無料ブログはココログ

2019年5月19日 (日)

乗馬見学と柔道問い合わせ、施設開放そしてスタージュ

そんなわけで、前回日記の続き。

 

別の乗馬クラブを見つけてメールを送ったけど返事がないんだよね~というところまで書きましたが、昨日の朝に返事が来ました(笑)

 

土曜日の午後に来るのが一番いいですって書かれてたので、「今日だ!」と思い、とりあえず今日でもいいですか、何時なら都合がいいですかとささっと返信したところで、はなをバレエに連れていき。

 

バレエ終わって帰宅してもまだ当然返事はなかったので、一念発起で電話…だってどうしても昨日の午後行きたかったんだもん!

 

隣にかいにスタンバってもらい(とにかく数字に弱い私なので、時間の聞き違いとかあったら困るので!)、電話したところ、私の拙いフランス語にも「うぃ~?」って優しい相槌で付き合ってくれるおばちゃまで(笑)午後14時半以降なら何時でもいいわよとのことだったため、はなの乗馬が終わってからだから、じゃあ16時頃に行きますと伝え、無事に電話成功(笑)

 

ということで、かいの柔道が16時からなので、かいを乗馬に連れて行くと柔道を休まなければいけなくなってしまうため、かいは乗馬を休ませ(どうせやる気ないし…)、お父さんと一緒にバスで柔道に行ってもらうことにして、はなと私で車で乗馬へ。

 

レッスンが終わってからすぐにその乗馬教室へ行ったところ、はなより大きな子達がレッスンしているところだったんですが、練習場?が2ヶ所あって、ふたつのレッスンが同時進行していました、レベルでしっかり分かれているかんじ。

 

受付がすぐ横にあったので、「電話したんですけど」と言ったんですが分からないかんじだったので多分電話の人とは別人っぽく、でも見学したいって行ったら全然どうぞってかんじだったので、しばらく見させてもらい。

 

その後もう一度受付に戻って、はなの場合はどの時間のレッスンになるのかということと、料金体系を教えてもらったのですが、はなのレベルのレッスンはちょうどこのあとの16時半から1時間だってことだったので、それも見せてもらうことに。

 

16時半からしばらくしたところで、確かに、はなレベルの子達が7頭で入ってきて、練習スタート。

 

まぁ、練習内容についてあれこれ並べることはしませんが…2ヶ所を比べて、まず先生がふたりいてそれぞれにレベル別にレッスンをしていることから、規模の大きさがうかがえ(今のレッスンは、小さい子から大きい子まで、レベルも含めてごちゃまぜ)、それから先生は、ちゃんとレッスンに専念して見てるなという印象…これでうまくなるのかどうかはまた別の話として。

 

そんなの当たり前じゃんって思ったそこのアナタ…今のところは、先生、ずーっとママ達と雑談しながら見てるから…(苦笑)

 

というわけで、はなとしても、いいと思うってかんじでした。

 

料金的にも今と変わらないかんじだったかな。

 

ただあとは問題は、クラブ都合の休みがどれだけあるか、またそれが起こった場合の対応、の部分で…これに関してはさすがにちょっと直接は聞けなかったので、おそらくここに通ってるはずという知り合いがいるので、そちらに確認しようと思います。

 

…でも、今のとこより悪いってことは、ないと思うけどね…(苦笑)

 

本当は全部見たかったけど、かいの柔道が17時半までなので、それまでにお迎えに行く必要があるため、30分見たところで切り上げて移動。

 

…そう、問題は、もし乗馬をこちらに変えるとなると柔道とかぶるという点…今年も出ました習い事パズル。

 

というわけで、今度は、柔道も考えないといけない。

 

…実は柔道自体は絶対続けたいと思っているものの、このクラブもまた、ゆるっゆるなので…(苦笑)

 

お父さん、付き添った関係上、昨日は1日練習を見てたわけだけど、前半はドッジボールをして、中間になんかやって、後半の組手でようやく柔道だった、と。

 

というわけで…こちらは隣町にも柔道クラブがあることは前々から分かってて、帰宅後すぐにそこを調べたところ、ちょうどいいことにかいの年齢は土曜の午前中。

 

なので、すぐに、来週土曜午前見学か体験に行っていいかとメールしたところ、なんと!!すぐに!!「喜んで!」の返事が来ましたので(このスピードは渡仏後初じゃなかろうか)、来週土曜日家族全員で見に行くことに。

 

…実は来週の土曜日、都合いいことに、バレエがなぜかお休みなんだそうな、これは昨日はなが聞いて帰ってきたことなんだけども(だからいつもこうやって連絡しろよな…)。

 

で、これまた実は、来週、いつもフランス語教室で通ってるカルチャーセンターが施設開放の日で、いくつかの習い事を体験したりできる日なんですね、それで私はちょうど11時からのオリエンタルダンスの体験を申し込んであったところなんです。

 

で、バレエが休みなら、一緒に体験してみる?とはなに聞いたら、やるってことだったので、今もうひとり追加のお願いをしているところなのですが(こちらは安定のまだ返事なし)、ということで、来週の土曜午前は、柔道見てからこのオリエンタルダンスの体験、と、ちょっとバタバタですが、いろいろ一気にすむからちょうどいいかんじ。

 

さらには昨日柔道を見に行った時、柔道の隣の部屋ってダンスの練習部屋なんですけど、そこに8月後半のダンススタージュ(長期休み中の特別レッスン)のお知らせが貼られてて、おおっ!と。

 

ヒップホップがあって、はながやりたいって言ってるので、申し込もうと思ってるんですが、ヒップホップならかいも一緒にやらせたいな~と思い、でも一応申し込みは9歳まで、中にはそれより下の年齢でもできるものがありますって書かれてるので、これまた今問合せメール送ったところで、とりあえず返事待ち。

 

あ、そういえば…昨日の朝、Yさんが、お子さんが通ってるバスケのクラブが来週体験会開催するのでよかったらって連絡くれたんだけど、かいに聞いたら「うーん…」ってかんじだったので、結局お断りしました…もう彼の気持ちは今はバスケから離れちゃってるようなので、しばらくはこちらはお休みでいいかな。

 

といったかんじの、急にバタバタし始めた習い事事情でした…これでも去年よりはラクだけどね。

2019年5月17日 (金)

2019年・Week 20/習い事も年度末

1週間のまとめ…と言いたいところですが、今週は特にないんですよね。

 

なんか、中国語の件で疲れちゃって、私も子供達の話をじっくり聞いてないというか覚えてないというか。

 

とりあえず、久しぶりの水曜日だったので(2週間、祝日で水曜が休みだったので)、久しぶりの集会で、今までたまってたワオカードを発表してお菓子をもらったらしいとか(だからね、こういう、すぐお菓子で釣るのがそもそもね…)。

 

あと、同じ集会で、はな達CM2は、以前受けた赤十字の救命講習の修了証?をもらって来てました。

 

20190515_1_1

 

…果たしてはながこれを活用できるとは思えませんけども…でも頑張りましたね。

 

あ、あとは、木曜日が主任の誕生日で、全校で華々しくお祝いしてたとか…。

 

まぁ、ほんと、そんなもんかなぁ…。

 

来週に向けてちょっと厄介な宿題が出たりしてるので、それは週末に頑張らなくちゃだけど…。

 

あ、学校でのことではないけど、今週は帰宅後3回もチェコ弟と中庭で遊べたかい。

 

