無料ブログはココログ

« 最後の作品展 | トップページ | 赤坂散歩 »

2017年2月 7日 (火)

いろいろ疲れる…

あ゛ーーーーー…疲れた…orz

顔面麻痺の引き金になったストレスフルなできごとは、多分あれだった…ってのは、私の中であるんだけども…今日はそのできごとがパワーアップして降りかかってきた…そしてそのできごとからこれから毎週逃れられないということが決まった…orz
詳しくは書けないけど…すさまじいまでのストレスだ…orz
今日はおかげで、そのできごとが起こってから、「疲れた」しか言ってない…orz
あ゛ーーーーー…もっとストレス耐性のある人間になりたかった…orz
もう顔面麻痺になっちゃったし…次になるとしたら心臓麻痺かなぁ…orz
てか、顔面麻痺も、ようやくほんのちょびっとずつ、回復の兆しを実感できてきてたところだったのに、これでまた停滞or悪化しないといいんだけども…orz

そんなわけで…昨日今日と幼稚園が作品展の振替休日でお休みで、楽しいことがいっぱいあったんだけど、とてもそんな日記を書く気になれず…明日、気分が回復してたら書きます…。
で、今日は、こないだちらっと書いたんだけど、はなちゃんのことを書くことにします。

先週の金曜日のことなんだけど、いつも金曜日はだいたい近所のお友達、毎朝一緒に学校に行ってるお友達と、遊ぶ約束して帰ってくるはなちゃんが、約束しないで帰ってきたから、珍しいな~なんて思ってたんだけど…なんかそのあとちょっと話してたら、「実は最近●●ちゃん(その近所の仲のいい子)と仲悪いんだよね…」ときた。
話を聞いたら、はなちゃんの言動がきっかけで、その子が怒ってしまったらしく、それが水曜日で、その後木金と、朝ピンポンとお迎えに行っても、出てきたらすぐにひとりで先に行っちゃうって話で。
…ま、十分、想像できる話でしたわ…ほんと、言語コミュニケーション苦手な子ですんでね…むしろいつもその子はよくこの娘と付き合ってくれてるなと思いますしね…。
さておき、んで、はなちゃんは今のままでいいの?って聞くと、それはイヤだという。
んじゃどうしたらいい?って聞くと、無言…イヤ、分かれよ、謝れよオマエ…ってかんじなんですけども…。
自分で、謝るっていう結論を出してほしかったので、ちょっといろいろ聞き方変えたりしてみたんですけども、どうにもこうにもその結論にたどり着いてくれないので(ほんとどうなのこの子…)、仕方なく、あなたが謝らないといけないでしょって話す。
じゃあいつどうやって謝るのかって話をしたら…月曜日の朝…とか言うから、イヤ、アンタさぁ、お友達が怒ってて先に歩いて行っちゃうのを、2日間黙って見送ってた人が、月曜日になったら、呼び止めてごめんねって言えるの?って言うと、できない…みたいな。
じゃあどうするの?って聞いても、延々と答えが出てこないので、ほんとは自分のことなんだし自分で方法も考えてほしかったけど、キリがなさそうだったので、お母さんだったら今からおうちに行って謝るか、それともポストにお手紙入れるとかするかな、って提案してみたんだけど。
お母さん、一緒に玄関までは行かないけど、近くまでだったら一緒に行ってあげるよ、とも伝えたんだけど。
はなちゃんはその後少し考えて、月曜日の朝に様子を見て、やっぱりダメだったら月曜日に謝りに行く、その時できれば近くまで一緒に来てほしい…とのこと。
コイツ、月曜日にはお友達が元に戻っててくれてることを期待してやがるな…あわよくば謝らずにすまそうと思ってるな…とは思ったけど、自分で出した結論を尊重したかったし、まぁとりあえず、じゃあ分かったそうしよう、ってことで、金曜日は終了。
で、土日挟んで、月曜日。
帰宅したはなちゃんにどうだったか聞いたら、先に行かれちゃうことはなかったけど、登校中に会話はほぼなかったとのこと…だったらその時に謝ったの?って聞いたら、謝ってないと…。
イヤ、アンタさぁ、先に行かれたわけじゃないのに、なんでそこで謝らないわけ?って話だよね…。
ほんと、ごめんに限らず、ありがとうも、普通のあいさつも、本当にできない子で…イヤ、私の教育が行き届いてないと言われてしまえばそれまでなんですけども…まぁでもね、気持ちは分からなくもないのよ、私も、本当にあいさつ苦手な子だったし、謝るってことが本当に苦手な子だったから…うちの父親はことあるごとに、あいさつは大事だ、なにがあってもあいさつはしっかりしろって言う人だったけど、それだけ言われても私はできない子だったから、気持ちは分かるのよ…でもやっぱりそれじゃダメなわけで…。
じゃあ、しょうがないから、夜に行くよってことで、とりあえず昨日はダンスに行って、でも月曜日だから帰宅したらもう20時とかなわけね、事前に相手のママに連絡しておこうかとも思ったんだけど、お友達が構えちゃってもイヤだなと思ったし、なによりはなちゃんのことだから自分で解決させたいってのもあり、連絡しないで、アポなしで行かせたんだわ、もちろん私は近くまでは行ったけどお友達宅の玄関からは見えないところで待ってたの。
で、しばらくやり取りがあって戻ってきたんだけど、お友達はお風呂に入ってたらしく、あとで電話させるってお母さんが言ってたってことで帰ってきて。
帰宅後、私も相手ママに突然すみませんでしたとか連絡しつつ電話を待ち、間もなくそのお友達から電話がきたので、はなちゃんに自分で話させて、まぁ無事に解決したようで。
お友達はママに、ケンカなんてしてないよ、ってかんじで話してたらしいんだけど…そりゃねぇ、向こうからしたら、親に言われたくないって思いもあるだろうし(それもあってアポなしにしたかったわけ…子供同士で解決させたかったから…そういう意味で、ほんとは朝にはなちゃんが自分で言えるのが一番だったんだけどね…)、こんな手を使えるのも低学年までだろうなぁと思うのよ、高学年になったら本気でキレられかねないよね、なんで親に言うんだよ的なかんじで。
とりあえずそんなことがあって、今朝は今まで通り登校できて、明日遊ぶ約束もしてきたって話だったので、まぁ一件落着ではあったんだけど…まーなかなか難しいね、いろいろと…。
とにかくお友達がいない子なので…この子と遊んでもらえなくなったら、はなちゃん、他にほんっとに友達いないので…もうちょっとね~、交友関係が広がったらいいんだけどなぁとは思うんだけど…去年まではもうちょっと広かったのに、今年はほんっとに狭くなったな…。
これからもこういうことっていろいろあるんだろうな~と思うし…親がどこまで介入すべきかってことを見極めつつも、子供のことを守っていかなきゃなって思うし…はー難しいもんだわ…。

« 最後の作品展 | トップページ | 赤坂散歩 »

子供のこと」カテゴリの記事