無料ブログはココログ

2018年11月11日 (日)

ヴァカンス明け1週目/第一次世界大戦休戦記念日

昨日土曜日、はなの誕生日のことは書きましたけど、実は結構大変な1日で…。
かいが、お昼ごはん後、急に腹痛を訴えて、リバースしましてね…。
多分…昼ごはんに食べたピザに、調子に乗って辛いスパイスをたくさんかけて食べてたからだと思います…(自称辛いの平気男)。
おかげでかいは乗馬レッスン行けず…これで5週連続休みですよ?!(頭痛で途中からレッスン見学→イレギュラーになった柔道と時間がかぶって柔道選択→2週間ヴァカンス→そして昨日のリバース)
乗馬は決して安くないですので、伏せってるかいに向かってがっつり怒りましたけどね…。
案の定、私とはなが乗馬に行ってる間によくなってきたようで、お父さんに連れて行ってもらって柔道行ってきました…。
次になんかあったら、もう乗馬辞めさせます!!!!!そもそも私はアンタは乗馬は別にやらなくていいって言ったのに、アンタがやるって言ったからやらせてるんだからね!!!!!と…。
そして昨日の夜は…夜中に部屋でふたりでコソコソとゲームをやっていたことが発覚し…今朝はがっつり説教からスタート。
なんだかなぁ…。
今日は予定がないので、家に引きこもり予定です。

さてさて…ヴァカンス明け1週目の学校が終了したので、振り返りを書いておきます。

月曜日。
ヴァカンス明け1日目!でしたが…まぁ、これといって変わったことはなく、無難にこなしたようでした。
あ、でも、ちょっとわけあって、はなのクラスメイトの女の子が、朝にはなにとても明るく声をかけてくれたりしていまして…これについては月末に書こうと思っていますが…。

火曜日。
はなの中国語のテキストがようやく届いたようで、渡されて帰ってきて…別に持ち帰ってこなくてもいいのに持ち帰ってきて、家でも興味深そうにふたりで見ておりました。
まぁ、漢字いっぱいあるので、親しみはあるかもしれませんね。
とりあえず、これでこの問題はようやく一件落着。
あとこの日ははなは、とある授業で、友達と協力し合って解いていいという問題があったそうで、その時他の女の子達と一緒にやったみたいです…とはいえ、一緒にやったというよりは、みんながはなの答えを見に来たというのが正しいっぽいけど…(苦笑)
まぁそんなかたちでも、とりあえず他の子と多少は接したならそれはそれでいいのかなとも…。

水曜日。
毎週水曜日は集会がある日で、はながお誕生日のお祝いをしてもらったというのは昨日書いた通りですが。
それから、この集会の時、みんなの前に出て何か特技を披露したりすることができるみたいなんですが、かいは日本式のこまにチャレンジ!したらしいんですけど、2回回して2回とも失敗してしまったそうで…来週リベンジすると言っております…最近練習してなかったからねぇ…。

木曜日。
特に変わったことはなかったようですが…はなは体育、今までラグビーだったけど、違う球技になったようで。
どんな競技なのか説明してって言ったんだけど、まーーーーー説明できないね…「どう説明したらいいか分からない」って…黙り込んじゃう。
日本語でもこれですから、英語フランス語など話せるはずもないです…。
一方のかいは、英語の時間に、隣の女の子Aに、ちょっと間違っただけなのに「This is not good.」とか言われたので、手を挙げて「A is not kind.」って言ったとかwwwwwなんかもう、涙流して笑いながら聞いてしまったwwwww頑張って生きてるなぁwwwww
でもかいは、この日突然、「フランス、2年か3年って言ってたけど、俺3年のほうがいいなぁって思ってきた」ってww
彼は多分、今の生活がかなり面白くなってきてるんじゃないかと思います、お友達もできて、フランス語も英語もどんどん話せるようになってきてる自分が嬉しいんじゃないかなと…家でもかなりしゃべるようになってきたので、おかげで私の家でのフランス語頻度も少しずつ増えています。
最近は、お友達と休み時間に、マインクラフトごっこをしているようです…(笑)
それから、以前アートで作った作品を持ち帰ってきましたけども。

20181108_9

…なかなかな存在感のモアイです…(笑)
しかも、ずっしり重いんですよ、これが。

金曜日。
今度は、はなが、以前作ったアート作品を持ち帰ってきました。

20181110_3

ポピーですが…これについては後述。
いたくお気に入りのようで、大喜びでしたよ(だからアートの先生にケーキあげたのかしら…笑)。
あとこの日ははなのクラスは、クッキングでかぼちゃとさつまいものスープを作ったんだそうな…さつまいも、こちらの人も使うのね。
あとは昨日書いた通り、誕生日のお祝いをしてもらったはなでした。

実は本日11月11日は祝日、Armistice de 1918という日で、第一次世界大戦休戦記念日、だそうです。
フランス北部、コンピエーニュで、ドイツと連合軍の休戦協定が結ばれたそうなんですが、今年は100周年ということで、プーチンさんとメルケルさんがコンピエーニュに来てるみたいですね、トランプさんもフランスにいるみたいだし。
実はポピーが戦没者の象徴らしく(いつも拝見してるブロガーさんの記事をさっき読んで初めて知りました)、それで最近学校のアートの時間で全学年ポピー作ったのね…と(素材は学年ごとに違ったらしいんですが)。
ただしフランスでは、退役軍人、戦争の犠牲者や孤児の象徴として、フランスの戦没者追悼記念日に青い矢車菊の襟章をつける慣習となっている…らしくて、それで、学校から、「9日金曜日、ポピーの赤か、ヤグルマギクの青を象徴する、赤か青の服を着てくることを推奨する」という連絡がきていたので、一応ふたりとも、それらしき色の服を着せて登校させました。
でもそれに対して何か特別なイベントがあったとか、そういうわけではなかったようですが。
日本人的には、やっぱり戦争と言えば圧倒的に第二次世界大戦の印象なので、第一次世界大戦と言われてもピンとこないんですけど、ヨーロッパとしてはやはりどちらもとても大きな出来事なのでしょうね。
この週末はあちこちで式典が行われたりしているようなので、興味はあったんですが…今日は雨も降ってて寒くて…とても外に出る気もしないです…。

2018年11月10日 (土)

Elle a 10 ans!