インターホンが鳴ると出て、イッチョマエにフランス語で会話してから出発していく…くそぅ、悔しいぜ…。

 

・・・・・・・・・・

 

というわけで、学校ではたいしたネタもない週だったので…ちょっと習い事のほうも、まとめちゃいます。

 

バスケはもう、別に何も言うことない(苦笑)かいはよく頑張ってる。

 

水曜はバレエとソルフェージュなんですけど、この日、ソルフェージュ終わったはなが、頭痛いと言い出して…ソルフェージュの最中かららしいんだけど、なのでバレエはお休みして帰ることに。

 

バレエできないほどの痛みではないと言うので、前の私なら絶対行かせてたと思うんだけど…もう、バレエも、私もやる気なくなっちゃってねぇ。

 

というのが、フランスでは普通、だいたいダンス系の習い事ならほぼ確実に、年度末=6月にあるであろう、発表会。

 

これの練習がなかなか始まらず、あるのかないのかと先生にメールすること2回、2回目でようやく返事が返ってきて、今年はどこどこのバレエ学校の生徒達のゲストの公演があるので発表会はありません、その代わり保護者の前で小さな発表の機会を設けます、ときた。

 

ちなみに、大きい子達は何人かそのゲスト公演とやらに一緒に出るっぽいけども。

 

…これがコンセルヴァトワールのやることなのか…。

 

去年、ここのバレエの発表会を見て、この発表会に出たいと言ったはな…本当はバレエを続けること自体あまり乗り気じゃなかったけど、この発表会を見てから、はいはいと言って続けることに同意したはな…。

 

なんだかなぁ…残念すぎるわ…一度くらいフランスでバレエの舞台に立つ経験させたかったけどなぁ…。

 

しかも、保護者向けの発表って、音楽も振付も自分で用意する形式だって言う…なんなのそれ…。

 

なんかもうがっくりきて、はなと話して、そんなだったら別に出なくていいよね?と(だって例によって土曜の午後だって言うし…こっちは他の習い事もしてるんだっつの…)。

 

というわけで、もう予定があるのでということにして、出ないことにしました…実際その頃立て込んでるのは確かだし。

 

てか、そんな大事なこと、ちゃんと連絡しろよな…。

 

というわけで、もうなんだかどっと疲れてやる気もなくなったので…別に頭痛いなら無理に行くことないよ、と、帰ったのでした。

 

そして、ソルフェージュのほうは、あと2回で終了なんだそうな、来月はいろいろなテストがあって忙しいらしいです、コンセルヴァトワールなので。

 

そういえば、ひとことにコンセルヴァトワールと言っても、やっぱり場所によって方針っていろいろで…はなが1年通ったこのコンセルヴァトワールは、バレエなのになぜかソルフェージュも受けなければいけなかったけど、他のコンセルヴァトワールは必ずしもそうでもないみたいだし。

 

なんだかね~いろいろ残念だったな…イヤ、いい先生ではあったんだけど…。

 

ま、なにしろ足がないので、限られた範囲での最良の選択は、したと思ってますが。

 

来年は…別のダンスをちょっと検討中ですが、まだ分かりません。

 

せっかくある程度踊れるレベルにいるので、完全に辞めちゃうのはやっぱりどうにももったいない気がします…でもまぁ、今年のように、半ば無理強いになるようなことは、もうさせないようにしたいと思っています。

 

でも、とりあえず、ちょっと気になってるところはあるので、発表会は見てみたいなというところです。

 

あとは土曜日の乗馬。

 

こちらもね~…先週の、行ったら休講だった事件とか、その前にもクラブ都合の休みなのに振替も返金もないとか、なんだかんだと「???」と思うことはいろいろと積もり積もってたんですが…。

 

実際バレエもソルフェージュもバスケもクラブ都合の返金なんて一切ないので、フランスだからこんなもんなんだと勝手に思ってたけど、こういう話をしたりここに書いたりするとフランス在住の方にも驚かれたりするので、これがスタンダードというわけでもないようで…我が家がたまたま運が悪かったというか…それにしても当たりすぎでしょ(苦笑)

 

ともあれ、乗馬のほう…はなは乗馬自体は好きなので続けさせてあげたいけど、レッスン見てても、「これほんとに続けててうまくなるのかなぁ…」とはずっと思ってて…なのでちょっと、まぁ他もちょっと見てみようかなと思い始めております…他も見たうえで「あ、こういうものなのね」って思うかもしれないし、そうじゃなければ変えるかもしれないし。

 

…と思って、とりあえず2日前に1件メール送ってみたんだけど、ま、返事はないよねー、やっぱ電話か直接行くかだよねー。

 

まぁ、ちょっと知人経由で当たってみようかと思ってるところです(電話は…まだハードル高い…)。

 

柔道は気に入ってるので今のところ全く変えるつもりはないんですけどね。

 

そんなわけで…ちょっとここに来て、またあれこれ見てみなくちゃな~と、慌ただしくなり始めたかんじ。

 

自分の習い事含めて、です。

 

私も、来年は英語と…やっぱりヨガじゃなくてダンスやりたいのと…フランス語はどうしようかなぁ~…。

2019年5月15日 (水)

不信感しかない

さて…既にちらっと触れております、また中国語の先生がやらかしてくれてる件。

 

なんで「また」なのかと言いますと…

 

①はなが、まだ受け取っていない中国語のテキストを、3週連続で「どこにあるの?」と聞かれ続けた件…初めて言われた時から毎回、私から主任の先生に「はなはテキストを受け取っていません」と伝えていたにもかかわらず、である

 

②来週授業で寿司を作りますと先生が言って、大喜びして興奮したかいに向かって、「あなたは赤ちゃんなの?」と言い、かいがクラスみんなの笑いものになった件…自分の企画が大喜びされたのに怒るという思考回路が理解不能だし、その言葉は生徒に投げる言葉なのか、と(この先生はこれに限らず子供にかける言葉が疑問であるということは他にも情報入手済み)

 

③しかもその寿司作りに向けて、かいを含む3人の子供(海苔を持ってそうな家庭)に「来週海苔を持ってくるように」と「子供経由で」言ってきた件…こんなことは親に依頼するべきこと

 

④先日の通知表、中国語の成績が全生徒に一切ついていなかった件

 

…こんな、これだけ見たってどうしようもない先生。

 

そんな先生が今度は何をやらかしてるのかと言いますと。

 

中国語は毎週火曜日の週1回のみなんですが、2週間前だったかな、かいが帰宅中に、「中国語でこれから頑張ったらチーズバーガーもらえるんだって!」と言い出した。

 

…ちょっと何言ってるかよく分かんない( ゚д゚)

 

…よく分かんないんだけど、どうも、頑張ってポイントか何か貯めたら、チーズバーガーがご褒美、ってことらしい。

 

…チーズバーガーって…何で???

