無料ブログはココログ

« 頑張り屋の娘 | トップページ | 開港祭 »

2015年6月 1日 (月)

鍋割山再び

5月30日(土)鍋割山登山(1272m)の記録。
えぇ、伝説の鍋割山ですよ…はなちゃんとお父さんが2年前に大変な目に遭った…(詳しくは2013年5月27日の日記参照)。
私とかいくんは初めてのトライ。

私は朝3時半起き、子供達は4時半に起こし、5時半に車で4人で出発。
今回はいつもとは違う駅を使ってみることにしたんだけど、いつも通りその駅までまず車で行って、私と子供達が降りてそこで待ってて、お父さんは車で一旦家に戻ってからバイクで再び駅に来る…というスタイル。
7時過ぎの集合時間には無事に間に合いまして。
今回は7家族の参加でしたが、結局はなちゃんと同級生の卒園児が他にも3組いたっていうね…しかもその3組は下の子が在園児とかじゃなくて純粋に卒園児として参加してた(というか、在園児がいるうちもひとりいたけどその在園児は来てないし、もう1組はその友達、もう1組は今回初参加した年長さんといとこだってことで一緒に初参加)。
うちの他にはおやじの会でパパ同士が知り合いの年長さんがひとりと、あとは姉妹園のほうだったので学年がよく分からないんですが、多分かいくんと同学年の子がひとりいたっぽいです。
てか、結局、はなちゃんの学年が半分占めてんじゃんww
今回の鍋割山登山は日程の都合で2回行われるまして、6月7日に2回目がある予定で、今回は1回目だったんですけど、2回合わせてもまぁまぁいいかんじの人数ですよね、これくらいが登りやすいんじゃないでしょうか。
電車でみんなで渋沢まで行って、そこからバスで15分ほど移動したところからスタートなんですけども、ここしばらくあまりにも人数が多くて行われていなかった自己紹介も久々に行われましたよ…(笑)
そのバスセンターから9時にみんなでスタートしまして…暑い暑い言いながらしばらくはアスファルトの道を歩き、そのうち山道に入って少し日陰になって歩きやすくなったな~…なんて思い始めたところで、さっそく思わぬアクシデント。
なんと、かいくんが、首が痛いと、ギャンギャン泣き始める…。
イヤ、朝に日焼け止め塗った時、首がちょっと肌荒れしてるなぁとは思ってたんだよね…でも深く考えずに塗っちゃったんだよね。
でもそれから3時間くらいなんともなかったというのに…ここにきていきなり?!っていう…汗のせいか、紫外線のせいか、よく分かりませんが…。
とにかく、ひどい泣き方だったんです。
引率の先生から薄手のタオルをお借りして、水で濡らして首に当ててみたり、私が(ハチに刺された時のために)持参していたステロイドの塗り薬を塗ってみたりしましたが、すぐにはなかなか泣きやまず、そうこうしてると園長先生がなんとかかいくんの気を紛らわそうと大きな木で杖を作ってみてくれたり葉っぱを大きな音を立てて穴を開ける遊びを教えてくれたりして、泣きやみこそしたんですけど、まだ痛いという。
これがね~、もうしばらく登ったところで発生したアクシデントであれば、もうここまできたらがんばって登らせよう!って思ったかもしれないんだけど、なにしろほんとに序盤も序盤。
鍋割山はまだまだ長いしハードだってのは分かってるし、ここで我が家が時間かかっちゃったら皆さんの足引っ張っちゃうし(こういうのが幼稚園登山の大変なところだよね)、かいくんも完全に心が折れてるので、私ももう、無理しないで下山しようっていうほうに心が傾いちゃいまして。
お父さんが抱っこして途中まで行ってみる?とか、なんかパワーチャージ(お菓子投入)する?とか、いろいろ言ってもダメだったし、じゃあもういいわ、私はかいくんと帰る…と。
というわけで、私とかいくんは、もう最初のバスセンターに10時くらいには戻ってまして、その後そのまま帰ったのであります…。
あ、バスセンターに着いた頃には首のほうもほぼ落ち着いてたようで…やっぱり判断早すぎたかなぁとか、ちょっと猛烈な後悔に襲われました。
考えてみたら、今回の登山はピストン(行き帰り同じルート)だったんだから、仮に山頂まで到達できなくても、途中でみんなとは合流できるわけだし、別にのんびり行ってもよかったよな~と…あとから思いました。
まぁ、いい勉強になりましたね、今後はまたこの経験を活かせると思います(できればこういうこと自体もう起こってほしくないですが…)。
丹沢大山フリーパス買ってあるし、別にこのまままっすぐ帰ることもないんだよな…秦野の友達に連絡してみようかな…伊勢原のおばさんちに行こうかな…てか大山登っちゃうとか?などなど、いろいろ頭をよぎりましたけども…結局私も3時半起きで眠くて仕方がなかったし、荷物はやたら重いし、外は暑いし、かいくんもグダグダだし、お昼のおにぎりとかお父さんのリュックに入れっぱなしにしてきちゃったし、私は夜ヒップホップあるし…とかいろいろ考えたらやっぱりめんどくさくなったのでやめちゃいました。
海老名で乗り換えだったので、そこでちょっとユニクロと100均寄って買い物しましたけども…それだけでした。
あとは帰り道、電車でもバスでもひたすらに寝る私とかいくん…かいくんなんて家に帰ってからも3時間くらい昼寝したからね…なんにもしてねーじゃんっていう…。
で、あれこれありましたけども、またあとで書きますけども、お父さんとはなちゃんは帰りが遅くなり、私はかいくんを連れてヒップホップ行ってきたのでした。