はな、10歳になりました!…ので、恒例の1週間まとめ記事は明日に回します。

日本にいたら、二分の一成人式とかいう行事を学校でする歳なんでしょうけども…アンタが二分の一成人式なら私は再成人式だっての…(苦笑)
大きくなったもんですね、ほんとに…もう10年一緒にいるのかぁ、あの壮絶だった出産から10年かぁ(笑)
もう足のサイズは私とほぼ変わらないですね、身長はまだ私のほうが20センチくらいは大きいと思うけど…多分越されるんだろうなぁと思います。

毎週水曜日は集会がある日で、誕生日の子達が前に出てお祝いしてもらえる日なので、土曜日に誕生日があるはなもお祝いしてもらったそうです。
お菓子をもらって喜んで帰ってきました。
そして昨日金曜日は、例によって学校にケーキを持っていきましたよ。

20181109_11

前日の夜に焼いたので、はながパジャマですけど…(笑)
昨日金曜日学校に持っていき、クラスのみんなと担任の先生にお祝いしてもらってから、みんなで食べたそうです。
「私の名前にこのアルファベットが入ってる」というのでひとしきり盛り上がったとか…(笑)
いつもは歯の矯正してるから食べない男の子が、矯正装置を外して食べてたとか…(笑)
クラスの人数より2ピース余ったので、配りたい先生に持っていくことができたそうで、もうひとりの英語の担任と、あと意外なチョイスで、アートの先生のところに持って行ったそうな!
去年の担任とどちらに渡すか迷ったそうなんですけどね…怖いと言っていたアートの先生に渡しに行くとは、びっくりでしたけど、でもナイスチョイスだと思います(笑)

プレゼントのたこ焼きプレートは、案の定間に合わず…順調にいけば20日までには届くはずですが、はてさて。

で、家族でお祝いのための今日のケーキは、近所のパン屋さんに昨日ふらっと立ち寄り、予約してみました。
「どのケーキ?」「何があるんですか?」「なんでも言って下さい」「じゃあ(さっきモニターに映ってた)トロワショコラ」「何人分?」「4人分」「いつ?」「明日」「何時?」「18時」「土曜日は18時に閉まっちゃう」「じゃあ…13時。いくら?」「15.〇〇ユーロ」「支払いは明日でいいですか?」「はい」…とのやり取りで、名前も連絡先も何も聞かれずに終わり、不安いっぱいで先ほど13時に取りに行きましたが、ちゃんと作ってくれておりましたー\(^o^)/

20181110_1

安いなぁと思ってたら、やっぱりちょっと小さめ。
でも、(4人分って、ちっちゃいの4つとかじゃないといいけど…)って不安でいっぱいだったことから考えたら、よかった(笑)
値段も妙に安いなと思ったので、納得です、よかったよかった。
今日の夜に食べます!

今日は朝はバレエ頑張ってきて、これから乗馬に行くところです(その後かいは柔道予定)。

なにかと心配が尽きない娘ではありますが、彼女なりに一生懸命生きていますので、彼女がもう少し生きやすくなるまで、私はそばで精いっぱいフォローをしなければいけないので…もうしばらく元気でいなくちゃいけないですね(笑)

ところで、ヴァカンス期間中に、アートクラスの特別レッスンを受けた話をしましたけど(11月2日の記事参照)、そのアートクラス、木曜夕方クラスが新規オープンして、おととい木曜日、はなだけ参加させてもらってきました。

20181108_8

紙製の、医療用のアレ(分かりますか?笑)を利用して、島作りをしたそうです…「タイガーアイランド」と名付けたそうです(色と模様がね笑)。
はなはこういう作業が大大大好きなので、とても嬉しそうに持ち帰ってきましたよ。
ちょっと、箱庭療法っぽい。
もうひとり、大きな男の子がクラスにいたらしいんだけど(その子のためにオープンしたクラスなんだけど)、その子は人の絵を描いていたそうで、とても上手だったみたいで…先生、それぞれに柔軟に対応してくれるから、とてもいいなぁと(今回私にも、これを作るか絵を描くかどちらがいいか最初に聞いてくれて、はなは絶対こっちだなと思ったのでこちらを選びました)。
毎週は参加できないけど、月1回くらい行かせてあげたいなと思うし、来年からは毎週でもいいなぁと思っています…はなが続けたければ。
はなはこういう制作の方向が好きだというのは明確なので…そちらの方向で今後は支えてあげられたらいいのかなぁと思う、子育て10年目なのでした。

2018年11月 7日 (水)

YouTube活用

えーと、まずはここ数日のこと。
月曜日は、午前は久しぶりにヨガ行ってきて…。
午後は北海水産の宅配があったので、学校のKさんが受取兼お茶に来てくれました(今回はふたりで注文)。
いつも通り宅配時間が15時~18時の指定だったもので、うちの子達のお迎えはインドママにお願いして、家まで連れてきてもらい…彼女達もちょっと一緒に過ごしました。

火曜日は、午後から久しぶりのフランス語レッスン。
なんか…全然ダメだったな~、たかが2週間、されど2週間…また頑張りまーす…。
でも、この日は放課後、はなのクラスのママとフランス語で話したり、かいのクラスのママにフランス語でメッセージ送ったり…少しずつ接することができるママが増えてきているので、フランス語も英語も頑張って伸ばしていきたいところです。
夕方はバスケがあったので行き帰りバスで行ってきましたが…なんかもうね、2週間前は、こんなに暗くなかったよっていう中行ってきて…ほんと様変わりしちゃって、寒いし、バス待つのも結構憂鬱…。
バスケのほうはかいはよく頑張ってましたけども。

さて…以下、本日の本題。
ヴァカンス中、結構出かけましたが、家にいる時間もいつもより長かったので、なんだか子供達、ふたりで部屋にこもってコソコソやってたことがあって。
私が部屋に入ろうとすると「ダメ!」って言ったり、なんか慌てて隠したりしてたので…多分、パッドでゲームでもしてたんじゃないかな~と思うんですが…(我が家は相変わらずゲームはひとり15分と決まっています)。
部屋にこもるのも、コソコソなんかやってるのも、よくないな~と思い、かといって私が四六時中見張ってるわけにもいかないので、どうしたもんかなと思ってたんですけど。
先日日本人の皆さんが遊びに来てくれた時に、子供達がYouTube好きだという話を聞いて、「そうか!」と。
皆さんは、それをやめさせたいというかんじでしたけど、我が家の場合それを逆手に取ればいいんだ、と思ったんです。
つまり…ヒマな時間にYouTube見てもいいけど、英語かフランス語のものに限る!と。
で、なんか子供達が喜んで見そうな、ごく普通の日常会話が聞けるようなものがないかな~って、ちょっと一緒に探したんですけど、子供達が一番気に入ったのが、「Swan The Voice - Néo & Swan」というチャンネル。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=640&v=Ig0R80FrBUo

なんてことないゲームをいろいろやってるみたいですが、ふたりがかわいくてね~(笑)
気に入ってずっと見てます。

それから、先週、ADさんに、英語とフランス語の勉強用に…と、Muzzyという、BBCで作ってる?アニメ教材をお借りしたので、英語バージョンとフランス語バージョンと見たんですけど(他にドイツ語、イタリア語、スペイン語もある)、これもシュールでおもしろかった!
内容は本当に初歩からの簡単なものだったけど、フランス語は私も勉強になったので最初から全部子供達と一緒に見たんですけどね。
これも、YouTubeに上がってたので、興味のある方はご覧になってみて下さい。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=LNttGyxChRs