 

はなに聞いたらはなのクラスではそんなことは言われてないとのこと。

 

まぁとりあえずそれ以上特に気にすることなく(というか完全に忘れてた)翌週を迎えたところ、かいが、「チーズバーガーもらうために、食べてもいいですっていうのを親に書いてもらって持って来てって言ってた」と。

 

「誰か今日持って来てたの?」と聞いたら、ひとりだけ持って来てたそうだ…私はその前の週に言われてたような気もするけど、全然覚えてなかった。

 

…てか、許可するかって言われたら、しませんよ、悪いけど。

 

というわけで、いくらなんでもこれはやりすぎだと思い、おととい月曜日の朝、子供達を送り届けて帰宅してから、主任の先生にメールを送りました。

 

今回のこれはやりすぎだと思うということと、あと今年1年間これだけのことがありましたということを並べて、そういうわけなのでこの先生の教師としての素質を疑う、改善を強く望みます、と。

 

ちなみに、上記①~④のうち、①と③はこの主任の先生は把握済み、④は他の先生に話してあり、②については初めて話すことでした。

 

で、昼には速攻で、長文メールが返ってきましたが。

 

「まず最初に、まだ子供達はハンバーガーを食べていないので安心してほしい」から始まり、「あなたが書いてきたこれらの件についてちょっとクリアにしたい」と、箇条書きの反論スタート。

 

①の、テキストの件は、私は確かに中国語の先生に伝えた、でも彼女ははなが聞いても答えないことにイライラしてそういう態度になったのだと思う。そしてこの件については既に解決済みだ。

 

②については正直驚きを隠せない。彼女はそのようなことを言う先生ではない。かいの精神的な繊細さがそのような誤解を生んだのではないか?

 

③の寿司に関しては、彼女は生徒達が大喜びして、何か食べ物を持ってきたいと次々に言ってきたのを、持ってこないように制し、全て彼女の自前で食材を準備して私達に提供してくれた。

 

④は、事務員の成績表のプリントアウトのタイミングがずれたため、中国語の成績はプリントアウトされなかったが、オンライン上で見ることができる。

 

…もうね、絶望と不信感しかないよね、はっきり言って。

 

まずね、いつもなんだけど、絶対こういうことに対して謝らないのよね、この主任の先生。

 

まぁ、日本みたいに、とりあえず一番最初に「申し訳ございません」って言えって言ってるわけじゃないけど(西洋でそんなの通じないのは分かってる)、でもね、全部が否定なの。

 

分かるよ、この先生には何言っても無駄なんだってのは、もうとっくの前から分かってたのよ、そんなの教科書問題が4週間と長引いた時点で分かったことだし、海苔の件でだって分かってた、分かってた上でそれでも言わずにいるのもと思ったから言った。

 

とりあえず、私から、ここで反論させてもらうと、

 

まず、まだハンバーガー食べてないとか、問題そこじゃない、こういうことが行われようとしていること自体を疑問視してるんですけど。

 

①、確かに話さないはなは悪い。でもそれにイライラするようであればもはや先生として不適格である。それに、はなが話そうが話すまいが、あなたと中国語の先生の間でしっかり連携が取れてさえいれば、どう考えたって「テキストどこにあるの?」と同じ生徒に3週間も連続で聞き続けるなんて起こりえないことである。結果的に解決したのは、私が手書きで「彼女はまだテキストをもらっていません」という手紙を書いてはなに持たせ、その手紙をはなが中国語の先生に見せたからであり、その手紙を見せた時「本当に持ってないの?」と彼女ははなに聞いてきたと言っている、つまりあなたと中国語の先生の間で連携が全く取れていないのはもはや明白な事実である。また、解決済みかどうかが問題ではなく、私は今年1年この先生がどれだけの問題を起こしたかを客観的に時系列に並べただけである。

 

②に関しては後述。

 

③の寿司、みんなが大喜びしたのは認めるとして、子供達が自発的に「食材持ってきたい!!」なんて、普通に考えて、ありえない、起こりえない!よくもまぁそんなことが言えるものだ。だいたい、海苔を持って来てと頼まれたのはかいだけではなく、他にもふたりいたし、それは以前あなたにも伝えた通りの、紛れもない事実である。かいの勘違いではない。

 

④事務員のせいにするな、仮にそうだったとして、それならそれで、あなたから全保護者に事前にそういう説明がなされてしかるべきである。だいたい、この前の成績表は、本来配布されるはずであったヴァカンス前に配布されず、急遽ヴァカンス明けになったはず、そんな遅れたタイミングでの配布にもかかわらず、「タイミングがずれて中国語だけプリントアウトされなかった」なんてのは明らかな嘘であるのは明白。

 

…と、この人にまた反論したところで、どうせどうにもならない、どうせ全部跳ね返されるだけ、無駄な労力の消費なのは目に見えている。

 

なので、私からは②に関してだけ、すぐに返信しました、こればかりは黙ってられなかったので。

 

というのは、かいに責任転嫁されているからです。

 

「かいの精神的な繊細さ」なんてうまいこと丸く言ってるつもりなんだろうけど、要は「あなたの息子がまだフランス語を理解できてないからでしょ?」ってことだと思います、事実海苔の件で直接主任に話した時はダイレクトにそう言われたから。

 

あの時も、「これはかいだけじゃなくて、MちゃんとG(親友じゃない子)も頼まれたことなので事実だ」とその場で伝えたんだけども(まぁあの時は彼女も一応「分かりました、確認します」と言ったけどね…いつもそうならいいのよ)。

 

そんなわけで、

 

ひとつだけ、かいの名誉のために付け加えます。中国語の先生がそのような言葉をかいに言ったということを私に話してくれたのは、かいではなく、かいの友達のひとりです。その子は私に、「みんなが笑ってたからかいがかわいそうだった」と教えてくれました。それを聞いた後に私はかいに、それが本当かどうかを尋ねたところ、かいはそれについては何も話したくないと言いました。

 

…これだけ返信しました。

 

その他のことは、あれこれ返信したところで、どうせまたろくでもない反論が返ってきて、この大事な点がぼやけるだけなので。

 

中国語の授業は週に一度だけなのに、今年1年を通して私達にはたくさんのことが起こりすぎました。来年度は何も起こらないことを願います、と結びました。

 

そしてこれ以降の返信はありませんでした。

 

さて、そして昨日火曜日、その週に一度の中国語の日。

 

かいには、ハンバーガーの件はよく説明して(お母さんは、学校がそういうやり方することに賛成できないから、みんなが許可もらってても悪いけどお母さんはそれは許可できない、と)、昨日は学校に送り出しました。

 

結果、中国語の授業で、先生はその件には触れることもなかったし、親が一筆書いた許可を提出した子もひとりもいなかったそうです。

 

子供だったら、「ハンバーガー食べてもいいです」っていう許可証をもらってきてたら、先生が声をかけようがかけまいが自分から喜んで提出しに行くと考えられるので、おそらく誰も持たせてなかったんだと思います、みんな私と同じような思いで持たせなかったのか、周りの出方をうかがって様子見で持たせなかったのか、単純に持たせるのを忘れてたのか、子供が言うのを忘れてたのか…まぁどれかでしょうけど、おそらく思ってた以上に(失礼)良識派が多いのかもしれません。

 

中国語の先生が昨日ハンバーガーについて触れなかったという件に関して…実は前日月曜日、主任の先生が午後にはなのクラスでサイエンスの授業をしていた時、中国語がどうこうって話してた、ってはなが言うんです。

 

月曜の午後というと、私がメールを送って、それについて彼女から返信が来た後のことですから、私としてはその内容は当然気になるわけですが、残念ながらはなはその内容の詳細までは理解できなかったそうで。

 

それで、Gのママに、主任がCM2の授業で中国語のことを何か言ってたらしいんだけど、はなは理解できなかったらしくて、Fは知ってるかな?って聞いたんです、実は午前中ちょっと中国語のことでメールをしたばかりだったから気になって、と。

 

そしたら、「どうも、中国語のご褒美の話はなくなるでしょうというようなことを言ってたらしいんだけど、Fはその意味がよく分からなかったみたい」との返事。

 

それは間違いなく、CE2(かいのクラス)のハンバーガーの話だよね。

 

CM2ではそんな話はもともとなかったので、CM2の子達がそんなこと聞いても「何のこと?」となるのは当然。

 

ということはだよ?この主任は、中国語の先生が、どのクラスに対してハンバーガーをご褒美にしようとしているのか、把握してなかったわけだよね?

