…。
これについては…また明日書きます。
ま…前向きに検討したいなとは思います。
昨日説明聞いてた時、フランス語が理解できないところに若干難色を示されてた感はありましたけども、まぁ、なんとかなるでしょう(分からないけど笑)。

そしてこのあとはバレエ&ダンスの発表会を見に行き…それについては別日記で…さらにかいは夕方から柔道へ。
柔道、本当によく頑張ってる!
大きい子達相手だけど、果敢に組みにいってるし、たまに運よく倒せてたり(笑)
どんどん強くなれー!

« La Fête des Voisins | トップページ | ふたつのバレエ発表会 »

子供のこと」カテゴリの記事