これが英語バージョンで、

https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=wfhq5PY6VhA

これはフランス語バージョン…映像も音も新しくなってるけど。
(てか多分この辺のアップロードはいずれ消される可能性もあるかと思いますが…)

先週、AKさんには絵本をいただいたりもしたんだけど…ブロカントで買った絵本もまだ読み終わっておらず、いただいた絵本もまだ手付かず(かいは意味が分からないなりに音読したりしてるけど)。
ブロカントで買った小公女セーラも、結局1話だけ見たところで止まってるので、また時間を見つけて少しずつ見ていこうと思います。

2018年11月 5日 (月)

偽薬じゃなくて、今度は本物

2週間のヴァカンスが終了し、今日からまた、お次の2週間ヴァカンス(クリスマス・年末年始休暇)に向かっての7週間の学校がスタートします。
このサイクルは、特にはなにとっては、息切れし尽くす前に休めるので、我が家的にはとてもありがたいです…。
…しかし、久しぶりの5時起き(弁当作り)、ツラかった~…(苦笑)
そして毎朝またあの寒い中を歩いて行かなきゃいけないのかと思うと、心が折れるね…。

さて、とりあえず最初の7週間が終了した時点で、昨年度よりはだいぶ成長も見られたはなではありましたが、やはりまだまだ十分ではありません。
私も手をこまねいて見ているわけではなく、とにかく少しでもはなをラクにしてあげられるようにと、あれこれ手を打っていて。
まず、「海外に住む子ども達の心の健康をサポートする臨床心理士の会」というサイトを見つけ、3回まで無料でメール相談ができるということだったので、こちらの現状を説明し、なにかアドバイスをいただきたいとお尋ねしたところ、ほどなくとても丁寧な返信をいただきました。
具体的な提案も書かれていましたが、何よりもまず、今ははなの発語がない状態をもどかしく思うのではなく、一生懸命蓄えている状態なんだと、じっと見守ることが大事だ…というようなことが書かれており、改めて、あぁそうだよな、私が焦っちゃいけないんだ…と再確認させていただきました。
考えてみたら、はなは3歳になるまで、発語らしい発語がなかった子で(自閉症の大きな特徴のひとつが発語が遅いこと)、そんな子が、この年齢でいきなりまるで違う言語をふたつも覚えなくちゃいけない環境に放り込まれ、ほいほいと話せるようになんて、なるわけないんだよね。
なので、私自身が、焦らず、焦らず、焦らず…はやる気持ちを抑えて、彼女を辛抱強く見守り、彼女を守ってあげなければいけないんだ…と、決意を新たにさせていただきました。
…実際のところ、私がそう思って、「今年から頑張れと言うのはやめたんだ」と言ったところで、なかなか学校の先生や周りの子供達ママ達がそこを理解してくれなくて(説明しなきゃ分からないの当たり前なんだけど)、彼女や私を焦らせるという側面が大きいので…私にとっても英語でそこを周りに説明するのは大変なことだけど、はなのために、やれることをやっていかなければと思います。
メール、あと2回は相談できるので、また今後なにか壁にぶつかった時、改めてアドバイスをいただきたいなと思っています。

あと、今年度に入った時から、はなに登校前毎朝偽薬を飲ませ始めたと書きましたけども(9月8日の記事参照)、ヴァカンス中、偽薬ではなく、ほんとのサプリを買い漁りました。
これは、上記記事内でも触れた本の中に、薬やサプリを飲ませる効用がちょっと出ていたり、あといつも読ませていただいているブロガーさんの記事ではっとしてネットでさらに検索をかけて…とか、つまり、「あれ?偽薬なんて飲ませてる場合じゃなくない?自閉症に効くサプリを探して買って飲ませればいいいんじゃ?」と思った…というわけ(なぜ今まで気づかなかった…汗)。
で、まず、コチラのサイトで「遅刻、出不精、コミュニケーション障害(コミュ障)に改善効果を感じた唯一のサプリメント」として紹介されていた、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンのサプリ。
上記サイトで、「「スルフォラファン」が自閉症の中核症状である「コミュニケーション障害」に効果があるという研究を見つけた」「社会的な相互作用、異常な動作、言葉のコミュニケーション。この3つに顕著な改善が見られた」と紹介されていて、これ、はなが摂らない理由がないよね?と。
というわけで、上記サイトで紹介されていたサイトから、上記サイトで服用していたものと同じものを購入。
さらに、亜鉛。
これについては、たとえばコチラのサイトで、「亜鉛欠乏は児童の自閉症スペクトラム障害と関連している可能性があると予備的研究で見つかった」「欠乏している亜鉛を投与によって補うことにより、自閉症スペクトラム障害の治療的効果が期待される可能性」などと書かれていましたので、これも買いだ!と思い、ブロッコリーと同時に亜鉛サプリもお買い上げ。
さらには、サプリではないのですが、ローズマリーもよさそうだと見かけ、たとえばコチラのサイトによると、「精神を高揚させ、軽い鬱病を和らげる効果もある」とありますが、要は気持ちを高める効果があるようなので、これはスーパーでローズマリーが多めに含まれたハーブティーを買ってきて飲むことに…いずれ時期が来たら自宅でローズマリー育てられたらと思いますが。
また、上記のサイトによると、ローズマリーは「記憶力や集中力を高める作用がある」とされ、これはかいに必要!で、さらには「頭皮の血液の流れを活性化して育毛にも効果がある」とのことで、これはお父さんに必要!というわけで、結局家族で飲んでいます…香りがとてもいいので、みんなすっかり気に入ってしまいました。
あと、こちらに来てから、エルヴドプロヴァンス(ハーブミックス)を使っての料理を作ることが時々あるのですが、その中にローズマリーは入っていたものの、これを知って以来はさらにローズマリーを増量して、直接体に取り入れることもしています。
さらに今、サプリを買ったサイトで、ローズマリーのシャンプーやボディクリームなども注文して届くのを待っているところで、これによって髪や体に香りが残って、学校にいてもはなが癒されてくれるといいなぁなんて期待。
というわけで、とりあえずサプリを朝晩、ハーブティーを毎朝、服用開始しているのでした。