 

つまり、「生徒に食べ物をあげる」という行為に関して、中国語の先生が主任の許可を取ることもなく勝手にやろうとしてて、勝手に「親から許可もらって来て」って言ってるわけだよね?これって本当にありえない話じゃない?

 

なのでおそらく、主任も、私にはあれだけ強気のメールを返信しておきながら、さすがにこれはヤバいと思って、すぐに取りやめの方向に動いた→次の日中国語の先生も授業でそれに触れることはなかった、という流れかなと推測。

 

…といったことがいろいろありまして、とりあえずハンバーガーがなくなったことに関しては一件落着ではあるんだけど、そもそも根本的なところは何も解決してないわけね。

 

つまり、「この主任は主任に値しない」というところ。

 

今回のこの件だって、午後にはすぐに中止をにおわせ、翌日実際中止されたわけなんだから、だったら、こんな全面的に戦闘態勢じゃなくたって、「一旦持ち帰って確認します」くらいのことをなぜ言えないのか?

 

実はこれって今回に限ったことじゃなくて…我が家はまぁ今年度はこの中国語の先生の件くらいしか腹立たしいことはなかったけども、Kさんのほうがね、下の子の担任(今年から担任を持った先生)が本当にひどくて、この主任と年度当初に相当バトルしたみたいなのね。

 

で、やっぱり同じように、こちらが何を言っても全否定、とにかく自分は学校とスタッフを守るという姿勢ばかりで、全部の根拠を「おたくの子供がまだフランス語を理解できていないから」「文化の違いでそう感じるのでは」というところにおこうとする、と…それって仮にも「インターナショナルスクール」において先生やってる人が、絶対やっちゃいけないことなんじゃないの?まして主任ならなおさら。

 

しかも、やっぱり今回と同じように、バトルしてるその時は全反論で来るくせに、実際次の日登校してみると、指摘したところがきれいに直ってたと…てことは、やっぱりそうだったんじゃん?ってなるわけさ。

 

だったらさ、とりあえず、頭下げろとは言わないけども、一旦引き受けますっていう態度くらい示したらどうなの?という話。

 

そりゃ、向こうからしたら、「ハイ改善したからもういいでしょ」って話でしょうよ、はなのテキストの件もそうよ、「もう解決しましたよね?」って、そういうことじゃない、今年1年起こったことを客観的に並べて整理してるわけであって、解決したしてないの話をしてるわけじゃない。

 

とまぁ、そんなこんなで、まだ私もKさんも戦闘態勢崩さずで、特にKさんのほうが、今年1年たまりにたまったものがいろいろあるもので、近々ゴングを鳴らすようです…Kさんのすごいところは私と違って面と向かってバトルできるところ…言語レベル的も精神的タフさも尊敬するわほんと。

 

私も私で、ちょっと別方向からつっついてみようかなって思ったりしてます。

 

とにかく、何が怖いって、来年かいの担任がこの主任だってこと(うちの学校は1学年1クラスですが、各学年の担任は基本的に移動することなく固定です、つまりこの主任の先生はずーっとCM1の担任ということ)。

 

決して悪い人だとは思わないし、教えることにも情熱はあるし、一度算数の授業を見学させてもらった時も授業の進め方はすごくよかったと思うんだけど…とにかくこういう根本的なところで不信感を持っちゃうとね、もうね…。

 

もちろん、みんながみんなこの調子ではないんですよ、いい先生もたくさんいて、事実今年は中国語の先生の件以外はほとんど不満もなくここまで来ている我が家、はなが相変わらずしゃべれないながらもだいぶ心落ち着いた状態で学校に1年通えたのも今年のふたりの担任がはなの特性をよく踏まえたうえで受け入れて接してくれているおかげだし、かいが英語もフランス語も1年で驚異的に伸びたのは本当に感謝しかないです。

 

でもね、だからこそね、本当に残念なわけですよ、こういうことが起こると…。

 

我が家はフランス語できないし、そもそもフランス語できるようになったところで帰国子女受験には残念ながら何にも役に立たないので、残念ながら他の学校は選択肢になく(全くないわけではないんだけど…なにかと大変)、ということはつまり、この学校に変わってもらうしかないわけなんです、なのでこちらから働きかけていくしかないんですよね…。

2019年5月13日 (月)

屋外で楽しむアート

4月末からシャンティイで、芸術の春というイベントが開催中ということは、既に書きましたが、昨日日曜日もそのイベントに行ってきました!

 

はながパンフレットを見ながら、「絶対これに行きたい!」と言った、帽子作りのイベントです(私は軽くスルーしてたんですけども…さすが物作りには目がない娘です)。

 

しかも同じ日に、はながお世話になってるアートの先生もブースを出すようで。

 

場所も徒歩ですぐのところだったので、3人で行ってみることにしました。

 

帽子作りはまだ始まっていなかったので、まずはアートの先生のブースのほうへ。

 

いつもははなだけクラスに行かせるので(同じアパルトマンの敷地内だからね)、私が彼女に会うのは久しぶり!

 

この日の彼女のブースは、野菜から作った絵の具?!でのお絵描き。

 

20190512_1

 

写真に白いプラスチックコップがありますけれども、その中に、ほうれん草をミキサーした緑のジュース、にんじん、ビーツ、ブルーベリー、かぼちゃ…の5種だったかな、が用意されていまして、それを使って好きに絵を描くんですけども。

 

写真手前に見える瓶に入った白い粉、これは重曹で、そのジュースにかけると化学変化で色が変わると!

 

また、酢をスプレーすると、これまた色が変わる!

 

そんなかんじで、ただのお絵描きじゃなくて、変化を楽しみながらの制作。

 

20190512_2

 

…これはワタクシの下手くそこの上ないチューリップですが…このチューリップ達には重曹を使ってみたところ、ちょっとした模様ができました。

 

20190512_4

 

かいはもはやただのぐちゃぐちゃ(笑)まぁでも変化を楽しんでました。

 

20190512_3

 

はなはこんなかんじで、独特の世界を描いておりました。

 

出来上がった絵は野菜のにおいがしてこれまたおもしろい(笑)

 

はなの絵だけどこかに飾っておこうかな~。

 

さてさて、周辺でも、なにやらいろいろやっております。

 

20190512_5

 

これはいわゆるプリクラ?でもどうやらポラロイド写真が完成するかんじでした。

 

帽子作りも終わってから行ってみたら、なんと17時まで空きがないと言われ(その時15時半過ぎ)断念…最初に受付するんだったのか…。

 

あとは、コメディエンヌ達が現れて…

 

20190512_6

 

なにやらあちこち歩き回っていろいろやってたんですけど…ひと足早く絵を描き終えてヒマになったかいが、

 

20190512_8

 

すっかりコメディエンヌと馴染んでた件ww

 

動画載せられなくて残念ですが、かいと、隣の女の子が地面につけた跡に向かって跳んでくるというのを、ずいぶん長いことやっておりました。

 

さて、その後は、はな肝入りのファニーハットのコーナー!

