無料ブログはココログ

« 娘とパリデート | トップページ | 母の日と、最近のはな »

2018年5月13日 (日)

お城の庭で

パリでテロがあったそうですね。
我が家はまだあまりテレビをつけないのでそれを知らないで寝て、朝起きてスマホつないだらお友達からLINEやコメント来てて知りました。
オペラ座なんてまさにこの前行ったばかりだし、今度オペラ座付近行ったら近くにあるという日本食売ってるお店に行ってみたいな~なんて思ってましたけど…ほんと、怖いですね…。

さて、話題はガラッと変わりますが。
とりあえず昨日は、ようやく車購入と相成りました!
いろいろありましたが…ようやくです。
てわけで、ついにオートマ車となったので、私も初めての海外運転をしたり。
午後は買い物に行ったりしたのでした。

そして本日の本題は金曜日のことですが…子供達と3人で、再びのシャンティイ城へ行ってきました。
申し込んであった年間パスポート、私とお父さんの分が、先日ようやく届いたのです!
これでもう、いつでも気軽に行けるよー!
とはいえ、今回は、城内には一切入らず、庭園散策のみ…城内は美術品ばかりで子供達が全然興味ないのは前回で証明済みなので、ここは子供達が学校に行ってる間にひとりで来てじっくり見直そうと思います。
さて…では、ここでマップをば。

20180511_18

前回SさんAさんと初めて訪れた時は、城(緑〇の左側)から、ピンク〇の村里、そしてピンク〇とオレンジ〇の中間あたりまでは散策したのですが、マップを見て分かる通り、とにかくその3倍くらい、まだ未散策のエリアが広がっておりますので、とにかく今日はこのマップ右側のエリアをやっつけようと。
白の左側はイングリッシュガーデンなのでそちらも行けたら行きたいとは思いつつも、そちらはまぁ、なんなら私ひとりで城と抱き合わせで後日でもいいかな~と。
ちなみにそのイングリッシュガーデンの下、マップ左端にあるのが、大厩舎です。
さて、というわけで、まずはこの日、例によって市内の無料バスに乗って、赤〇のところにあるお城前のバス停で下車。
その後年パスを持って入場しようとしたところ、なにやらフランス語で、チケット売り場に行って子供達のぶんのチケットも…というようなことを言われる。
えー?大人の年パスで子供は無料で入場できるって聞いてたんだけどなー?と思いつつも、聞き返すほどのフランス語能力もなく、まーでももしかしたら大人ひとりにつき子供ひとりが無料なのかも、ひとりは払わなくちゃいけないのかも(実際そのへんよく分からなかった)…と思い、とりあえずチケット売り場に行って、カードを提示して子供達ふたりも入場したいと言って、支払いをするそぶりを見せたところ、お金はいらないんだと言われ、チケットを2枚受け取ると、そこには「無料」の文字が。
そこでようやく理解しました、そうか、無料だけど、無料チケットを発券してもらって入場する必要があるのね!と。
ということで、今度は無事に敷地内入場。
で、城のほうには行かず、すぐにピンク〇の村里へ向かって歩きます。
この時もう11時過ぎだったんですけど、子供達がおなかすいたとうるさくて…私も今回は、クレームシャンティイを食べたいという目的があったので、じゃあ先に食べに行くか…と。
いわゆる生クリームなんですけど、ここシャンティイ城が発祥の地なんですってよ~。
てわけで、前回も通った道を通りながら村里へ向かいます。

20180511_2

天気もよくて、気温も適度で、とってもいい散歩日和!
11時半頃に村里の目的のレストランに着いたんですが、オープンは12時だということで、じゃあとりあえず他のところ散策してから戻ってこようと。
てわけで、とりあえず、マップオレンジ〇のあたりを目指してひたすら歩きます。
途中にはちょっとした遊具コーナーもありましたが、わざわざ遊ぶほどのものでもなかったのでスルー。
てか、昔はここに木の大型迷路があったらしいんだけど(というか今もまだあるんだけど)、閉鎖されちゃったみたいで入れないんですよね…とっても残念です。
オレンジ〇のあたりで、鴨?ガチョウ?の親子に遭遇!

20180511_3

とってもかわいかった~!
親鳥にめっちゃ警戒されたけど…(笑)
写真奥の水辺がオレンジ〇のあたりですが、まぁ特になにがあったわけでもないので、すぐに別の場所に行くことにしたのですが…。

20180511_4

対岸で馬2匹が放牧されていた!
写真じゃとっても小さいので見えないかもしれませんが…ちょうど中央にいる、白と茶色の2頭です。
なんだかとっても素敵な光景でした。
かと思えば、別方向には、ツーリング中?のお馬様御一行が。

20180511_5

隣の大厩舎から来たトレーニング中の馬なのか、はたまたシャンティイ城ツアー中の馬なのか(実際に、シャンティイ城敷地内を馬で巡るツアーってのがあるんです、素敵ですよね)。
さて、次に向かったのが、マップ黄色〇のエリア。
ここ、なぜか、カンガルーがいるらしく…行ってみましたが。

20180511_6

ほんとにいた…なんかいっぱいいた…(笑)
金網越しなので、なにかできるとかってわけでもなく、ほんと見るだけですけど…なんでこんなところにカンガルー?しかも敷地内でもめっちゃ辺鄙なところ…。
さらには、なぜかこの隣には鳥達も同じように金網で囲まれているエリアがあり、また出会いましたよ。

