無料ブログはココログ

« はなの号泣 | トップページ | 特別授業参観 »

2018年6月 6日 (水)

フランスの学校

昨日は夕方からかいのバスケへ行ってきました。
先週は体育館の鍵を持ってる人が来なくてまさかの中止でしたが(笑)昨日は無事に練習が行われました。
バス時間がちょうどいいのがなくて…数分遅刻してしまうバスで行ったんですけど、行ったらいつもとコーチが違って、珍しくもう練習始まってた…先週とのギャップ(笑)
まぁでも我が家はもうこのバス時間で行くしかないかな~、あとはキックボード買うかどっちかだな。
練習のほうは、ちびっこのかい、試合でも走りまくってディフェンスしまくって頑張っておりました。
まだオフェンスのほうは技術が足りなくて戦力にならないですが、自分なりにディフェンスは頑張れるって思ってるんだろうな…とはいえ、チーム全体的にオフェンス力ないですけど…(苦笑)

そして本日水曜日も、学校半日で終わってから、久しぶりに水曜バスケへ行ってきました、初めて体験に行った日以来ですね。
実際に入会したら、水曜日に来られるかどうかは、はなのバレエとの兼ね合いでかなり微妙なところではありますが、とりあえず水曜にしか英語を話せるコーチが来ないようだったので、9月からの入会のことを聞く必要があって、今日イレギュラーで行ってきたわけなのですが。
練習は1時間半、ジャンプシュートの練習は驚くほど成功率がよかったかい、試合でも昨日同様感心するほど走り回り、よく頑張っていました。
練習後、来年度のことを聞いたら、来年度用の登録フォームがまだできてないから、9月に来て登録してくれればいいという、さすがのシャンティイスタイルでした(笑)

さて…本日の話題。
子供達がフランスの学校に通い始めて2ヶ月…もうすぐこの学年も終わってしまいますけど、ここまで通ってきて日本といろいろ違うなということを、思いつくままに羅列してみたいと思います。
あ、「フランスの学校」って言っちゃってますけど、私立でインターですので、一概に「フランスの学校」と同列には並ばないかもしれませんが…でもそこまで大差はないのかなと。
ともあれ、ちょっとダラダラと書いてみます。

まず、まぁ基本的なところですが、9月に新学年が始まり、6月に終わる。
学年の最中も、だいたい6週間学校に行ったら2週間のヴァカンスがある。
学校は月火木金は朝8時半~16時半、水曜はたいがいの公立は休みのようだけど、うちの学校は12時までで、お昼なしで帰宅(うちの近所の公立も去年あたりまでは水曜半日あったらしく、この点は学校によって多少差がある模様)。
ちなみに、うちの学校はお昼は給食(仕出し)か弁当の選択制だけど、公立ではお昼に一旦帰宅して家でごはんを食べてから再登校するというパターンも珍しくない模様、その場合はフランスは登下校時親の送迎が必須だけど昼も送迎が必要になる。
つまりは、学校が終わるのは遅いけど昼休みも長いということか…でもうちの学校は昼休み1時間です。
お弁当は、パスタを持ってきてる子が多いとか、ポテトチップス持ってきてるとか、まぁ、言ってしまえば適当っぽい(笑)
給食は、パスタとか、ラザニアとか、イカリングとか、パエリアとか、アメリカンドッグとか…メインと、必ずサラダとデザートがついてるかんじ。
パスタといえば、こないだナポリタンが出てたのには驚いた、あれって日本発祥だと思うけど、もう世界標準なの?
我が家は今はふたりとも給食ですが、来年度からははなのみ本人の強い希望でお弁当になるので…まぁ周りに倣って適当にやります…(笑)
他に、うちの学校に関しては、みんなおやつを持参して休み時間に食べるのも普通で、うちの子達も持っていきたいと言うので持たせています。
休み時間は、わりと強制的に外に出されることが多いようで、外遊びが嫌いなはなにはちょっと苦痛の模様…この前も鬼ごっこで男子に強くタッチされて派手に転んで頭を打ったって言ってパーカードロドロにして帰ってきた…ほんっとに、ダメなんです、トロくて(苦笑)
でもこういう時間の過ごし方こそ、自由が尊重されてもよさそうなんだけどね~、不思議の国フランス。
まぁ親からすれば、ひとりで机で絵を描いたりするよりみんなで走り回ってコミュニケーション取りなさいよとは思うけど…日本にいた時から思ってたけど…。
あとは…行事がとても少ないので、親も送り迎え以外は学校に行く機会が少ないらしい。
式典的なものもないので…日本の感覚で言えば、修了式に出ないなんてよっぽどじゃないとありえないと思うんだけど、こちらでは学年終盤はほとんどまともに授業なんてやってないし遊んでるとかで、なのでヴァカンスを取るために最終日にいない子なんてザラな模様。
日本人ママのADさんも、いつも6月のうちから日本に帰ってるって言ってた、もちろん娘ちゃんと一緒に。
始業の日はさすがにみんな一斉に登校してくるんだと思うけど…どっかのサイトで見たけど、始業直前?始業日?どっちだっけな、そこでようやく新年度の持ち物が発表されるからそこで一斉に買わなきゃいけないとかなんとか…信じがたい効率の悪さ…一体何のための2ヶ月のヴァカンスなんだ…。