 

20190512_7

 

あらかじめ、だいたい作られているものを、それぞれのサイズに合わせて成形して、あとは好きに形を変化させたり飾り付けたりというもの。

 

20190512_9

 

20190512_10

 

ふたりとも、折り紙の国の子とは思えない苦戦っぷりでしたけど(苦笑)でもなんとか完成させました。

 

20190512_11

 

かいの帽子は、風でなびくリボンがポイント(笑)

 

20190512_12

 

はなの帽子はさすがのデコレーション満載。

 

驚いたのが、このプレゼンターの女性が、日本語が少ししゃべれて、しかも5日前まで日本にいて、横浜の大道芸のイベントに参加してきていたと!びっくり!

 

そんなおしゃべりもしつつ楽しんだ帽子制作でした。

 

帽子制作中に、近くでスペクタクルが始まってしまって、それはタイミングが悪くて見逃してしまったのは残念だったけど…でも、ちょっと肌寒かったけどいい天気で、2時間弱楽しみました!

2019年5月11日 (土)

日本から初来客

渡仏1年1ヶ月にして初めて、我が家にも日本からのお友達が来てくれましたー\(^o^)/

 

お父さんのパパ友なんですけどね。

 

うちの子供達が通った幼稚園には、おやじの会というのがありまして、パパ達が集まって飲み会したり、週末にイベントしてくれたり。

 

はなが入園して、その最初のおやじの会飲み会で仲良くなったのが、このTさんともうひとりのパパ。

 

実は私は、お父さんがそのふたりと仲良くなる前から、ふたりの奥さんとは面識はあったんですけど、その後3家族で潮干狩りに行こう~という話になったのは、お父さん達が仲良くなったからなので、稀な縁で…その後、ことあるごとに、誰かの家に集まってホームパーティーしたり、どこかに出かけたり、仲良くしてもらった家族でした。

 

最後に集まったのは、私達の渡仏前の送別会だったんですが、その時「はなちゃんはフランス行ったら絶対ブレイクスルーするって!!」と何度も何度も酔った勢いで繰り返してくれたのが、今回来てくれたTさんでした。

 

そんなTさん、別に我が家に遊びに来るのが目的だったわけではなく…この人、学生の頃から世界中を渡り歩いてる人で、今回も仕事でヨーロッパを周遊するほんのついでに我が家に寄るという話。

 

1週間前には某国入りしてまして、我が家に来たのは昨日金曜の夕方。

 

お父さんが仕事を早く切り上げて夕方シャンティイ駅まで車で迎えに行き、まずは我が家へ、荷物を置きに。

 

子供達、日本からの初めてのお客さんということで、大喜びでした!!

 

…よく、「日本からお友達来た?」とか、「ご両親は来ないの?」とか、聞かれるんだけど…そんな簡単に来られる距離じゃないよ…友達はみんな子供いるし…ま、そもそも友達も少ないんだけども…それに両家とも親は田舎暮らしで東京出るまでが既に旅ってところで、しかも海外出たことない人達…。

 

話戻して…その後、お父さんとTさんは外でふたりで夕食を取るということで(男同士じっくり話したほうがいいでしょう、子供だっていないほうがゆっくり話せるし)、町のメインストリート沿いにあるお店まで車で送っていきまして、私と子供達は家でいつも通り過ごしてまして。

 

21時前には迎えに来てもらうように連絡する、と言われてたんですけど、結局「まだいるから自分達で帰る」という連絡が。

 

夜、結構雨降ってたんですけど、歩いて帰ってきたようです。

 

で、今日土曜日、二日酔いで寝坊かしら…と思っていたけど、しっかり起きてきたTさん(めっちゃ酒強い)と、こうなると起きざるを得ないお父さん(二日酔い)。

 

1週間ヨーロッパ周遊中だし、ぼちぼち和食の出番かなと思って、白米と味噌汁、鮭と浅漬けを用意しておきまして、みんなで朝ごはん。

 

かいは嬉しそうで、饒舌でございました。

 

その後私とはなはバレエへ…その間男3人どう過ごしていたのかはよく分かりませんが。

 

昼前にバレエから帰ってきたら、今度はTさんに連れて行ってほしいと言われていたところへ。

 

本当にたまたまなんですが…そして詳しいことはよく分からないんですが…Tさんのところの商品を買ってくれたお客さんが、うちから遠くないところに住んでいるとのことで、ぜひ直接お会いしてごあいさつしたいってことだったようです。

 

というわけで、某所に行って、ごあいさつして…その後はTさんをシャンティイ駅まで送っていって、そこでお別れ。

 

本当はもうちょっとゆっくりできたらよかったんだけど、私達も土曜日は習い事3本立てで、その後の乗馬までもあまり時間がなく…結局バタバタなかんじに。

 

…というわけで、お別れしてからマックに行ってささっとお昼食べてから乗馬に行ったんだけど、理由不明なんだけど休講だったっていうね…!!!!!

 

うちより先に来てる子達がいて、「誰もいないんだけど…」って言ってきて、はい???ってなって、先生に電話しても出ないし、結局土曜午前に下の子が同じクラブのコース取ってるYさんに電話したら、「今日なかったんですよ、うちも知らなかったんですけどこの前たまたま先生に会って、また土曜日に~って言ったら土曜日お休みって言われて知りました」って…オイオイオイオイ…。

 

だったら別に、あんなにバタバタとお別れする必要なかったのに…!!!!!

 

ほんっと、全てがこんなかんじよフランス!!!!!

 

…といったかんじで、仕方なく一旦家に帰って、改めて夕方の柔道に行ったのでした。

 

…とまぁ話がTさんからずれましたが…そんなかんじで、短い時間ではありましたが、久しぶりに日本のお友達に会えて嬉しかったです!

 

子供達も、特別何かを一緒にしたってわけじゃないけど(かいは私達不在の間にしたのかもしれないけど)、それでもやっぱりお客さんが来てくれたってだけでそわそわとテンション高く過ごしていました(笑)

 

とりあえずは元気な姿を見せられてよかったな…まだブレイクスルーまではいってないのは残念だけど。

 

おみやげも、日本酒やら日本茶やら、私がリクエストしてあったしょうがチューブやら(笑)、いろいろ頂いちゃってありがたかったです。

 

「次は日本で」って言われたけど、そうだね、また帰国後会いましょう!