そんなかんじで対策を進めていき、あとは毎晩のマッサージは継続しているのですが、ヴァカンス中に、「今一生懸命、サプリとかお茶が、はなの頭の中を工事してるからね、こことここをつなげればしゃべれるようになるな…って、一生懸命つなげてくれてるから大丈夫!まずはイエスノーは言えるようになる!」などと暗示するように話していたんです。
そしたらある日の夜、はなが、「でも、ミセス○○(アートの先生)の授業の時は、イエスノーは言ってるんだけどね…」と、いきなりの衝撃発言!!!!!
えっ?!なんで?!答えるの待ってくれるの?!(私が先生達にそうしてほしいと要請してあった…けど、おそらく実践してくれてる先生はいない)それとも怖いから?!(アートの先生のことは以前から怖がっている)などと聞いたんですが、はなが言うに、はなに答えてほしい時、先生は自分の手を耳の横に当ててはなの答えを待つんですって!なのではなは答えざるを得ないらしい…!
イヤ、だから、はなは、時間はかかるけど、言えない子じゃないんだよ…だからできれば先生達も、そこほんのちょっと時間割いてくれると助かるんだよ…!と、今まで「怖い先生」と私の中で評価が低かったこの先生の評価が180度逆転(笑)
あとは、私が今年度最初から信頼していたフランス語の担任にも、はなは「Je ne comprends pas.(分かりません)」とか言えてるらしい!なぜそういうことをもっと早く報告しない?!
イヤ…だからね、彼女は、知らないから言えないわけじゃなくて、言うスイッチが入るか入らないかだけなんだよ…先生達、はなに話してほしいって言う割に、はなの答えを待ってくれないんだよ多分…イヤそりゃ忙しいのは重々承知してるしこんなことこちらサイドが言うのはおこがましいのは分かってますけども…。
だけど、こうやって、言える先生には言えるようになってるわけだから…ほんと、少しずつ、少しずつ…きっかけさえあれば、彼女は変われるはずなんです…!
とにかく、お友達関係は、別にひとりがいいならそれはそれでいいし、話せないなら話せないでもいいけど、先生達に対する受け答えだけは、なんとかできるようになろう、と、話しているところです。

ちなみに、かいに関しては…もうね、全然、心配してませんよ。
文法はブロークンながらも、学校での出来事を一生懸命英語で説明してくれた後、「じゃあ今言ったの全部フランス語で説明して」って言うと全部一生懸命フランス語で説明してくれますww
お友達とも英語フランス語でちゃんとコミュニケーション取れてるみたいだし、両言語とも順調に伸びてると思います。
彼も一緒にサプリ飲んでお茶も飲んでるので…彼は自閉症ではないですけど…でも記憶力集中力の欠如とか、落ち着きがなくて忘れ物が多いところとか、ついでに一緒に改善したらいいなぁと思います。
彼はヴァカンス明けて学校再開するのも楽しみみたいです…勉強はイヤだけどお友達と会えるのは嬉しいみたいですよ。

2018年11月 4日 (日)

ピエルフォン城

11月4日(日)、またもや訪れた第1日曜日。
先月のフォンテーヌブロー城に続き、入場料無料のこの日を利用して今回行ってきたのが、フランス北部、ピエルフォン城。
「地球の歩き方」によりますと、「14世紀に建てられたこの城、実はほとんど壁しか残っていなかったものをナポレオンが買い取り、それを受け継いだナポレオン3世が修築させたものだ」とのこと。
シャンティイからは車で1時間程度…今回は行きも帰りも寄り道したので実際の時間はは分かりませんでしたが。
小高い丘の上に建っているので、少し離れたところから見えて、「おぉっ!!」となりました。

20181104_1

これは、停めた駐車場から撮った写真ですが。
到着したのが11時くらいだったんですけど、結構あちこち車で埋まってまして…うまいこと1台空いていた駐車場に無事に停めることができました(小さな村なので、全体的に駐車料金は無料っぽかったです)。
さて、ここから歩いてお城へ向かいます。

20181104_2

なんかすごい圧巻~。

20181104_3

まずは外周を回りました。

20181104_4

村を見渡せました。

20181104_5

正面から中に入っていきます。

20181104_6

20181104_7

おそらくここから矢を射ていたんだろうなという穴がたくさん開いていました。

20181104_8

20181104_9

中庭。
この日は入場料無料でしたが、チケット売り場でチケットをもらう必要はありました。
入場して、回廊を回って、入口を入ったらまずは2階へ。

20181104_10

20181104_11

こんな展示がいろいろ…フランス語が読めないのでよく分かりませんが、壊されずに残っていたものを展示しているのかな?

20181104_12

礼拝堂の2階部分に出ました、ステンドグラスがとてもきれい。

20181104_13

これはミカエルかしら?

20181104_14

上から見た中庭。
この先に続いている部屋では、何か映像で歴史を表現しているようでしたが、とりあえずフランス語が分からないので、「なんかきれい」ってかんじ。

20181104_15

20181104_16

20181104_17

…でも…とにかく、寒い…足早に進みます。

20181104_18

これは応接間かな。
残念なのが…。

20181104_19

壁に落書きがたくさん…。

20181104_20

この城を撮影で使った作品をいろいろ紹介しているようでした。
私は「ジャンヌ・ダルク」しか知らないですけど…あの映画はグロくて私は無理だった…グロいというか、表現方法が好きじゃなかったな…。

20181104_21

皇帝の寝室。

20181104_22

騎士の間。
そしてこの次が、今回一番衝撃だった…。

20181104_23

地下に続くこの怪しげな階段を下りると…。

20181104_24

…フランス歴代の偉人の墓のレプリカ、らしい。

20181104_25

これでもかってほど並んでおります、夢に出てきそうなくらい気持ち悪い…子供達よく何も言わずに全部見たなぁ…。

20181104_26

「ci-gîd」というのを辞書で調べたところ、「~ここに眠る」という墓碑銘の表示だそうで、この墓(のレプリカ)が誰のもの、というのが書かれておりました。
これはつまり何なのかというと、英語での説明書きを読んだところによると、ルイ・フィリップの意向でヴェルサイユ宮殿から移動(寄贈?)されたとかなんとかで…フランスには過去これだけの偉人がいたのだ、と示すことで、フランス国民としてのアイデンティティを再集結させることが目的だった…らしい。
ま…なんか、変なもの見たな、くらいなかんじです…ハイ。

20181104_27

最後に見張りの間を通り抜けて終了!
無料で来られてちょうどよかったなってくらいの場所だったかなと思います(失礼)
実はお父さんはだいぶ前に出張の時、会社の人に連れてきてもらったことがあったみたいなんですが、あの墓のところとかは行った覚えがないようだったし、結果的には家族で楽しめました。
その後はちょっと村の中をぶらぶら。

20181104_28

20181104_29

でも寒くてね…さすがのボート好きのお父さんも、ボート乗りたいとは言いませんでした(苦笑)
この湖の隣のレストランで4人でホットココアだけ飲んで(お昼は来る途中スーパーでサンドイッチ買ってきちゃったのです…店員さんに、「ここはレストランだから飲み物だけはダメ」と言われてしまったんですけど、結局それでOKにしていただいちゃいました…今後はもうちょっと店を吟味して入るようにします…苦笑)、あとマルシェが開かれていたのでちょっとのぞいたら、シャンパンの試飲やってて、ちょっと飲んだらおいしくて、結局ミニボトル1本買ってしまったり(笑)
そんなかんじで、寒かったので手短にではありましたが、十分楽しんだピエルフォンでした。