他、日本と違うなと思うのは…。
「着替え」という行為が存在しない。
日本だと体育の授業があって、体育着に着替えるということをするけども、そもそも体育の授業というものがほぼ存在しないらしく…うちの学校では学年につき週1回設定されているけど、それが実施されない日も結構ある模様。
で、体育がある日に関しては、朝から動きやすい恰好をしていく必要があって、スカートは避けなければいけない。
…んだけど、ついついうっかり忘れちゃって、履いていってお友達に言われちゃった~なんてことも、つい先週に。
そもそも、教科書も連日全部学校に置きっぱなしで、時間割をチェックするということをしなくても日々が成り立ってしまうのね、なので体育の存在をうっかりチェックし忘れてしまうのです…これはいまだに要注意。
それから、算数の授業で普通に電卓が使えてしまう、らしい。
ちょっと、どれくらいの割合で許してるのか、よく分からないんですが…かいが、なんだったっけな、ちょっと桁の多い引き算かなんかで苦労したって話をしてて、みんなはそれできてたの?って聞いたら、みんな電卓使ってる~って、思わずひっくり返りそうになる答えが(苦笑)
もちろんかいには引き算ごときで電卓なんて使わせませんよ…。
はなのクラスでも、何の計算の時かは分かりませんが、電卓を普通にみんな使っているようですしね…。
フランスって、数学に関してはものすごく鍛えられるって、今読みかけの本で読んだんですけど…鍛えられるのは思考力のほうなのでしょうか、ベースの計算力は別にいいんでしょうかね…。
あ、あと、割り算の筆算が違うの!

34583163_1552634598191673_211901124

これ昨日の宿題だったんですけど…最初見た時、固まってしまいました(苦笑)
まず私が理解しないことには教えられないので…なんとか頑張って理解しましたが、そしたらはなは、日本の筆算よりこっちのほうが私はやりやすい、なんて言ってましたけどね、はてさて。
こういう違いが、ほんとにいっぱい出てきますわ…。

あと、なんか、席があまりきちんと決まってないっぽい?
なんかその日によって座ってる場所がみんな違うとかなんとか…大学か。
でも、この前ちょっとはなの件で問題があった後、先生は全体的に大規模な席替えをしたと言っていたので…うーんこのへんはまだ謎。
あ、座るといえば…フランスでは、子供達、床に座る時、あぐらがスタンダード。
日本なら集会で体育座りするところ、みんなあぐらです、男子も女子も、学校でも習い事でも(そして寝転がる子も多いこと…柔道でもこれやってる子がいるのは正直ちょっと何とかしてほしい)。
はなはそんな中でも頑なに体育座りをしているようで…水曜日は毎週集会があるのですが、今日クラスの女の子に「この座り方にして!」ってしつこく言われたようで…でも他の子が、「違う座り方してる子もいるんだからいいいじゃん」って言ってくれたみたいなんですけどね。
まー…はなが、あぐらしたくないってのもよく分かるし…でも、「郷に入っては郷に従え」っていうことわざがあるんだよ~って道すがら話しながら帰ってきましたけどね…。
給食の件もそうなんだけど…日本では残さないように指導される、食べ終わるまで休み時間は削られる…一方でフランスでは一定時間が過ぎると残してもいいと言われ、みんな一斉に遊びに出かけてしまう…そんな中ではなは残すのがイヤでひとりで食べ続けている(それが嫌だから食べきれる量とものにしてほしいという理由で彼女は弁当にするのである…かいはそのへんはすぐに適応しちゃうので今でも喜んで嫌いなものを残して遊びに行ってしまうのだ)。
今まで日本で教えられてきたこと(あぐらを女の子がするのは格好悪い、給食は残してはいけない…)が、フランスの常識とは180度違っていて…それも今彼女を苦しめている大きな要因のひとつ。
そのへんのこだわりを取り去れたら、もうちょっと楽に生活できるようになるんだろうけどね…。
何とか、彼女が、「フランスに来てよかった」と思える要因を何かひとつでも作ってあげたいと模索する日々です…って結局またはなの話になってしまった。

あ、そうそう、最後に。
フランスって、どこに行ってもファーストネームで呼び合うってかんじですけども…お店の店員さんの名前もファーストネームで書かれてるのしか見たことないですけども…最近ね、はなの担任の先生が、私をファーストネームで呼んでくれるようになったのね。
メールでも、「Good morning, Ryoko」ってかんじで書いてくれるんです。
で、私はこれに対して、先生に対して、ファーストネームで返すべきなのかどうか、分からずに戸惑っております(笑)
そうだった、Kさんに聞いてみようと思いながらまだ聞いてなかった…ほんとに聞いてみよう…。

« はなの号泣 | トップページ | 特別授業参観 »

子供のこと」カテゴリの記事