 

…でも、今回お泊まり客をお迎えして気づいたんだけど…あると思ってたスペアの茶碗が見当たらなかったり、掛布団もスペアがなかったり…いろいろ用意しておかなきゃなと分かったのでした…。

 

以前Gが泊まりに来てくれた時は、茶碗は当然使わなかったし、お父さんもはなもいないタイミングだったから、不足のものは何もなかったので、気づかなかったのよね…。

2019年5月10日 (金)

2019年・Week 19

さて、気づいたらヴァカンス明け3週間終了してます、あっという間ですね…。

 

今週もいろいろあったんですけど…とりあえずざっくりまとめます。

 

<月曜日>

 

・かいのクラス、またプレゼン課題が投下されました。今度は歴史@フランス語で、ふたり組でとのこと。かいは当然Gと組んだそうです。中にはあぶれちゃってひとりでやることにした子も何人かいた模様。というわけで、Gのママとも連絡を取りまして、まだ詳細は決まってないけど何度か日曜に会って準備を進めることになりそうです。発表は1ヶ月後とのこと。

 

・ふたりともワオカードもらたんですけど。はなは詩の授業で頑張ったからで、かいは英語の先生がドアを通る時にドアを押さえててあげたから、らしい(笑)

 

・はなが休み時間にインドお姉ちゃんに、またインド弟の誕生日のために書いてほしいものを頼まれたとかなんとか…イヤ、だからさ、あなたの弟の誕生日、7月やん?何で今からなんだろう?ほんっとに不思議な一家…。

 

<火曜日>

 

・中国語の先生がまたやらかしてくれてます…もう頭に来てるので週明けすぐに主任にメールします!後日まとめます。

 

(水曜日は祝日だったので宿題いっぱい片付けました…それにしても5月は祝日多すぎ)

 

<木曜日>

 

・かいのクラスは今月末希望者が4泊5日のノルマンディー旅行で、かいは費用面の問題により不参加なのですが(こちらにいる間にいくつ家族旅行に行けるか!って時に、ひとりの旅行のためにこんなにかけてられない)、この日は参加のみんなが部屋決めしたりしたみたい。放課後も参加家族に向けて説明会があったとのこと(参加者15人もいるのに説明会6人くらいしか参加してなかったらしくてびっくりだけど…スキートリップの説明会はだいたいみんな来てたけどな…)。そんなわけで、さすがのかいも、「ノルマンディー行きたかった…」とここにきて繰り返しております。そりゃそうだよね…ごめんね。ちなみに行かない子はかい含めて3人。旅行の日程中、何と2日間はもともと学校が休みの予定の日だし、多分1日は下の学年の遠足にくっついて行けるはず(…何の連絡もまだないけど…多分…多分…)、なので…みんながいない間の登校日は実質2日だけのはず、だから、傷は浅くてすむと思いますが…。

 

・学校のことじゃないんですけど、前日宿題がだいぶ片付いたので、久しぶりにはなは放課後アートのクラスに行ってきました!今回は先生の家で飼ってるうさぎと、写真を見ながら馬のデッサンをして帰ってきました。普段は宿題に追われちゃってなかなか行かせてあげられないんです…来年度からは曜日整えて行かせてあげたいんですけどね。

 

<金曜日>

 

・かいの体育の授業は、ヴァカンス明けから、年度末の運動会の練習が始まってるようです。どうやらリレーとかあるみたい、去年なかったけど。はなのクラスは練習やってないとのことなので、はなが(意外にも)ずるいーって残念がってます。去年あんなにイヤイヤ運動会に参加してた子が何を言うのやら…。

 

…ま、ざっくりこんなところかな。

 

とにかく中国語が…ほんっとに腹立つので…今Kさんと一緒に戦闘態勢です…。

2019年5月 8日 (水)

芸術の春@シャンティイ

4月からここシャンティイでは、Le printemps des arts、つまり芸術の春という名のイベントが多数催されております。

 

フランスは今日も祝日なのですが、今日も楽しそうなイベントが予定されていたものの、とにかく天気が悪くてですね…そんなに近くもない場所だったので、断念して家にいるんですが、FBを見たらとても楽しそうだったので、やっぱり行けばよかったかな~なんて。

 

ま、宿題片付いたし、いいんですけどね。

 

さて…そんなわけで、本当は今日のイベントと一緒にご紹介するはずだった、4月28日(日)の話(やっと日記が追いつくー!)。

 

まず15時半から、いつもマルシェが開かれている広場で、何やらあるとのことだったので、行ってみたのですが。

 

20190428_1

 

なんかいました!!!!!

 

…が、15時半に集まって~って書いてあった割には、30分以上何も始まりませんでした…自由に写真撮影できた程度…ザ・フランスです、寒かったのに…。

 

その後ようやく、まずはラクダに人が乗って、操り人形のように何本もの線を巧みに操って動かし始めます。

 

最初は広場で小芝居が入って、ラクダにわらを食べさせるのを、子供達も大盛り上がりでやってたり。

 

その後はいよいよ町に繰り出しました!

 

20190428_2

 

大人も子供もみんなぞろぞろついて行って大行進ww
当然道路は警察に封鎖されています。
途中停まって、おしっこに見立てた水がジャーっと出てきたら、フランス人達「ピーピー!(おしっこのこと)」って大盛り上がりww芸が細かいww
20190428_3
とはいえ、行進もなんとなく間延びしていたのですが…。
20190428_4
来たよ!!!!!ww
20190428_5

 

関係性がよく分かりませんでしたが、ちゅっちゅしてましたww
その後この通りを突き当りまでのーんびり進みきって終了…だいたい1時間くらい。
あ、終了間際くらいに、SさんとAちゃんYちゃんと合流しました。
そして、その後パレード?がちょうど終了した場所が、学校だったんですけど、そこの小さなホールで、今度はプチサーカスが!
20190428_6
20190428_7
45分程度のものでしたが、とても楽しめました!子供達も楽しかったとのこと!
無料でこんなイベント見られるなんて嬉しいな~と、満足の午後でしたとさ。
まだもうしばらくいろいろイベントの予定があるようなので、また行きたいなと思ってますが、まーとにかく、天気がね…早く落ち着いてほしいです…。

2019年5月 6日 (月)

再びの親友宅と、子供時代の友達関係のこと

昨日は第一日曜日だったので、当初はパリに行って美術館無料の恩恵にあずかろうと思っていたのですが、数日前にGのママから、かい遊びに来る?とお誘いいただいたので、喜んでお受けすることに。

 

第一日曜日、私達がフランスにいる間にまだたくさんありますしね、それに昨日はめちゃめちゃ寒かったし、家でやりたいこともたくさんあったので、ちょうどよかったです。

 

というわけで、かいを11時にお宅に連れて行って、お昼を一緒に食べさせてもらって、14時半頃お迎えに行くことにしていたんですが、13時半頃ママからショートメールが来て、今公園で遊んでて、まだお昼食べてないから、お迎え15時でもいい?とのことで、びっくり!

 

というのも、その少し前に、こちらでは雨がザーッと降ったんです、最近ほんっとに天気が変わりやすくて、真っ暗になって勢いよく降り出したかと思うと、きれいに晴れてすごく明るかったり…もう2週間くらいこんな調子じゃ?

 

Gのうちと我が家は車で20分くらいですが、あとで聞いたら、30分くらい公園で遊んだところで雹が降り出して走って帰ったそうだ…子供達はともかく、ママ寒かっただろうに…私だったら無理だ…。

 

ともあれ、そんなかんじで、まず午前中はゲームをして(かいもGも、フォートナイトというゲームにすごくハマっている)、その後公園でお兄ちゃんのFも交えておもちゃの銃を持って行って走り回って遊び、その後お昼にショートパスタを頂いてからまたゲームをして過ごしたそうな。

 

私が15時に迎えに行った時は、かいはゲームをやっていて、まーーーーーやめたがらなくて大変でした…ようやく引きはがして帰ってきたのでした。

 

ちなみにはなのほうは、家で私と一緒に残ってた宿題をやった以外は、あとはひたすら黙々と折り紙デー。

 

ひとりで集中して制作に没頭できて、こちらもとても有意義だったのではないかと思います、彼女にはこういう時間が必要。

 

・・・・・・・・・・

 

Gとは今年度に入ってからずーっと仲良しでしたが、実はここ最近(この前のヴァカンス明けくらいから)、ちょーっとその仲良し加減に陰りが見えていました。

 