20180511_8

…クジャク。
シャンティイの人達?クジャク好きなの?(笑)

20180511_7

羽根を完全に開いた後ろ姿、レア?(笑)
なんかやたら羽根をぶるぶる震わせてておもしろかった(笑)
他にはにわとりとかいましたけども。
ま、でも、とりあえず見た、ってかんじで…このへんでいいかんじに12時くらいだったので、また村里まで戻り、レストラン入店、てか全席オープンエア、気持ちよかったけどちょっと寒かった。

20180511_9

子供達は11ユーロの子供メニュー、ハムと、じゃがいものグラタン、ジュースとデザート付き。

20180511_10

私は一番安いコースにしましたが、この盛り合わせにクレームシャンティイのデザートがついて22ユーロ(飲み物なし)と、立派な観光地価格(ネットで見て知ってたんだけどね…まぁ一度くらい食べとくか、と)。
ちなみにこの盛り合わせの内容は、燻製ハム、鴨肉のリエット(脂煮をすりつぶしたペースト)、うさぎ肉(!)のパテ、生野菜。
うさぎ肉って、フランスでは普通に食べるというのは、フランス語教室の先生から聞いていましたが、初体験。
パテ(写真右上、生ハムの下になってるやつ)で、おいしかったです、子供達もおいしいって言ってました。
鴨肉は、リエット(写真左上のツナみたいなやつ)だったせいか、そんなにおいしくなかったですが…。
しかし…私、メロン、嫌いなんですわ…ついでに、うちの子達も、嫌いなんですわ…我が家でメロン好きなのお父さんだけで…もう私が食べるしかないですよねこれ…。
仕方なく、ナイフとフォークで切っては食べましたけど…このメロンは普通に食べられました。
皿の下は野菜がこれでもかと敷き詰められていて(メニュー名も「lit de crudités(敷き詰めた生野菜)」となっていた)、かなりおなかいっぱいに。
てか、こちらのメニューって、ほんとに、野菜でおなかいっぱいにします、みたいなのが多いですよね、1月の下見日記の時にも書きましたけど。
なんとか全部食べて、お待ちかねのデザート!

20180511_11

いちごのソルベ、クレームシャンティイ乗せ。
クリームは、ふわっとというよりはまったりしてるかんじで、味もそんなに甘くなく…私生クリーム大好きなんですけど、これはまぁ、一度食べたらいいかなってかんじでした(笑)
シャーベットがかなりすっぱかったので(おいしかったけど)、合わせて食べるとちょうどいいかんじ。
なにがおいしかったって上のクッキーね(笑)

20180511_12

子供達のシャーベットはクリーム付きではなかったので、私のクリームを分けたところ、はながとても気に入って食べていました。
でも、結構日陰で寒かったもんで、食べ終わった頃には3人とも凍えてました(苦笑)
お支払いはテーブルで。
現金で払ったら、ポケットからお釣りを出してくれました。
あ、敷地内を鴨が歩き回ってて、お客さんがパンをあげたりしているような、のどかなレストランでございましたよ、結構混みあってたし。
我が家はもう二度とは行かないでしょうけども…。
ちなみにお城の中にもクレームシャンティイ食べられるレストランがあるようですが、そちらはこちらよりもっと高級感のあるレストランっぽいので、まして行かないでしょうね…。
このお昼で44ユーロとか、ほんと特例ですよ(小遣い払いですけど)。
さて!食べ終わったところで、今度は今いるピンク〇から青〇へと向かいます。
途中、プチパークとか書いてあるんだけど、なーんにも見つかりませんでした…ところどころ謎の彫刻があるくらいで…(笑)
ま、森林浴ってことで、気持ちよく歩いて、青〇へ到達。

20180511_13

謎の建物…17世紀のなんとかって書いてあるんだけど、結局なんだかよく分かりません。
建物横の石板には「17~18世紀のMaison de Sylvie」って書いてありますが…まぁきっとその頃にお嬢様か誰かがお住まいだったのでしょう。

20180511_14

城が見え始めましたが、この湖沿いは進まず、生い茂る森の中、紫〇を目指します。

20180511_15

なんかあった。
17世紀のなんからしいけど…よく分からず…教育施設がどうこう書いてあり、立ち入り禁止っぽかったので、ま、なんかありましたってことで、早々に立ち去る。
あとは最後に緑〇を目指します。

20180511_16

これは18世紀のなんからしいですが…うん、分からん(苦笑)
ともあれ、ここで城まで戻ってきました。
結構歩いたね!
ほんとは城の向こう側に広がっているイングリッシュガーデンまで行きたかったんだけど、子供達が疲れたっていうので、やっぱり後日城と一緒にひとりで抱き合わせ訪問かな~と。
とはいえ、今お父さんがシャンティイ城敷地内をランニングしてきたんですけど、イングリッシュガーデンには羊がいたりしたみたいで「ショーンがいた!」って(笑)やっぱりこちらも子供達といずれ行こうかな?!
ともあれ、この日はあとは、しばらくバスを待って乗って、なにごともなく家まで帰ったのでした。
こんな素敵な場所にこれからしばらく行き放題だと思うと嬉しいな~!

« 娘とパリデート | トップページ | 母の日と、最近のはな »

子供のこと」カテゴリの記事