2018年11月 2日 (金)

アートクラス

昨日はこちらは祝日で、特に何も予定がなかったので、家族で家に引きこもっておりました。
というか、私がまた体調悪くて…まぁ、なんでか、自分でもよく分かってるのでいいんですが(これについてはまたそのうち)。
ほんとは買い物くらい行こうと思ってたんですけど行けませんでした。

で、今日、金曜日。
午前中、子供達はアートクラスに参加してきました。
ヨガで一緒になる、同じアパルトマン別棟に住む、素敵なフランス人ママ、彼女は自宅でアートクラスを開いている方で、はなも私も以前からとても興味があったんですが、彼女のクラスとはなの習い事が見事にかぶっていて通うことができず…でも、このヴァカンスの後半1週間、午前中にハロウィンの特別クラスを開催するということで、行きます行きます!!!!!ってかんじで。
とりあえずお試しに1日だけ…ということで、金曜午前、行ってきたのであります。
10時に彼女のおうちに連れていきましたが、今回参加者はうちの子達だけでした。
予定では10時~11時半とのことで、最初だけちょっと様子を見ましたが、あとは彼女にお任せして私は帰宅して掃除をすませ、11時半近くなったところで様子を見に行ったんだけど、もうちょっと時間がかかりそうってことで、結局12時くらいまでかけてやってくれましたよ。
今回は、彼女の家に飾られていたこのハロウィンディスプレイの模写。

20181102_1

で、完成したのが、コチラ↓

20181102_2

右がはな、左がかいです、帰宅後家の壁に飾りました。
パステルのみで描いてますが、なかなか上手じゃないですか?!
はなは、くもや、くもの巣が本当に嫌いなもので、描きませんでした(笑)
かいは私が行った頃にはもう集中力が切れていて、先生にも「彼には1時間半で十分だね」って言われましたが(笑)でもそれまではふたりともよく集中していたようですよ。
やっぱり、かいはなんだかんだとしゃべってはいたようで、先生にも「He is funny!(彼はおもしろい!)」って言われましたが(笑)
あ、先生はフランス人ですが、英語も私と同レベルくらいなので、うちの子達には英語対応してくれたようです。
一方のはなはやっぱり全然話さなかったみたいですけど、まぁひたすら黙々と頑張っていたようです。
先生、「私完璧主義で…」って言いながら、11時半過ぎても「これも描いたら?ここも描こうか」っていろいろ描かせてくれて(笑)このような力作が完成したのでした。
最後には、彼女の家で飼っているうさぎにえさをあげたりなでたりさせてもらって、終了。
かいは、もういいやってかんじでしたけど、はなは楽しかったようで続けたいようで…今度、新しい時間にクラスを開設するとのことで、その時間ならはなも行けそうなので、とはいえ現状毎週行くのはお金も時間も大変なので、月に1回くらいとか、行かせてもらえたらいいなと思います。
彼女はアートセラピーなんかもする人のようで(それは言葉が通じないと難しいとのことだったので、はなには無理なのですが)、本当に素敵な人なので、はなにもきっといい影響があるんじゃないかと思うんです、そもそもアート自体が大好きなはなですから。
何でも、はなにとって効果的なものは、取り入れていけたらいいなと思います。

2018年11月 1日 (木)

続・フランスのハロウィン事情

昨日、昼間に商店街のハロウィンを周ったところまで書きまして、それでハロウィンは終了かと思いましたが、夜に続きがありましたので…直接うちの子供のこととは関係ないですけど、フランスのハロウィン事情として記録に残しておきます。
晩ごはんを18時半頃から3人で食べていた我が家、19時近くになって食べ終わった頃、なんだか今日は外が騒がしいね…と。
うちのひとつ下の階に住む子がわりと元気な子で、エレベーターホールで騒いでるとその声が聞こえたりすることはあるので、子供達とも「多分2階だよ」とか話してたんですけど、それにしてはなんだか騒ぎが大きいうえにやむ気配もなく。
何だろうね~?なんて思ってたら、いきなりうちの呼び鈴が!
そこでようやく私気付く!!!!!

ハロウィンか!!!!!Σ( ̄ロ ̄lll)

多分、その、2階の子がお友達と一緒にとか、来たのかな~?なんて、気軽な気持ちで開けたんだけど…ドア開けてびっっっっっくり!!!!!
そんなに広くないエレベーターホールではありますが、そこに、仮装したちびっこ(幼稚園児くらい)と大人たちがぎっっっっっしり!!!!!
開けた途端、子供達がなにやらトリックオアトリート的なフランス語を一斉に言い始める…!!
まーーーーーじーーーーーかーーーーーよーーーーー!!!!!と思いながらも、とりあえず、「待って!」と奥に引っ込み…個包装のあめちゃん…と、日本から大量買いしてあった「はちみつきんかんのど飴」を持ち出して、それをひとつずつ、彼らのバッグの中に入れまして。
すっごい多く見えたけど、結局子供達は…7、8人だったかな。
あげたらお礼を言われて、さようならのごあいさつをして、そのままドアを閉める。
ふーーーーー…びっっっっっくりしたーーーーー!!!!!
とりあえず、開けた瞬間のあの光景の異様さといったら…とりあえずみんな黒いしね、まー驚いた。
もらうのに回ったのは何度もあるけど、あげる立場になったのは初めてでした…。
まさかこんな普通のアパートの中を回るなんて思ってもみなかったし(一応オートロックなんですけど…)、別にハロウィンの飾りつけも全くしてませんからね。
そしてうちは個包装のお菓子を常備してるわけではないので…ほんっと、たまたま、日本からのあめがあってよかったけど…でも日本語で得体が知れないから、食べさせない親もいるかしら?それとも珍しいものもらったと思って喜んで食べてくれるかしら?
まぁとりあえずは、あげることもらうことが目的だと思うので、よしとしよう。
来年は…忘れなければ…個包装の、もうちょっとちゃんとしたもの、用意しておこうかな…なにより、はちみつきんかんのど飴、貴重品なのよ…これから風邪のシーズンだし…(苦笑)
うちの子達も、配り終わった後、「まだある?!」と、袋の中をのぞきこみましたし…イヤ、大丈夫、まだ2袋くらいは予備あるし(笑)
イヤーーーーー…フランスはハロウィン盛んじゃないから、って、なめてたわぁ~…(苦笑)
今朝になってFacebook見たら、シャンティイ内で盛り上がってる画像もちらほら上がってるし、なによりフランス(ヨーロッパ)ブロガーさん達も結構ハロウィン記事アップしてるし…。
そうか、日本と違って、当日だけドカンと盛り上がるのね…ほんとなめてた…(苦笑)