なんかちょっとおふざけが過ぎたりとか、そういうちょっとしたことの積み重ねっぽかったけど。

 

あと、同じフォートナイトが好きな男の子がクラスにもうひとりいて、その子と遊ぶこともだいぶ増えていたようで。

 

まぁ、とはいえ、なんだかんだ言っても毎日Gとは一緒に遊んだりして過ごしていたようなんですけどね。

 

でもまた今日こうしてプライベートで遊べて、ちょっと持ち直したんじゃないかな~と思います。

 

ま、この時期の子供なんて、昨日仲良かった子と今日も仲いいとは限らない時期でしょ、私の子供時代を振り返っても友達関係の流動なんてものっすごかったし。

 

いじめたいじめられたじゃなければ、関係の流動性は仕方がないのかな~と思います、まぁ私はこのイギリス一家が好きなのでもし疎遠になっちゃったらちょっと寂しいですけど(笑)

 

でも、かいとGが仲良くなったのが、昨年度から今年度にかけてこのクラス転出入が多くて友達関係が大幅に入れ替わったからで、Gの仲良かった子がいなくなっちゃったからなんだけど…今年度もあと2ヶ月で終わるというこの時期、来年この学校に残らないという人達もほぼ明らかになってきています。

 

それは単純に引っ越しという原因もあれば、そうじゃなくてやはりこの学校に満足できていないとか、将来を見据えて方向性の違う学校を選ぶとか、理由はいろいろ。

 

まだ決まってない家もちらほらありますし…来年はどんなかんじになるかな。

 

はなのクラスなんて今でも9人しかいないけど、来年はコレージュになるし、これを機にもっと減っちゃいそうですね…まぁはなの場合は少人数のクラスはとてもありがたいんですけど…。

 

・・・・・・・・・・

 

いじめたいじめられた…に関連して。

 

この前かいがYouTubeで音楽を聴いていて、なんかいい曲だったので、「音楽の時間にやってるの?」って聞いたら、うんって。

 

Bars and MelodyのHopefulっていう歌、ご存知ですか?5年前の曲らしいんだけど、私は知りませんでした。

 

ふたり組なんだけど、ひとりが学校でいじめられてて、そのつらいこととかをこの曲に書いてるんだよ、だからほら歌詞見て、結構つらい歌詞があるんだよ、と教えてくれたかい…音楽の先生、英語ネイティブなので、英語でそういう説明されてるんだろうけど、それを日本語ですらすらと説明してくれるかいにもいちいち感心しつつ、へぇ~そんな歌があるんだね~と。

 

うちの学校でも、なんだかんだといろいろ、あるところにはあるみたいで…私立だから公立よりは問題少ないだろうなんて思わなくもないけど、実際はそんなこともなく。

 

特にはなは、休み時間、校庭の隅に座って絵を描いたり折り紙をしたりしながら過ごしているので、その時に本当によく周囲を観察しているんです!

 

なので、一時期は、はなからよく、「今日は誰々が何々されてた」とかいう話も聞いていました…最近落ち着きましたけどね、なぜか。

 

子供の世界もやっぱりいろいろあるので…何かあったら絶対話してねとは言ってありますけど、子供の変化には敏感でいなくちゃなと思いますし、何かあったら守ってあげなくちゃなとも思いますし…ま、何もないのが一番いいんですけどね。

2019年5月 5日 (日)

最近の習い事のいろいろ

本日はこどもの日ですね、特に我が家は関連して何かをする予定はないんですが、とりあえずかいと兜の写真は撮りました。

 

昨日いきなり、はなが折り紙でこいのぼり(と傘)を作ってくれましたよ。

 

20190505_1

 

さて、本日の本題は、習い事2週間分。

 

まぁ、バスケとソルフェージュは特に書くことはないかなというところですが。

 

乗馬も、まぁぼちぼちやってますってかんじ…相変わらず上達の気配は全くありませんけども…。

 

あ、でも昨日はかいが、練習途中で馬を止めて、先生に「あの練習やりたい」と直訴して取り入れてもらってましたよ、遊びの延長みたいなやつなんですけどね。

 

でも結局この子はギャロップほとんどやらなかったから、私的にはむしろそっちを頑張ってほしかったですけども…。

 

それはともかく…バレエがねぇ…ちょっと、もうずっとではあるけど、モヤモヤ。

 

まず先週の水曜のことになりますが、また久しぶりにトウシューズでのレッスンだったようなんだけど、はなはついに手持ちのトウシューズが入らなくなってしまい…。

 

私はかいと一緒に体育館のすぐ外にあるテーブルで宿題させたりしながら過ごしてたので、先生が私のところに来て、もうこれは小さすぎて履けないから…と、バレエ用品店のチラシと一緒に持ってきたんですけど、その時私から、もう来年は続けません(ので、今新しいトウシューズは買いません、高いから)ということを伝えたところ、じゃあドゥミポワンでやる(バレエシューズのままでやる)から大丈夫、とのことで終了しました。

 

ぼちぼち言わなきゃなと思ってたので、まぁいいタイミングだったかなとは思いますが。

 

ただ…その次の土曜のことになりますが、レッスン後にはなが車に戻ってきて、「なんか、みんなテニスボールとゴムのひも(トレーニングチューブ?的な)のを持って来てた…」と。

 

イヤ…なんにも聞いてませんけど…。

 

水曜日に、はな含めて全員に言っていて、はなが聞き取れてなかった、のかもしれません、が、水曜はそうやって私にトウシューズの件で話しかけてくれたわけだし、ついでに言ってくれてもいいようなものだけど…ま、そこまで期待しちゃいけないんですよね~だってフランスだもん。

 

今週は水曜が祝日でレッスンお休みだったので、昨日土曜日にはテニスボールもゴムも持たせておきましたが、ゴムは使ったとのことでした。

 

それより謎なのが…普通6月に発表会があると思うんだけど、いまだに全く何の練習もしていないみたい…むしろ年度初めの頃に何かの振付みたいなのをさかんにやっていたけど、一体何だったのか?

 

さすがに昨日、先生にメール送ってみたんですが、まだ返事がありません…この先生、返事来たり来なかったりなので…うーん…。

 

ま…もう辞めるし、別にどっちでもいいんですけど…なにかとモヤモヤだったな、このバレエも…。

 

さて、一方で頑張れているのが、かいの柔道!

 

こちらはかいは本当に大好きで、毎朝の私とのトレーニングは相変わらず続いてますが、それに加えて最近は夜にお父さんと組手のトレーニングっぽいこともしたり(実ははなに持たせたゴムはもともとこの柔道のトレーニング用に買ってあったもの)、YouTubeで試合を見たり。

 

お父さんも相手をしてくれるのがとても助かるし、私もわりと寝技練習に付き合ってるんですけどw

 

何しろ、同じ柔道に通ってる、同い年で体格同じだけどオレンジ帯のMという男の子、彼に勝つことが目下のかいの目標でして。

 

先週土曜の練習後半、かいの組手の相手を先生が黄色帯の子の中から指定しようとした時、かいが自ら「Mとやりたい」と指名w

 

結果また負けてしまいましたが、かなり食いついて、以前よりはだいぶいい勝負ができるようになってきていると思います。

 

先生も、自分より格上に勝負を挑んだかいに感心していました。

 

昨日は残念ながら組手練習はなかったんですけどね。

 

…といったかんじで、いよいよ習い事もあと2ヶ月でひと区切りのラストスパートに突入中です。

2019年5月 3日 (金)