さて、登山続行のはなちゃんとお父さんのほうですが。

20150530_1

20150530_2

いいですね~大自然。
でも、やっぱり相当ハードだったみたいで。
お昼を過ぎても山頂に到達できず、到達前にお昼ごはんを食べたんだそうです。
でも、その後無事に山頂に到達し、鍋割山名物の鍋焼きうどんを無事に買えたそうです。

20150530_31

20150530_41

でも、ひとつだけ買ったら、全部はなちゃんが食べ尽くしたそうな…。
イヤ、もともと、ひとつ買ってみんなで分けて食べようって言ってたから、おにぎりとかパンとかは結構たくさん持たせてあったので、お父さんはそれですませたようです。
ちなみにこの鍋焼きうどんの写真が14時半のものです…がんばったね…。
その後下山開始したわけですが、朝9時に出発したバスロータリーまで再び戻ってきたのが18時半!
イヤ~大変でしたね~…やっぱり鍋割山ハンパないですね。
はなちゃんはどうもペースが上がらなかったらしく(まぁいつも遅いけど…)、でも他の子達が初参加だったり年下だったりするわりに結構みんなペースがよかったとのことで、お父さん相当大変だったみたい。
でもはなちゃんは帰り道はちっとも寝ることもなく、途中地震のせいで電車がちょっと止まったりしたけど、21時には家に無事帰宅。
その後私とかいくんがヒップホップから帰ってきて、登山の様子を聞いたりしながら少し休んで、私は子供達をお風呂に入れて、寝かせたのでした。
イヤ~お疲れ様でした。
やっぱり鍋割山は鬼門ですね…私も一度くらい登ってみたかった気もするけど、もう機会はない気がするわ…。
なにはともあれ、はなちゃんとお父さんは本当によくがんばりました!
はなちゃんなんて翌日珠算検定受けてるしね…(苦笑)

さて、以下はいつもの備忘録…だけど、今回はひとつだけ。

・珍しくなんの忘れ物もなかったと思うし、完全な準備をして臨めたと思いました。それでも、お父さんとはなちゃんは水分が足りなかったとのことで…。今回は500ミリペットボトルひとり2本×凍らせたパウチをひとりひとつ(保冷剤代わりにも)、さらには2リットルの水を持っていってたんですけど、水以外は飲みきったとのこと。水は残ってたけど、みんなのペースに合わせないといけないから、空のペットボトルに補充する時間がなかったみたいで、結局残して持ってきました。これだけ暑い日の登山だと、さらにもう少し水分がいると…。イヤ、私、結構限界にしょってたんですけどね…これ以上荷物多くなるとキツい…(苦笑)

« 頑張り屋の娘 | トップページ | 開港祭 »

子供のこと」カテゴリの記事