2018年10月31日 (水)

フランスのハロウィン事情

本題の前に、ヴァカンス2週目のここまでの振り返り。

初日月曜日は、おなじみのPavillon de Manseのイベントだったんですが、いつもは午前2時間だけ参加させるところ、この日は午前2時間午後2時間の計4時間参加。
というのも、本当は午前だけにしたかったんだけど、この日は通し参加が原則だということで。
午前のイベントが、ゲストを招いてのマジックショーのようだったので、この日は外したくないな~と思い、結局通し参加で申し込みました。
で、午前10時~12時で、一旦私は家に帰って軽く家事をすませて、お昼にお迎えに行き、子供達と一緒に、すぐ近くの中華料理店へ。
ここで、AOさんとRさんとお昼をご一緒するお約束をしてました。
というのが、午後のイベントが14時~16時だったので、車のない私達が一度帰ってまた来るにはあまりにも面倒だったので…だったら近場でお昼食べて時間つぶしたほうがいいなと思い、時間つぶしに付き合ってもらったというわけなのです。
本当は別のレストランに行く予定にしていたんですが、朝子供達を送り出してから、「あ!あの店月曜定休だ!」と思い出し、その後どこにするかと3人ですったもんだしまして…というのがシャンティイって結構月曜定休のレストランが多いんです。
で、結局、AOさんが見つけてくれた中華料理店行ったんですが…テイクアウトも可能なお惣菜屋さんで、ショーウィンドウに並んでる総菜を選んでテーブルでも食べられるというかたちだったので、選んだものを豪快に皿に盛ってそのままレンチンしたものが出されるというところでしたがwwでもすっごいお安く食べられて(フランスでひとり5.5ユーロのランチなんてファーストフードでもなかなかありつけないと思う!)、思わぬ発掘ができてよかったです!この金額なら子連れでも気兼ねなく来られる!
でも、さすがに2時間そこで過ごすのは子供達と一緒では難があったので(かいがテンション上がっちゃってうるさいったらなかった)、すぐ近くのRさん宅に移動してしばらくお茶させてもらい、そこで子供達はドラえもんを見て過ごしていました。
そんなかんじで2時間やり過ごし、ふたりと別れ、また子供達を施設に預けてから、今度はちょうどいい時間のバスがなかったので自宅へ戻るのと施設へ戻るのにキックボードを使ったんですが…この日は死ぬほど寒かった…ツラかった…。
帰りはしばらく待ってバスに乗れたのでよかったですが。
で、肝心のイベントのほうですが、午前はいくつかの手品を教えてもらったようで、さっそくふたつほど披露してくれまして。
午後はパズルのようなことをして過ごしたようです。
珍しく参加者もかなり多めだったんですけど、内容的には、うーん、期待してたほどではなかったっぽいです。

火曜日。
午後から、待ちに待った!学校の日系MちゃんとKくんが遊びに来てくれました!
はながこの日をどれだけ心待ちにしていたことか…(笑)
14時~17時くらいまで遊んでいってくれましたが、かいとKくんの男子チームは結局最初から最後までSwitchやってましたね…。
はなとMちゃんの女子チームは、シルバニアしたり、お絵描きしたり、パッドでなんかゲームやったり、女子らしく遊んでいた模様。
私とKさんはまたがっつり学校の話とか情報交換して、有意義に時間を過ごせました。

そして今日水曜日。
ハロウィン当日だったので、ちょっと商店街でも行ってみようかな~と。
…お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが…私、これまで、このブログでハロウィンの話題に一切触れてないんですけど…フランス、見事なほどに、ハロウィン、盛り上がってない。
日本ではここ数年でアホみたく盛り上がってますけど…私も子供達と一緒にここ数年は10月となるとあっち行ってお菓子こっち行ってお菓子状態でしたけども…フランスでも少し前に比べたらだいぶ浸透してきてるらしいんですが、それでも日本から来てみると、あまりの違いにびっくりします。
イヤ、日本が、おかしいんだけどね…。
ひとつの事情として…どうも、家々を回ってお菓子をもらい歩くという行事の特性上、危険なことも多いようで…イギリスブロガーさんによると、お菓子くれない家に生卵を投げつける若者がいるとか…あと、アメリカではいかにもホームレスってかんじの親子がここぞとばかりにお菓子をもらい歩くって話もちょうど聞いて…フランスにも多かれ少なかれそういう事情があるのかな~と思ったりしました。
そんなわけで、盛り上がってないフランスではありますが、それでもFacebookには、「ハロウィンの日に来てね!」という商店街のお知らせが上がってたもんで、んじゃどんなもんか行ってみるか~と。
11時前に、バスで商店街に到着して、歩き始めると…。

20181031_1

Facebookで見かけていたこのポスターを貼ってあるお店がちらほらあり…どうやらここに行けばもらえるらしい。
でも、ちょっと様子が分からなくて…とりあえずスーパーのG20にちょうど買い物があったので買い物してレジに行ったら、仮装した親子連れがレジでお菓子をもらっていたので、我が家もレジが終わってからBonbon?と聞いたら、お菓子をもらえました!初ゲット!
その後、近くの別店舗に入っていった親子を遠目で観察したところ、普通に店舗に入り、間もなく出てきたので、ほんと、単純に、入ってもらって帰る、でよさそう、と。
分かったところで、じゃあ順番にポスター貼ってあるお店に入っていくか~と。
フランス語ではTrick or treat?のように定型の文句はないようで、直前にスマホで調べたら出てきたフレーズの中でもわりと言いやすそうな「Une farce ou un bonbon.(いたずらかお菓子か)」というフレーズを子供達に覚えさせ、あとは順番にお店に入っていきましたが、結構、「仮装してないの?」「普通は仮装するんだよ」とか言われ…。
イヤ、どんなもんなのか見当がつかなかったから、全く仮装なしで行ったんですよ…。
まぁでもどこも、さすがにそれでお菓子をくれないってことはありませんでしたし、愛想よくくれるお店が大半でしたけど。
回ってる子供達はちらほらでしたが、でもみんな結構がっつりな仮装してましたね、日本みたいななんでもありの仮装ではなくて、ちゃんとハロウィンにちなんでる仮装ってかんじでしたけど。
一度だけ他の子達と同時のタイミングになったお店があって、その子達のフレーズを聞いたら、「Des bonbons ou une mouvaise farce.」って言ってるようでした。
とりあえずbonbonとfarceが言えてれば通じるかんじでしたけど。
商店街の一本道、両端の店を回るように、ポスター貼ってあるお店を探しながら歩いて往復すること1時間でしたが、子供達は順番に「次はかいが言う番!」などと順番を決めてお店の人に声をかけてましたけど、わりとかいよりはなのほうがしっかり積極的に言えてたりして、びっくりしました、やっぱりお菓子が絡むと強くなるのか…(苦笑)
結局15軒くらい回ったかな?ってかんじですが。