通知表と、面談×3と、読書の話

さて、旅行記に時間を取られてた間に、学校は早いもので再開後2週間終了しました。

 

この2週間、まぁさしたる問題はなかったかなと思います。

 

ただ、1週目の最終日に、本来ならばヴァカンス前に渡される予定だった通知表が渡されました。

 

まぁ、いつも書いてますけど、日本の通知表同様、細かい項目に対してできたできないって並んでるかんじなので、分かるような分からないようなかんじなんですが。

 

はなに関しては、あまり前回から変化がないな…とは思いますが、アートが全体的に高評価になったのと、体育も評価が増えたのと、英語もリスニングとスペリングに関して評価がよくなったかんじです。

 

総評はいつも通り、とにかくしゃべらないというところに尽きるんですが、英語もフランス語も、進歩はすごく見えるということが書かれていました。

 

かいに関しては、フランス語の評価がだいぶよくなったのと、算数もほぼ全項目高評価、、理社やアート、体育も一気に高評価になりました。

 

英語は前回からわりと全体的によかったのでそこまでの伸びはありませんでしたけども。

 

しかし驚きなのが、英語フランス語どちらの総評も、「自信なさげに話している」というもの…えええええーーーーー家でこんなにべらべらしゃべってんのにーーーーー?!

 

…イヤ、前回の通知表もらった後の面談でも、フランス語の担任にはそんなかんじのことを言われてびっくりしたんだけどね…。

 

本人に聞くと、「ちゃんと話してるよ!」って言うんですがね…。

 

あ、あとは、宿題忘れの多さを指摘されていました…すみません…今日も、「宿題終わってませんでした」ってオンラインに上がってました…私もチェックしきれてないなぁ…。

 

・・・・・・・・・・

 

というわけで、この通知表をもとに、今週は面談ウィーク。

 

今回は、月曜日にまずははなのフランス語の担任と、火曜日にはなの英語の担任とかいのフランス語の担任と、それぞれ面談をお願いしてありました(面談は希望制です)。

 

まずははなのフランス語の担任。

 

まぁ、とにかく話さないことに尽きまして…問題はよく解けているし、質問には簡単にひとことふたことで答えるけれども文章ではない、とか。

 

でもこの先生は、とにかくはなが学校に嫌がらずに来られているかどうかということを重視してくれているので、いつもそこをすごく確認してくれるし、話すことを強制するつもりもないというスタンスなので、すごくありがたいです。

 

それに、彼女が、話す前にじっくり考える時間が必要だということもちゃんと理解してくれていて、彼女が話し始めるまでに少し時間をあげるように(黙って待つように)周りの子達に言ってくれてるとか、本当に協力的でありがたいです。

 

そして翌日は2本立てで、まずははなの英語の担任。

 

こちらもフランス語の担任とすごくスタンスが似ていて、まずはなが嫌がらずに来ているかどうかというところをフォーカスしてくれていて。

 

そして、英語に関しては、全然話さないけど、進歩はものすごくしていると。

 

先日のスーパーヒーローのプレゼンでも、最初みんなの前で話した時は全然聞こえなかったので、翌日椅子に座らせて他の子達は少人数で周りを囲むようにして聞いてもらったらみんな理解できた、というような話…そういうふうに配慮していただけるのもとてもありがたい。

 

彼女が、間違うのが怖くて書く前や話す前にすごく時間が必要だ(頭ですごく考えてから動き出す)ということもよく理解してくれているし、本当によく見てくれていて感謝です。

 

逆に私のほうから、かいの影響もあって家で少しずつ英語を話し始めているんだという話をしたら、とても喜んでくれました。

 

「なんだ、話せるじゃないか!」って思ったことが、先生もあったようで(笑)、本当に彼女の中ではもうたくさんの知識がたまっているので、あとはそれが外に噴き出してくる瞬間を待つだけ…というのは、私と両担任、見解が一致。

 

この先生はコレージュ(中学)でも教えている唯一の先生なので、継続的に見ていただけるし、その点はちょっと安心です。

 

というわけで、コレージュになったらどのようなかんじで授業が進むのか(英仏の配分とか)を確認してきました。

 

あ、かいの英語に関しても、ものすごくほめていただけました、体育だけ担当してくれてるんですが、全く問題なくコミュニケートできるとのことでした。

 

そして最後はかいのフランス語の担任。

 

こちらは本当に、成長をほめていただいて、特に問題もなさそう。

 

算数の授業では本当に積極的でどんどん手を挙げるしホワイトボードに来たがるし、一方フランス語の授業で自信なさそうに話すのも、今年前半ほどではなくなったようでした。

 

ただ、グループで頑張ったらポイントをもらえるシステムで、もらえなかった時にしょげかえることとかは言われましたけどw

 

あとは、今は金曜日の英語の時間に、フランス語ネイティブじゃないうちのきょうだいとインドきょうだいだけ特別に、フランス語授業を受けてるんだけど、それもかいに関してはもう必要ないだろうという話だったんですが、週に1回だけ、はながかいと一緒に授業を受けられる貴重な心休まる時間だと思うので、今年度いっぱいは現状維持でいいですということを話してきました。

 

といったかんじですかね!

 

・・・・・・・・・・

 

長くなっちゃうけど、ついでに、ちょっと最近の読書事情(ネタがたまってるのでまとめちゃいます…)。

 

去年の年末くらいからかなぁ、読書の宿題がすごくよく出るようになって、結構読書に追われてるんですけども。

 

今、はなは毎日英仏少しずつ読んでいて、これは私もだいぶしんどい、けど、勉強にはなります。

 

ずっと読み続けている女性の偉人の本がまだ終わってないんですが、ちょうど数日前、フリーダ・カーロという画家の話を読んで(すみません、私存じ上げませんでした)、この方が共産主義者だったというくだりから、じゃあ共産主義って何よ?って話になり、そこからこの前訪問したばかりのベルリンの話になり…子供達と3人でじっくり話しましたよ、こういう時間は本当に有意義で、この本ってこういうディスカッションのネタがたくさん詰まってるのでありがたいです。

 

まぁ、英語の読書は完全に自主性に任されていて、確認も何もないんですが、フランス語のほうがレジュメが必要なので、だいぶしんどいんですけどね…。

 

一方のかいですが、こちらもフランス語の読書+レジュメが出るんですけど、今日は自分で家にあった本を選んでひとりで1冊読んでレジュメまでほとんど私の手助けなしで完成させました…!!

 

20190503_1

 

このレベルの19ページの本を、

 

20190503_2

 

こうしてまとめるところまで、ほとんど全部ひとりで!!

 

本の内容に関しては、おそらく分からない単語もたくさんあるんでしょうけど、文脈と絵で想像して読んでるんだろうと思います、が、あらすじを最初に日本語でどう書きたいのかだけ確認したらよくまとめられてるっぽかったので、じゃあそれ自分でフランス語で書いてって言ったらこの通り(汚いけど)書けておりました、私全く添削してないのでおそらく文法とかかなり間違ってると思うけど、あえてそのままでいいかなと。

 

このレベルまで来てくれると、私は本当にラクです…!!

 

英語のほうも、ずいぶん前にお父さんが会社の人からもらったという日英併記のドラえもん(マンガ)、ずっと本棚にあっただけなのを、ここに来て読み始めたかい、本人曰く英語で読んでるとのこと。

 

1年でここまで成長するんだな…感涙。

«すずらんの日