Img_5946

それぞれの収穫です、帰りのバスでちょっと食べちゃってたので少しだけ減ってますが。
意外と集まったな~というかんじで、ふたりとも大喜びでした。
でも、今、この日記を書くのに上のポスターの画像を拾おうとFacebookを改めて見たら、ポスターと一緒に、「仮装して午後に来てね」って書いてあった…!
イヤ、私、このポスターだけじゃ何にも分からないと思って、もっと詳しい情報ないかって、結構探したんだよ、数日前に。
でも、このポスター以上の情報が何も見つからなかったの。
それが、この記事、上がってるの、前日ですよ…!前日にならないと詳細が分からないなんてさすがフランス!(まぁポスターだけでも仮装が必要だってのは分からなくはないが…)
それでか、なんか一軒で、午後からなんだよとか言いながらくれた人がいたし、多分うちが一番乗り的なかんじだったお店も何軒かあったんだよね。
でもまぁ、回ってたのうちだけじゃなかったし、そのへんはいい意味でフランスは緩いから、いいんじゃないでしょうかね。
午後は雨予報だったので午前中に回りたかったんです…午前は寒かったけど天気はよかったので助かりました。
あ、1軒、はちみつ屋さんで配ってて、おいしそうなジャムがいっぱいあったので、気になるジャムをひとつ買ってみました、おいしいといいな。
商店街的には、こうやって、お店の中にとりあえず足を運んでもらってどういうお店か知ってもらえるっていうメリットはあるよね、広告費はあめ代だけだし(笑)

2018年10月28日 (日)

フランスできりたんぽ!

土日、予定がなかったので、いろいろ買い物をしたり、勉強がっつりやったり、予定ないわりに忙しくしてたんですが…何より、料理を頑張りました。
めっきり寒くなってきましたので、ぼちぼち鍋が食べたいね~と思っていたここ最近。
我が家はお父さんが帰りが遅いので、鍋をするなら土日と相場が決まっておりまして、この土日は鍋にしようと思っていたのですが、ある日、「そうだ、きりたんぽにしてみよう」と思い立ったのです。
秋田嫌いな私が、唯一、秋田生まれでよかったと思える要因、それがきりたんぽ。
でも…誤解してる人多いんですけど、秋田県民、別に、きりたんぽ、あの物体を作るところからはしませんからね?普通に買いますからね?
とはいえ、ここはフランス…きりたんぽなんぞ、売ってるわけもなし。
というわけで、えぇ、40年生きてきて初めて、きりたんぽ、あの物体を作るところから始めましたよ。

20181027_5

ごはんに片栗粉を混ぜて、麺棒でつぶし、その後箸を使って形作り…本来は秋田杉の棒を使うんですけど、そんなものは当然ありませんで。
そして、本来なら、棒をつけたまま焼くんですけど、箸を焼くわけにもいかないですし、数にも限りがありますので、ちくわのように形を作ったら箸を抜いて、オーブンプレートに並べて焼く…ということに。
しかし、べたつくごはん、箸を抜くのもなかなかに苦労しました…。
何とかかんとか、焼くところまで終了。

20181027_6

不格好ながらそれなりじゃないですかw
本当は直火で焼けたらいいんですけど、うちはIHなので、オーブンで焼きました。
で、これを斜めに切っていくんですが…。

20181027_7

ごはんがべたついてしまって、切る段階でせっかくの穴がつぶれてふさがってしまう…。
やっぱり、焼く時も木の棒か箸か入れとかないとダメかな~、韓国で使うような鉄の箸でも買おうかしら…。
ともあれ、これがきりたんぽのほうで、一方のスープと具材のほうですが。
スープは、夏に秋田から買ってきた、秋田県民の魂のだし醤油「味どうらくの里」使用。
本当はきりたんぽの時は、さいとうの「比内地鶏スープ」が最高なんですけど、まさかこちらできりたんぽ作るなんて思ってもいなかったので買っておらず。
あとは、こちらで普通に手に入るのは、ねぎと、鶏肉でしょ。
他、この前パリの韓国食材店で買ってきた、糸こんにゃくと、ごぼう。
そして本来ならきりたんぽにはなくてはならない、まいたけと、セリ。
これらはさすがにこちらでは見つからず…フランス食材に精通していらっしゃるフランスブロガーさんにも質問してみたところ、セリはやはり難しいようで、でもまいたけに関しては、ひらたけという代替案を頂きました。

20181027_4

GrandFraisにて購入。
あとは、先日別の料理に使って、まだ大量に余っていたクレソンを、セリ代わりに入れてみることに。
そんなかんじで、全部煮込んで、完成!

20181027_8

見た目、あんまり本物と変わらない!いいかんじ!
そしてお味のほうは…これまたとってもいいかんじ!!!!!
やっぱりね、ごぼうが効いてますね、ごぼう、これがなかったら無理だったと思う。
ちなみにごぼうは、GrandFraisに「西洋ごぼう」なるものがあったのを見つけましたが、はてさて同じように使えるのでしょうか…。
ひらたけとクレソンも、まぁまいたけとセリには及ばないながらも、邪魔することなく、雰囲気出すのに十分役立ってくれました。
あと足りない具材は油揚げくらいです…糸こんとか売ってたんだから売ってただろうに、買うの忘れてた(どうしてもほしかったら最悪自分で作るかw)。
そんなわけで、意外とおいしくできて、家族で大満足でした、これなら人呼べるww
で、鍋は2日間と相場が決まってる我が家、翌日曜日は、今度はだまこもち。
だまこもち(私達はだまこと呼ぶ)は、秋田県五城目町の名物でして、きりたんぽの簡易バージョンみたいなかんじで、ごはんに片栗粉を混ぜてつぶしてだんごにしたものを、きりたんぽ鍋のつゆに入れて煮たもの。
私の母親が五城目の出身なもので、これは私の実家では昔からよく食べていました、きりたんぽが足りない時とかに食べます。

20181028_5

前日に引き続き、子供達が張り切って作ってくれました。

20181028_6

こんなかんじです。
きりたんぽよりずっと手間がかからずに作れるのでラクですが、きりたんぽのように穴が開いていないので、やっぱり味しみの点できりたんぽのほうがおいしいです。
でも気楽に同じ味が楽しめるのでいいかんじです。
そんなわけで、めっきり寒くなったフランスですが、久々に郷土の味であったまってみました!
さて…鉄の箸でも探すかなぁ~?(笑)

2018年10月26日 (金)

Vacances Toussaint・1週目

Vacances Toussaintと呼ばれるヴァカンス真っ最中のフランス。
11月1日が、諸聖人の祝日(La Toussaint)と呼ばれる日で、この日を中心に前後2週間が秋休みとなるようです。
この日はカトリックの祝日で、全ての聖人を称える日であり、各家庭はお墓参りに行く日なんだそうです(お墓についてはちょうど近々書こうと思っていたところです)。

そんなヴァカンスの、1週目が終了したところで、盛りだくさんだった毎日を振り返ってみたいと思います。

<10月22日(月)>
パリに行ってきました。
詳しくは前回前々回の日記参照。

<10月23日(火)>
午前、もうすっかりおなじみになったPavillon de Manseのイベントへ。
今回のテーマはLight Paintingということで、暗い部屋の中で、ペンライトのようなものを使って、文字や図形を浮き上がらせたりして、とても楽しかったようです!
テーマがよかったからか、珍しく参加者も8人もいましたしね(男の子はかいだけだったけど)。
私はまたいつものように最後ちょっと様子見たいなと思ったんですが、今回は暗い部屋で閉め切ってやってたせいか、様子が見られずに残念でした。
2時間のイベントなので…この2時間ちょっとの間に、4回バスに乗った私(苦笑)
家にいられたのは1時間だけでしたが、その間に晩ごはんだけ作りたかったし。
午後は、自分も子供達も勉強してから、本当はお友達に声をかけてみようかと思っていたんですけど、私が体調が悪くてダウンしてしまったため断念…。

<10月24日(水)>
この週、かいのバスケクラブ、連日、10時~17時までのスタージュがありまして。
スタージュ(stage)というのは、辞書で調べると「研修」って出てくるんですけど、ちょっとした子供の預かりイベントとか、学校で放課後に宿題の面倒を見てもらうクラブとか、そういう時間に対してもスタージュという言葉を使っているように思います。
で、そのスタージュ、もちろん別料金で希望者のみなんですけども…かいに行きたいかと聞いたら行きたいというもので、この週唯一予定のなかったこの水曜日1日だけ試しに申し込んでみました。
10時に連れて行くと、ほとんどが大きな、高校生?中学生?っていうメンバーで、中にほんの数人、小学生かなって子がいる程度でしたが、その中に混じって7時間頑張ることに!
…コーチは一体、1週間毎日まる1日これやれるって、普段どんな仕事してるんだ?学校の先生か???
ともあれ…私は帰宅して、はなと一緒に勉強したりして過ごしてましたけども。
17時より少し早めにお迎えに行ったのですが、もう終了前のストレッチをしているところで、残念ながら練習の様子は全然見られませんでしたけど、でも隣の子とちょっと仲良くしている様子が見られたりしました。
帰りに話を聞くと、約10人のうち、普段一緒に練習している子はひとりだけ、あと去年一緒だった子(今年は上に上がってしまった子)がふたりほどいたみたい。
練習は大きい子達と全部同じことをしたようで、相当に疲れたみたいですけど、でも楽しかったみたいで、いろんな話を聞かせてくれました。
お昼は焼きおにぎりを3つ持たせておいたのですが、足りなかったって…だからバナナも持ってけって言ったのに…。
お昼食べる時は、一緒に練習している子と食べたそうだし、他にも何人かとフランス語で話したり、あと一番大きな子と一緒に写真を撮ったとか言ってました(笑)
その一番大きな子はダンクが上手だったとか、コーチの子供が一番足速かったとか、普段一緒に練習なんてすることのない大きな子達と7時間も一緒に過ごして練習したのは、とてもいい経験になったんじゃないかな~と思います!よく頑張ったね!
まぁ、かいは、学校の休み時間にも中学生と一緒にバスケしたりしてるみたいだから、そういうところはほんとにすごいなと思いますけどね…ちびっこなのに(笑)
もう1日行きたいと言ってたんですが…タダではないし、予定もいろいろあって、残念だけどこの1日のみ。
でも普段、本当は週2あるバスケの練習に週1しか行けてないし、こうやってがっつり練習できたのはほんとによかったなと思います。
さすがに疲れたみたいで、家に帰って間もなく、完全に寝落ちしたかいでした。
…一方のはなですが、本当ははなもこの日、とても好きそうなイベントがあったので、参加させようと思っていたんですが、他に参加者が集まらなかったとのことで、開催されず…とても残念でした。
ヴァカンスの間、とてもおもしろそうなイベントはいろいろあるんだけど…概して高いのよね…。
私がいつもフランス語で行ってるカルチャーセンターもいろいろイベントあるんだけど、魅力的だと思っても、この値段じゃちょっとな~みたいな…。

<10月25日(木)>
午後から、ADさん、Sさん、AKさんが、それぞれお子さんと一緒に遊びに来てくれました。
Yくんが体調不良でパパとお留守番になってしまったので、男の子がかいひとりでしたが、女の子ははな含めて5人。
ゲームをしてから、外に遊びに行き、あとは家の中でシルバニアをしたり、いろいろ遊んでいました。
外では自然に二手に分かれたようですが、はなとかいはYちゃん(かいの1学年下)と一緒にドッジボールをしたとか。
家の中では、はなはYちゃんと一緒にシルバニアでしばらく遊んでいましたが、後半はひとりで黙々とアクセサリー作りしたりしてたのは、もう何も言えないかんじです。
でも…やっぱり年下の子とはそこそこ遊べるんだよなぁ…と、改めて再認識。
日本にいた時からそうなんですが、この娘、なぜか同学年とはあまり遊べない子で…年上や年下、特に年下とはわりと遊べるんですよね、こちらに来てからは特にその傾向が顕著です…精神年齢が幼いのかしらね…。
一方のかいはお姉ちゃん達と一緒にウノをしたりしてましたが、結構フランス語話してて、初めて見る姿で成長を感じました。
ママ同士もいつも通りいろいろ雑談したり情報交換したりしてのんびり過ごしました。

<10月26日(金)>
本当は図書館の無料イベントに行こうと思って、バスに乗ろうとバス停で待ってたんですけど、バスが来ない…。
たまに、早く行っちゃうことがあるので、いつも10分前くらいにはバス停に着くようにしてるんですが、直前にかいがトイレに行きおって、3分前くらいに到着したので…もしかしたら行っちゃったのかもしれません…。
キックボードで行ってもよかったんですが、寒かったし、そこまでして行きたいイベントでもなかったので、取りやめ。
で、夕方から、インドファミリーに遊びに来てもらいました。
以前呼んでもらったし、ヴァカンス中寂しいから遊んでと言われていたので、とりあえず義理は果たそうと(笑)
子供達はひたすらゲームしたり、あとはおやつを食べたり…はなはひたすら無言ながらゲームは参加していました(苦笑)
私はやっぱり英語がなかなか大変なんですけど、でも有意義な話も聞けたりして。
1時間半程度でしたが、いい時間を過ごせたと思います。

土日は特に予定がないので、買い物に行く以外はちょっとのんびり過ごそうと思います。

«パリにて、ラーメン→日本食材→パレ・ロワイヤル→大使館